ホーム > Dスポ 裏バナシ

Dスポ 裏バナシ

TOKYO2020 閉幕!

TOKYO2020 閉幕!
東京オリンピック・パラリンピックが
閉幕しました。

静岡勢、凄かったですね〜!
オリンピックでは、卓球の水谷隼選手や伊藤美誠選手が金メダル!
野球の岩崎投手や、ソフトボール渥美・山崎両選手も
金メダルと、県出身選手の活躍は目覚ましいものがありました。

パラリンピックは、
水泳の鈴木選手や陸上の佐藤選手、自転車の杉浦選手、
ボッチャの杉村選手が金メダルを獲得!

メダルを獲得された方だけでなく、
全てのオリンピアン、パラリンピアンの方々が
輝いていました。改めて、多くの感動をありがとうございました。

いつまでも感動に浸っていたいのですが、
冬季五輪はあと半年で。
3年後にはパリ五輪がやってきます!
次世代スターの発掘に向け、
私たちDスポメンバーも
ここからスタートダッシュです!

豪華対談「遠藤保仁選手 × 北澤豪さん」

豪華対談「遠藤保仁選手 × 北澤豪さん」
ジュビロ磐田の遠藤保仁選手と北澤豪さんの豪華対談!
オリンピックの中断期間を使ってインタビューを行いました。

Jリーガーと顔を合わせての取材はとっても久しぶりで、
やっぱり同じ空間で、呼吸を感じながら話すのって良いなぁと感じました。

なかなか難しい日々が続いていますが、
感染対策を徹底し、ジュビロ磐田の皆さんに調整していただき実現しました。

青空にもくもく雲な夏空の元で、
遠藤選手のサッカーの戦い方、ジュビロ磐田の分析、静岡での暮らしなどたくさんお聞きしました。

インタビュー時間は約30分。
ほとんど全てを、現在Daiichi-TVアプリ「シズオカン」で配信中!
全部をご覧いただけるので、裏バナシはありません!(笑)
8月いっぱいの期間限定です。お見逃しなく〜!!

あ、おすすめの鰻のお店聞いてない・・・😭

臼井

日本で3番! その裏で

日本で3番! その裏で
先日、オリンピック内定が懸かる陸上日本選手権が行われました!

そこでの200M。あの飯塚翔太選手を上回る
堂々の3位フィニッシュしたのが!

浜松工業出身の鈴木涼太選手です(現・城西大学)。

なんと、追い風参考ながら、
10秒01のタイムを持つ浜松の韋駄天です。

強さの秘密は、
130キロのバーベルで鍛えた肉体&
高校時代から強かったメンタル!
と放送でご紹介しました。

しかし、実はもう一つ。
「分析力」です。
練習中、黙々とグラウンドの隅でランニングフォームの
細かい確認を1人でしているそう。
自己分析力に優れているのも、鈴木選手の強さです。

まだ大学4年生。4年後のパリ五輪に向けて、注目の逸材!
みなさん、チェックよろしくお願いしますー!

清水東の裏バナシ

清水東の裏バナシ
総体決勝で清水東のベンチリポートを担当した須藤です!

29年ぶりの全国を目指し戦った清水東。

決勝前日に文化祭があり、メンバーに入れなかった3年生を中心に一般生徒や先生が学校の校庭に集まり、約200人が決勝を戦う選手にエールを送ったそうです。

「そのサプライズに感極まり涙する選手もいました」と、副キャプテンのI佐野選手が話してくれました。

「古豪復活」。さらには仲間の思いを背負って決勝に挑んだ選手達。

結果、惜しくもPK戦の末惜敗。

試合終了直後の渡邊監督は「いやー悔しい。本当に悔しいね」と話し、ピッチで涙する選手をサングラス越しから眺めていました。

ただ、伝統のスタイルで静岡学園に挑む姿には引き込まれる熱いものがありましたし、
ピッチレベルで見ていた私も胸が熱くなり「がんばれ!」そう思いながらリポートさせていただきました。

29年ぶりの全国大会出場をあと一歩のところで逃した清水東。
この借りは冬の選手権100回大会で返します!

総体県大会王者は静岡学園!

総体県大会王者は静岡学園!
「DスポSP 第69回静岡県高校総体サッカー決勝 清水東×静岡学園」
ご覧いただいたみなさま、ありがとうございました。

勝てば全国、インターハイ出場。
29年ぶりの全国を狙って戦った古豪・清水東
去年1月全国選手権優勝を果たしたテクニック集団・静岡学園

80分戦って3-3
延長戦でも決着がつかずPK戦の末、静岡学園の優勝となりました。
足をつる選手が出る、まさに死闘となりました。

私は静岡学園ベンチのリポートを担当しました。
前半は1-2で折り返し、後半9分には1-3と2点を追いかける展開となった静岡学園。
清水東伝統のサイド攻撃、カウンター攻撃に苦しめられました。

試合後に川口修監督に話を聞くと、全選手が力を合わせて勝ち取った優勝であるうえで、MVPにL野村海翔の名前があがりました。

後半最初から投入された野村選手は、左サイドバックに入りサイドから積極的に攻撃の姿勢をみせ、
後半25分、静岡学園反撃の狼煙をあげた2点目のJ川谷凪のゴールもアシスト。
試合の流れを変えました。
L野村選手の積極的な姿勢、そして川口監督の采配ズバリ。
その後1点を追加して勝利を手繰り寄せました。

さすがは静岡学園。
ただ、清水東の戦いも見事でした。
気持ちのこもったプレーに胸が熱くなりました。

改めて、静岡学園高校のみなさんおめでとうございます!
選手のみなさんがDスポポーズをしてくれました☺
初のインターハイ優勝、期待しています!
そして気が早いですが、冬の選手権もとっても楽しみです!

臼井
ページの先頭へ