山口 啓太
YAMAGUCHI KEITA

報道制作局制作部

2016年入社

作り手になりたいという強い思い

ずっとテレビが好きで、いつか見る側ではなく作る側になってみたいと思ってきました。その思いを、一番しっかりと聞いてくれたのがDaiichi-TVの先輩方でした。他のどの会社よりも、面接の際に素直に正直にいることができた気がします。テレビ局という、チームでものづくりをする会社にとって、人柄の良さや雰囲気はとても大切であると考えていたので、そこが最終的な決め手になったと思います。

柔軟さと行動力

AD(アシスタントディレクター)としてディレクターの補助をすることが主な仕事です。ディレクターの補助といっても、ロケに必要なものを準備したり出演者のケアをしたりなど、その仕事は多岐にわたります。時にはディレクターとして一人で業務を行うこともあります。私自身まだまだですが、どう動けばその現場がよりスムーズに進むかを考えられる柔軟さと、それを実行に移すための行動力が求められると感じています。

「ありがとう」の言葉に“やりがい”

自分が関わったロケや自分で撮影した映像がテレビで流れる瞬間はとても大きな喜びがあります。番組というのは決して一人でできるものではありません。チームがあって役割があります。だからこそいろいろなアイデアが出て大きなことができるようになりますし、喜びが2倍3倍になります。

番組で取り上げたお店や会社から「注文が増えた」「紹介してくれありがとう」といった声をいただいたときも頑張ってよかったとやりがいを感じます。


チームの一員として・・・

どの部署であってもチームで仕事をすることになります。だからこそ、チームの一員として自分の役割をしっかりと果たせるようになりたいと思います。制作の仕事においても、まだまだ一人で完遂できる仕事は少なく、先輩方に頼り学ぶ日々です。一日でも早く一人のディレクターとして制作部というチームに貢献できるよう精進したいと考えています。

皆さんへ、メッセージ

重要なのは、「いかに自分を持つか」ということに限ると思います。自分のことを話して知ってもらうのが就職活動なので、そこに正解も不正解もないと思います。誰かと競い合うものでもありませんし、他を出し抜こうと自分を取り繕ってもすぐにばれてしまいます。選ばれる側であるという意識を持ちすぎないようにしてください。素の自分に興味を持ってくれる会社を探し、選ぶ期間だと思って、素直に正直に話してみてください。陰ながら応援しています。


PAGE TOP