澤井 志帆
SAWAI SHIHO

報道制作プロデュース局アナウンス室

2019年入社

不安から希望に変わった採用試験

Daiichi-TVの採用試験がきっかけで、関西出身の私は初めて静岡に足を踏み入れました。知らない土地に不安だらけの私を癒してくれたのは、静岡の美しい自然・心温かい県民の皆さん・そして当社の先輩社員でした。特に面接では学生一人一人に本気で向き合って下さったので、安心して等身大の自分を表現できました。「こんなに楽しい採用試験は初めて!」と感動し、絶対にここで働きたいと思いました。面接官に恋をしたかのような気持ちで夢中になって自分をアピールしていました(笑)

視聴者の生活に寄り添うことを意識して

アナウンサーとしてニュースはもちろん、県民の皆さんの暮らしに寄り添う情報をお届けするのが主な仕事です。情報バラエティー番組「まるごと」では料理コーナーを担当、「ごちそうカントリー」では県内で生産される農産物の魅力を生産者さんへのインタビューや調理法を交えてリポートしています。

その中で、事前準備や取材がいかに大切かということを実感し、数ある情報の中で今伝えるべきものは何かを日々考えています。もちろんアドリブ力も求められますが…。精進します。

個性も生かしてやりたい仕事に挑戦する

入社直後から「やりたい!」と思っていた料理コーナーを担当できたことです。視聴者の皆さんの温かさはもちろん、何にでも挑戦させてくれる社風や先輩方のお陰で、今では個性全開で唯一無二(!?)の料理コーナーを生み出せたと思っております。

また仕事を通じて、これまで出会うことのなかった様々な方と出会い、お話を聞く機会を頂けるのも醍醐味です。新しい出会いのたびに自分の世界が広がり、人生が豊かになっているように思います。情報やそこで感じたことを私が視聴者の皆さんに届けることで、より多くの方の役に立ち、喜んでいただけるような仕事を目指していきたいです。

アナウンサーとしての幅を広げるために

現在の担当は主に情報バラエティーですが、有事の際は現場へ行き生の状況を伝えることもあります。もっと自分の仕事の幅を広げ、いろんな顔を持ちたいです。いい意味でのギャップを感じてもらうためにも、日頃から努力あるのみですね。

私たちの日常は新型コロナの流行や自然災害などの影響で、突然ガラッと変わってしまうことがあります。そんな時でも、視聴者がより笑顔で安心した日々を送れるよう、必要な情報をいち早く誠実にお伝えし、県民の皆さんに信頼されるアナウンサーになりたいです。

皆さんへ、メッセージ

これまでどんな経験をしてそこから何を感じましたか。面接当日は朝から何が起こり、どんな思いで試験に臨んでいますか。一度ご自身と向き合い言葉にしてみてください。大事なのは作りこんだ完璧すぎる文章ではなく、経験から得た「いま」の感情を言葉にすることだと思います。その時その時の気持ちをどうか大切にしてくださいね。

そして自分に自信を持ってください。自分にしか出せない魅力、そしてそれを引き出してくれる会社はきっとあります。背伸びしすぎず、ありのままの皆さんを受け入れてくれる場所で思いっきり輝いてください。このページを見て頂いたのもきっと何かのご縁。心から応援しています。

部署名・所属などは2021年12月現在のものです。


PAGE TOP