宇野 馨
UNO KAORU

技術局技術部

2017年入社

記憶に残る番組作りが魅力的

Daiichi-TVを志望した理由は、学生の時見ていた番組がDaiichi-TVに多かったというのが始まりです。そこで記憶に残っているのが気象予報士の手塚悠介さんの天気予報と土曜日夜に放送されているD-spoでした。また、人の目に触れる仕事がしたいという理由でこの業界を志望していましたのでDaiichi-TVの記憶に残る番組作りは非常に魅力的に感じていました。そういった理由からDaiichi-TVで働きたいと思いました。

視聴者の皆様に放送を届けるために

技術部では、報道制作現場からの撮影や中継の要望に対して、どの機材を使用するか、どのように電波を運用するか、などの多くの選択肢の中から最適なもの選び、プランニングを行います。そして、実際の現場では安全に放送を続けられるように管理・監督を行っています。そこでは知識はもちろん、自分の目の前で起きていることだけでなく、周りを落ち着いて把握する力が必要とされていると感じます。

仕事を終えたときの達成感は最高

見習いの私ですが時には報道などで生中継を任されることもあります。現場では新米だからとかいったことは関係なく、常に責任がついてまわります。しかし、現場のスタッフと協力し、無事に放送を届けることができたときは、達成感と嬉しさが一緒になってこみ上げてきます。
知識と経験を積み重ねて、刻々と状況が変化していく現場でも安全な放送が続けられる一人前の技術者になるために日々頑張っています。

自分から発信できるような仕事がしたい

私の一番目先にあるNEXT VISIONは目の前の仕事を完璧にこなせるようになることです。そしてその先のVISIONは、自分から発信できるような仕事ができるようになることです。技術部には直接技術に関連する相談はもちろんのこと、その周りの現場(制作・報道・事業)と関係がある相談が持ち掛けられます。そこにBESTな答えを出すには垣根を越えた応用力がなければいけないと思っています。

皆さんへ、メッセージ

私は大学では化学系の学部に所属していましたが、これからやってみたいことを真剣に考えた結果、分野は違うけれどもテレビ局をチャレンジしてみようと思いました。入社後すぐは右も左も分からないことだらけで苦労しましたが、今では少し景色が見えるようになり始めました。好奇心とやる気があれば現実は意外とどうにかなります!就職活動でもそれを前面に出せばきっとやりたいことに近づけるとおもいます。頑張ってください。


PAGE TOP