Daiichi-TV EVENT NEWS

好評販売中

カナレットとヴェネツィアの輝き

18世紀風景画の巨匠カナレットを大きく取り上げる日本初の展覧会

開催日

2024年07月27日(土)~2024年09月29日(日)

時 間

10:00~17:30
(展示室への入室は17:00まで)

【休館日】
毎週月曜日(月曜日が祝日の場合はその翌日)
※8月13日(火)は特別開館

会 場

静岡県立美術館

料 金

一般1,500円(1,300円)
70歳以上・高校・大学生800円(700円)
中学生以下無料
※( )内は前売及び20名以上の団体料金

★高校生無料ウィーク 8月9日(金)~18日(日)
※この期間にご来場頂いた高校生は、
 本展と収蔵品展を無料でご観覧頂けます。

詳細

★前売り券 7月26日(金)まで販売★

 ◆チケットぴあ【Pコード:686-912】
 ◆ローソンチケット【Lコード:43570】

イタリア18 世紀の画家カナレット(本名ジョヴァンニ・アントニオ・カナル、1697 - 1768)は、出身地であるヴェネツィアの都市景観を、精密な透視図法に基づいて描き出したヴェドゥータ(景観画)と呼ばれる作品で知られています。

カナレットの作品は、イギリスの上流階級の子弟たちが教育の最後の仕上げに経験したイタリア滞在-いわゆる、グランド・ツアー-でヴェネツィアを訪れた旅行者たちによって熱烈に歓迎され、この都市の華麗なイメージをアルプス以北へ伝える役割を果たしました。18 世紀の貴族たちにとってヴェドゥータは、ヴェネツィア、ローマなど、自分たちが訪れたイタリアへの旅のよすがとなる、貴重な記録でもありました。その意味で、現在の私たちが旅の記念写真を撮影するのと、感覚は似ているかもしれません。イギリスからの旅行者に人気を博したカナレットは、自身、イギリスにも赴き、50 代の多くの時間を同地で過ごし、多くの作品を制作しています。

本展では、このようにしてイギリスの貴族たちが持ち帰った、あるいは画家がイギリスで描いた作品によって、18 世紀のイタリアを代表する画家カナレットの芸術とその魅力をご紹介します。あわせて、カナレットによる版画作品や、画家が用いたとされる光学装置「カメラ・オブスキュラ」をご覧いただくことで、この画家の制作の背景にも迫るともに、ヴェドゥータを描いた次世代のイタリア人画家たち、彼らの影響下で制作をしたイギリス人画家たちによる作例を通して、日本国内では知られていない同分野の西洋における重要性と広がりに触れていただきます。

また、カナレットによって伝えられたヴェネツィアの魅力は、後々の世代の画家たちにも影響を及ぼしました。19 世紀末のイギリスを代表する画家J.A.M.ホイッスラーや、印象派の画家クロード・モネなど、近代の画家たちの多くも、水の都を訪れ、それぞれの方法でその輝きを描き出しました。本展では、これらの作品もご紹介します。

ヴェネツィアは、今日も多くの観光客を集める人気の都市ですが、現在まで続くその名声の少なくとも一端は、本展の主役カナレットが作り出したと言っても過言ではありません。時の流れの向こうに輝くヴェネツィアの姿を、この機会にお楽しみください。

主催

【主  催】静岡県立美術館、Daiichi-TV、毎日新聞社、スコットランド国立美術館
【後  援】駐日イタリア大使館、ブリティッシュ・カウンシル
【特別協賛】しずおか焼津信用金庫グループ
【協  賛】DNP 大日本印刷
【協  力】日本航空、日本貨物航空、箱根ガラスの森美術館

お問い合わせ

静岡県立美術館:054-263-5755
Daiichi-TV 事業部:054-283-8115(平日 10:00~17:00)

一覧へ戻る