Daiichi-TV EVENT NEWS

好評販売中

この男がジブリを支えた。
近藤喜文展

“高畑勲・宮崎駿の後継者”と呼ばれた、
日本屈指のアニメーター・近藤喜文の世界!

公演日

2018年06月23日(sat)~2018年09月09日(sun)

時 間

午前9時30分〜午後5時
(入館は午後4時30分まで)

※6/23(土)は午前10時30分から開館。

【休館日】月曜日(ただし、8月・9月は無休)
※7/16(月)は開館、翌17(火)は休館



会 場

浜松市美術館

料 金

大好評開催中!

◆ 一般: 1,300(1,040)円
◆ 大学生・高校生 : 800(640)円
◆ 中学生・小学生 : 600(480)円

※( )内は20名以上の団体料金
※70歳以上および障がい者手帳等をご持参の方とその介護者1名は当日券の半額
※「キッズ・アートプロジェクトしずおか」ミュージアムパスポートのご提示で、県内の小学生は無料
※各種割引は重複しての使用は出来ません。

詳細

近藤喜文(1950-1998)は、新潟県五泉市に生まれ育った日本屈指のアニメーターです。

高畑勲監督の「赤毛のアン」「火垂るの墓」など、日本のアニメーション史に残る作品で作画監督やキャラクターデザインを務め、「耳をすませば」を監督しました。

スタジオジブリの高畑勲・宮崎駿両監督から厚く信頼を寄せられ、メリハリのあるアクションから細やかな生活芝居まで手がける高い技術と仕事に妥協を許さない姿勢は、多くのアニメーターに影響を与えました。

本展では、スタジオジブリの全面的な協力のもと、近藤喜文が関わったアニメーションの仕事を振り返り、原画やイメージボード、スケッチなど約500点を展示します。

多くの人が親しんだ清潔な人柄と暖かな眼差しによって生み出された、動画家近藤喜文の世界を、今あらためて紹介します。






「耳をすませば」背景画およびセル画 1995年 (c)1995 柊あおい/集英社 ・Studio Ghibli・NH
「魔女の宅急便」イメージボード1981年(c)1989角野栄子・Studio Ghibli・N



主催

◆主催/浜松市、Daiichi-TV
◆企画制作協力/スタジオジブリ、三鷹の森ジブリ美術館
◆協力/遠州鉄道
◆特別協賛/セキスイハイム東海

お問い合わせ

浜松市美術館 053-454-6801
Daiichi-TV 054-283-8115

一覧へ戻る