鈴木 陽南子
SUZUKI HINAKO

編成プロデュース局編成戦略部

2020年入社

私もテレビを通じて誰かを幸せにしたい

「人の幸せのために生きる」ことを人生の目標としていた私は、これまでの人生で自分に幸せを与えてくれたものの中から就職先を選ぶという視点で、企業や業種を見るようにしていました。そして自分を幸せにしてくれたものの1つがテレビでした。とはいえ、がっつりテレビ局志望だったわけではありません。しかし当社の採用イベントD Jobに参加した際、当時の社長から「テレビの方が視聴者から離れていっているのではないか」という話を聞き、その言葉がすとんと腑に落ちました。そこで、テレビをなくしたくない、この会社に入りたい、と思うようになりました。

1人でも多くの方にテレビを見てもらいたい!

編成戦略部で番組PRを担当しています。Daiichi-TVで放送する番組を、より多くの人に見ていただくにはどうすればいいか。過去の視聴率の傾向だったり番組のターゲットを考慮したりしながら、効果的にPRをすることを心掛けています。また、キー局などで静岡の話題が取り上げられるときには、独自のPR展開をすべく、ロケ等にお邪魔して撮影や取材をすることもあります。さらに、自分と近い世代の「知っていたら見たのに」を少しでも減らせるよう、SNSでのPRにも力を入れています。

難しい課題を乗り越えてこそ、自分に実力が付く

シンプルに高視聴率が取れた次の日は嬉しいです。平日は毎朝、前日の視聴率データが発表されるのですが、特に昨年度末は苦しく、もし年度三冠を取れなかったら自分が疫病神なのではないかと、内心ひやひやしながら毎朝チェックしていました。なので、無事に当社の視聴率年度三冠獲得が確定した時には、嬉しさよりも安堵の方が大きかったです。私が就活時にお会いしたテレビ局の先輩方が話していた、「毎朝通知表が出てくる感覚」というのが、今はとてもよく分かります。苦しくても何か行動することで、状況を変える努力が必要なんだと実感しました。

Daiichi-TVというチームの一員として

今はまだ自分の担務に日々全力でぶつかっていくことで精一杯です。なので、やってみたい仕事や将来の眺望などは明確にお伝えできるようなことはありません。とにかく知識や経験を得ることはもちろん、当社のいろいろな業務を学んでいきたいと思っています。同じ部署の先輩方がこれまで培ってきた知識や経験を生かして業務に取り組んでいる姿を間近に見ていることで、業務の理解度や習熟度を高めるだけでなく、周りとの連携を深めることにも意味があることに気付きました。どんな仕事でも自分が求められている役目を果たせるように頑張りたいです。

皆さんへ、メッセージ

私は大学進学時まで、ある程度周りの大人が敷いてくれたレールの上を走ってきた気がします。初めて自分で決めなければ、と気付いた就活期、とにかく不安でいっぱいでした。ただ、どの選択肢を選んでもきっと全く後悔しないということは難しいかと思います。私も日々、この選択をしてよかったと思うこと、あの時こうしておけばと後悔することの連続です。しかし、今私が無事社会人生活を送れているのは、就活時期に自分の直感と気持ちを信じて道を選んだからだと思います。みなさんの就職活動が、そして、社会人生活が素敵なものとなること祈っています。

部署名・所属などは2021年12月現在のものです。


PAGE TOP