ホーム > Dスポ 裏バナシ

Dスポ 裏バナシ

取材の舞台裏やアナウンサーたちのゆる〜いつぶやきをご紹介

ジュビロ取材&その後は…

ジュビロ取材&その後は…
ジュビロ新体制発表会見に行ってきました!
J1二連覇のフロンターレからMF森谷賢太郎選手、
モンテディオからはFW中山仁斗(まさと)選手が加入。

森谷選手は小学校の頃、サッカー友達の間で
中田英寿派or名波浩派というのがあって、
断然名波浩派だったそう♪
J1で初めてプレーするという中山選手は、
あの中山雅史選手と一文字違い!
ジュビロは伝統ある憧れのクラブだったそうです。

2人の話からジュビロの積み上げてきた歴史を感じました。

FWロドリゲス選手も加入し、
25日からのキャンプがより楽しみになってきました!!

会見の取材後は…ヤマハスタジアム近く、
行列のできるラーメン店「ヤマシロ」へ!
来シーズン、いっぱい食べに行きたいです^^

歴史は卒業生とともに・・・

歴史は卒業生とともに・・・
県代表として全国高校サッカー選手権に
創部14年で初出場した浜松開誠館。
残念ながら、初戦突破はなりませんでした。

ここまで大勢の卒業生の支えがありました。
実はこんな裏側が。

去る先月末。
卒業生のエスパルス主将・竹内涼選手を中心に
現役Jリーガーを中心としたOBチームが
初戦の相手、仮想・長崎総大附属として戦ったのです。

母校のためにと一肌脱いだ先輩たちはフルスロットル!
高校レベルでは体感できないシュートを浴びせ、
全力で後輩たちのためにとプレーしていました。
(結果はOBチームが2対1で勝利)

在校生だけでなく、卒業生も浜松開誠館の為に
戦ってきた、今回の全国選手権でした。

卒業生と共に刻まれた浜松開誠館の歴史。
悔しい初戦敗退も、
必ず来年度以降につながるはずです。

初優勝の裏で・・・

初優勝の裏で・・・
浜松開誠館の初優勝で幕を閉じた高校サッカー選手権、
静岡県大会の決勝。

創部14年目で掴んだ悲願でした。

実は、決勝後、卒業生のエスパルス主将
竹内涼からサプライズが!

青嶋監督に優勝記念特別Tシャツが贈られたのです。

インタビューで青嶋監督
「卒業生のことを考えて」涙を流しました。
青嶋監督が手を叩く写真と
スローガン「破天荒」が書かれています。

これまで支えてきた卒業生の思いも胸に、
浜松開誠館、全国で躍動して欲しいです!
ページの先頭へ