日高 稜
HIDAKA RYO

東京支社営業プロデュース部

2015年入社

この会社ならいろんなことに挑戦できる!

Daiichi-TVに入社したいと思った理由は、入社後の“NEXT VISION”を感じさせてくれた唯一の会社だったからです。面接では学生の拙い話にも真剣に耳を傾けてくれて、まるで一緒に企画を考えているかのような、暖かい雰囲気だったことがとても印象的でした。「この会社なら色々なことに挑戦できる!」と思わせてくれましたし、面接でさえそんな雰囲気を醸し出していたDaiichi-TVに、無限の魅力を感じました。

責任感を楽しみながら

東京支社の営業として広告会社やスポンサーと交渉し、CM放送枠の販売やイベント提案を行っています。取引先は、誰もが知る企業ばかりです。また東京には全国すべての放送局が集まっているため、放送局の営業担当者全員がライバルとも言えます。さらに東京支社は会社全体の売上の半分以上を担っているのでとても責任ある立場ですが、だからこそ味わえる責任感や緊張感を楽しむくらいの気持ちで取り組んでいます。

Daiichi-TVでCMを放送するメリットを具体的に示す

時代とともに、テレビ営業も急速に状況が変化しています。近年デジタル広告が台頭し、テレビCMの価値や地位も大きな転換期を迎えている中で、スポンサーの大切な予算を使ってDaiichi-TVでCMを放送する意味は何なのか? 答えられなければスポンサーの気持ちは次の媒体に移ってしまいます。私たちが”地元”静岡を上手にアピールし、さらにDaiichi-TVが魅力的だと感じていただけるよう、上司や先輩方と一緒に試行錯誤を繰り返しています。創造力・企画力が求められるので苦労も多いですが、スポンサーニーズに応えられた時は本当にやりがいを感じます!

世の中を「テレビまみれ」に!

私の「NEXT VISION」は「テレビ離れ」という言葉を無くすことです(笑)もう少し具体的に言うと、みんなが大好きで、笑顔になれて、驚きがあって、発見があって、憧れるような…そんな魅力的な『番組』を作りたいです。テレビに、WEBや動画配信、SNS、アプリなど、世の中にあふる様々なコンテンツを掛け合わせることによって、今まで誰も想像のつかなかったような面白い『番組』が出来ると僕は考えています。今はまだ具体的な内容は全く思いつかない未熟者ですが、仕事を通じてたくさんの経験をし、いつか必ず「テレビ離れ」ではなく「テレビまみれ」な世の中にしたいです!

皆さんへ、メッセージ

未曾有のコロナ禍。私も今まで経験したことがないような不安を毎日感じながら生活しています。でも何もしないわけにはいきません。この状況下でできることは何か、先輩たちと試行錯誤しながら、世の中が大きく変化する中でもベストを尽くすよう仕事をしています。そうして夢中で立ち向かってきた結果、最近、自分自身がコロナ前と比べて成長したなと実感できるようになりました。自分でも意外な発見でした。

このことはきっと就活生の皆さんにも当てはまるはずです。今の時代で就職活動するからこそ、気付くこと、得られるものがあると思います。そしてその経験が皆さんの実力を押し上げ、これからの人生の支えにもなるはずです。

一回りも二回りも大きく成長した皆さんと、Daiichi-TVの未来に向かって一緒に働ける日を楽しみにしております!

部署名・所属などは2021年12月現在のものです。


PAGE TOP