白鳥 貴久
SHIRATORI TAKAHISA

営業局営業部

2014年入社

地方から日本を活発に

就職活動において自身で掲げていた「夢の実現が可能な会社」、「等身大の自分を評価してくれる会社」という2本を軸に合致し、Daiichi-TVを選びました。

また月並みな表現になってしまいますが、面接を通して伝わる人の温かみに魅力を感じたところや、地域に精通しているからこそ地方創生に繋がるオリジナルコンテンツを全国へ発信でき、地方から日本の活性化を図れるところも入社を決めた理由です。

お客様目線に立って

テレビ局の営業は、スポンサー様のニーズを理解し、CM枠を販売する仕事です。お客様の目線に立ち、商品に合った番組枠を提案します。提案の仕方は様々ではありますが、基本的には、自社制作番組「まるごと」や他番組などある固定の番組についていただく「タイム(提供)」と呼ばれているCM枠や、一週間や一か月など期間を設定し、様々な曜日や時間帯にバランスよく流す「スポット」と呼ばれているCM枠をお客様の要望に応じてご提案しています。

日々新しい提案を意識

嬉しかったことは、今までCMを避けていたお客様から信頼を勝ち取り、現在は他媒体の出稿額を抑えて一番のご契約をいただけたことです。CMをはじめてから一か月も経たずに社長の下に届くお客様からの「CMを見たよ」の一声を聞き、改めてテレビの持つ影響力にとてもやりがいを感じました。景気に左右される業界ではありますが、前例踏襲をしないよう日々新しい提案をし、お客様と向き合っています。

圧倒的営業力を身に付けたい

私にとっての「NEXT VISION」は、マイホームを建てることですかね。(笑)未だに実家暮らしで親に甘えてばかりなのでちゃんと自立したいですね。また、仕事においては、「絶対王者」になることです。皆様のおかげで3年連続の年間視聴率トップを獲得することができましたので、営業数字・視聴率など全てのジャンルで王者になれるよう、日々努力をし、圧倒的営業力を身に付けていきたいと思います!

皆さんへ、メッセージ

就職活動中はほぼ毎日仲間と説明会等で知り得た情報の意見交換をし、自己分析・他己分析をしていました。仲間から気づかされる新たな自分を理解することでより発言に自信が持てます。たった数か月で今後の人生が決まってしまう就職活動。「自己・他己分析」で自身の理解を深め、就職活動の軸を掲げ、自信を持って挑んでください。背伸びせず等身大の自分で素直に就職活動を頑張ってください。


PAGE TOP