田村 早希
TAMURA SAKI

編成局編成部

2014年入社

スタジアムがきっかけに

「高校サッカー選手権」というコンテンツに惹かれたこと。高校生の時に母校の試合をスタンドから観戦し、1戦1戦に強く心を動かされました。試合を勝ち進んでいくごとに、高校生がスターになっていく姿や会場の熱気が上がっていくのを感じ、感動したのを覚えています。その時に、選手や監督・応援の方など、数多くの人に向き合い、それを伝えていくテレビ局の仕事に興味を持ちました。

番組視聴率向上を目指して

編成部では、日々の番組視聴率向上を目指し働いています。ドラマやバラエティ等、ロケに同行しPR用の撮影を行ったり、新聞やテレビ誌などの紙媒体に紹介記事を書いています。また、毎日の視聴率を分析し、ターゲットとなる年代や性別などを読み取っていくことで、番組内容に沿ったターゲット層に向け番組情報を発信しています。他にも、地域のイベントや大会に参加させて頂くことや販促品の作成、県内の親子を招いて行う「親子チャレンジスクール」の企画・運営など、Daiichi-TVのファンを増やすための活動も行っています。

感動のPR番組デビュー

入社して1か月経たないうちに、自分の書いた記事が新聞に掲載され、真っ先に両親に報告したのを覚えています。編成部での仕事は視聴者の方へ発信していくものが多く、一つ一つの仕事に対しての責任と緊張は常にありますが、一方で自分の仕事が多くの方の目に触れ反応を感じることができます。初めてドラマのPR番組を任せてもらい、自分が企画構成から考えたものがテレビで放送され多くの方に観て頂けたときは本当に嬉しかったです。

県民に愛されるために

視聴者に「テレビって面白い」と思ってもらえるような仕掛けをつくりたいです。多くの番組やニュースが日常に飛び交う中で、いかに視聴者の方にDaiichi-TVを選択してもらえるか、この番組を見たいな、知りたいな、と思ってもらえるかを考え、形に変えていきたいと思います。2016年は3年連続となる年間視聴率三冠を獲得することが出来ましたが、今後さらに静岡県の皆様に愛され、選ばれるTV局であれるよう取り組んでいきたいです。

皆さんへ、メッセージ

就職活動中は焦りや不安で周りと比べてしまうことも多いかと思いますが、ぜひ多くの時間を使って自分自身と向き合ってほしいです。自分が何をやりたいのか、どんな働き方をしたいのかを考えていくことで自分に合う会社がきっと見つかると思います。多くの企業を知り、色々な方の話を聞きながら社会について学び、後悔の無いよう頑張ってください!


PAGE TOP