ホーム > Dスポ 裏バナシ

Dスポ 裏バナシ

楽天が静岡でパワーアップ!

楽天が静岡でパワーアップ!
先日まで静岡市の草薙球場で
オープン戦6試合を戦った
東北楽天ゴールデンイーグルス!


焼津出身の牧田投手&
小山町出身の鈴木内野手にインタビューさせてもらいました!


スタジオには、元楽天のホームランバッター
山﨑武司さん!
放送では出し切れませんでしたが、
山﨑さんのトークがさく裂していました。



「鈴木選手。打撃は素晴らしい」
「でももっと素晴らしいのは」
「背番号の7」
「僕が付けた番号です笑」

「牧田投手の投球術は素晴らしい」
「でも一つ気がかりなのは」
「新婚で太っちゃうことですね笑」

褒めてからの冗談!
オシャベリ、最高でした!
山﨑さん、ありがとうございました!

そして、牧田投手&鈴木選手。
2人の活躍があれば、優勝も見えてくるそう!
今季、期待していま〜す!!

タイの英雄を直撃!!

タイの英雄を直撃!!
エスパルスの新外国人ティーラシン選手を取材してきました!

タイ代表で106試合出場47得点。
その功績から、ついた愛称はタイの英雄!!

開幕戦でいきなりゴールを決め、さっそく英雄っぷりを見せつけたティーラシン選手!
そんなティーラシン選手、どれほどの英雄なのか取材しました♪

たくさんお話しを伺っていると、食事の話に…
静岡に来て、ラーメン、マグロ、抹茶、焼き肉を食べたと話していましたが、もちろんタイ料理も食べたとのこと!!
開幕戦でゴールを決めた記念すべき日にも、試合後にタイ料理を食べていたんです!
お気に入りのお店は、静岡市の「ラムテテー」
タイ人スタッフのマミヤさんも、英雄の来店に「びっくりした!」と興奮気味に話していました!

お気に入りは「牛肉のガパオライス」
私もいただきましたが、とーーーってもおいしかったです😍

母国の味が恋しくなるようで、もうすでに3回は行っているとのこと!
タイの英雄お気に入りの味、みなさんも是非いかがでしょうか?✨

ちなみに、私インスタグラムをしているのですが、
ティーラシン選手との写真を載せたところ、一晩で300人以上タイの方がフォローしてくれたんです!!!
ティーラシン選手すごい!!やっぱりタイでスーパーヒーローなんですね!!!!!!実感しました!!

今後、タイのみなさんのご期待に添える写真をアップできるか不安ですが…(笑)
ティーラシン選手に活躍していただいて、ティーラシン選手の良いニュースをたくさんお届けしたいです♪

ヤマハチームソング 認定なるか!?

ヤマハチームソング 認定なるか!?
伊藤薫平です。
去年、日本中を熱狂させた
ラグビーW杯!
その日本代表のチームソングといえば、
「VICTORY ROAD」ですよね!?

作詞したのが、ヤマハ発動機ジュビロの
山本幸輝選手!
去年、「ヤマハのチームソングは作らないんですか?」と
聞いたら
「実はけっこう難しいんですよ。考えてもらえます?」と
逆オファー!!
ロケを終えてから聞くと。

・外国人にもわかる内容
・誰もが知っている歌
・30秒程度で短いものが良い

など、カナリ細かく設定が!
これは難題だ〜!

そして。

先日、人生“初”作詞に挑戦した内容を
プレゼン!してきました。

その反応はいかに!?
3月1日(日)のDスポで放送します。

新生エスパルス!

新生エスパルス!
エスパルスの鹿児島キャンプを取材してきました!
新監督に、昨シーズンチャンピオンの横浜F・マリノスでヘッドコーチを務めた、
ピーター・クラモフスキー監督を迎え、「魅力的な攻撃的サッカー」を目指します。

クラモフスキー監督にお会いして感じたのは、なんて寄り添ってくださる監督なんだ!ということ。
オーストラリア出身のクラモフスキー監督の母国語は英語。
ですが、報道陣の前に現れる時の第一声は「こんにちは」や「元気ですか?」など、いつも日本語です。時間があるときには私が15年間テニスをしていたことなどの話で盛り上がり、気さくに話してくださる明るく楽しい監督でした。キャンプの取材期間、帰るときに「またね」と監督と挨拶するのがお約束になりました。

普段は優しい監督ですが、練習は非常にハード。
選手が常にボールを触ったり走ったりと、ピッチ上では誰一人休む人がいないのです。練習の種類も豊富でいつも違う練習。ハードですが、選手たちも楽しく充実していると話していました。

監督が理想とするのは、ボールと人が動く攻撃的なサッカーです。
サイドバックの選手が積極的に攻撃参加し、システムも4-3-3に変更。昨シーズンから大きく変わろうとしているチームですが、選手たちに戸惑いはありません。昨シーズンチーム得点ランキング2位の西澤健太選手は、「サポーターの皆さんにも楽しんでもらえる魅力的なサッカーができると思う」と新しいサッカーに手ごたえを感じているようでした。


まだキャンプでは選手が監督のサッカーを理解し、体現できるように準備をしている段階でしたが、私も期待感で胸いっぱいに取材から帰ってきました。
エスパルスの開幕戦は今月23日のFC東京戦!
これからどんなエスパルスに生まれ変わるのか非常に楽しみです✨

静岡学園 優勝の舞台裏

静岡学園 優勝の舞台裏
伊藤薫平です。
静岡学園、見事、
全国高校サッカー選手権で優勝!
24年ぶりに優勝旗を静岡に持ち帰ってくれました。

幸運にも決勝戦までベンチリポーターを
担当させていただきました。
今回はその舞台裏をお話しします。

2点ビハインドから1点を返した
決勝戦のハーフタイム。
井田勝通前監督の言葉です。

「勝負は1回しかないんだ。
 人生で1回しかないんだ。」
「いつ勝負するんだ。
 いまやるしか無いだろう」
「持っている力全部出せ。
 死に物狂いだ」
「そこまでやれ。
 やれば出来る」

選手たちの心に火を付け、
3-2の逆転優勝につながりました。

言葉の持つ力の偉大さに触れた瞬間でした。


そして、恩師=井田前監督の前で
最高の恩返しを果たした
川口修監督との熱い抱擁。

思わず目頭が熱くなった、
選手権の1ページでした。
ページの先頭へ