杉山 沙侑南
SUGIYAMA SAYUNA

事業局事業部

2015年入社

地元静岡を活性化させたい

Daiichi-TVを志望した理由は、テレビの持つ影響力の大きさによって、「地元静岡を活性化させたい」と思ったからです。私は小さい頃から続けてきた水泳を通じて、取材を受けた経験があります。番組放送後、小さな子供を連れたお母さんに、「テレビで見ました。この子も3歳になったら水泳を習わせたいと思います。」と声をかけていただき、「私でも人の人生のきっかけになることができるんだ。」と感銘を受けました。今度は私が、まだ世の中で知られていない何かを見つけ、テレビを通して伝え、多くの人の心に響く仕事がしたいと思い、志望しました。また、面接で出会った社員の皆様が温かく、この人達と一緒に働きたいと思えたことも大きな理由になっています。

人とのつながりを大切に

事業部で、デパート催事やコンサート、美術展、スポーツイベントなど、各種イベントの企画・運営を行っています。それぞれのイベントの会期は短くても、実施に至るまでは、半年から長いもので2年ほどにわたり、イベント運営会社ほか関連の皆様のたくさんの人の協力があってイベントが成り立っています。またテレビ局ならではの宣伝方法で、皆さんに「楽しい!」をお届けするために、準備をしています。人とのつながりを大切にし、テレビだけでなく、イベントを通しても、Daiichi-TVが好きだと思ってもらえるようなイベントを届けたいです。

成功したときの達成感にモチベーション

イベントに足を運んでくださったお客様の笑顔や、帰り際のお客様の「ありがとう!楽しかった!また行きたい!」といった感謝や喜びの声がとても嬉しく、やりがいを感じられる瞬間です。

テレビでは視聴者の声を直接聞くことはできませんが、イベントでは良かったという声も悪かったという声も、ダイレクトに聞こえてきます。そのため、運営には大きな責任が伴いますが、その分成功したときの達成感は、モチベーションに繋がります。

イベントで県民を笑顔に!!

入社してからさまざまな仕事を通じて、イベントをゼロから立ち上げることの難しさや、自分の意見がイベントに採用される喜びなど、たくさんの経験をしました。これからはこの経験を生かして、静岡県民全員に注目されるコンテンツを生み出し、みんなに楽しんでいただけるようなイベントを実現したいです。それが私の「NEXT VISION」です。

皆さんへ、メッセージ

就職活動中は大変で忙しく不安な気持ちになることもあるかと思いますが、終えてみると、たくさんの人と出会いがあり、自分の知らない世界を知ることができ、将来のこと、自分のことを考える貴重な機会であったように思います。企業がやっている事業内容と自分がやりたいことが合致しているかを見極め、皆様の将来が輝きますよう応援しています。


PAGE TOP