番組情報 一覧へ戻る

毎週火曜日 夜9:54放送「the NEXT ステキなあしたへ」



人口流出や少子高齢化、地域間格差など、いま地方が抱える課題は、静岡県も例外ではありません。
私たちが暮らす地元を元気にし、未来に向けて活性化させるためのヒントは・・・。
番組のキーワードは「NEXT」。
地域に密着し、各地域から静岡県全体を盛り上げ、活力あふれた地域社会を応援する番組です。


【ナレーター】バッキー木場


※放送内容・放送時間は、予告なく変更になる場合がございます。

2018年09月11日

前へ >>

2018/9/18(火)夜10時54分放送「#117〜農村風景を守り次世代へ〜」

『農村風景を守り次世代へ』

のどかな田園風景が広がる、掛川市山崎。ここに「田園空間博物館 とうもんの里」がある。

とうもんの会・名倉光子さん
「『とうもん』というのは、漢字で書くと稲面て書いて「とうも」、あるいは田面て書いて「たおも」。ずっと田んぼがつながっている所をこの地方では「とうもん」って言ったりする。この風景はここに住む人にとっては原風景。この風景を守るためには、やっぱり田んぼを作ってくれる人がいないと守れないよなっていうのが私達の活動の原点。」

「とうもんの里」を運営するのは、地元農家の方々35人が集まる「とうもんの会」。

「この緑の風景って、やっぱり宝物だと思うんですね。この宝物をなんとかして次世代に残したい。そのために色々な活動をしています。農業体験、それから食加工体験では、豆腐作り味噌作り、あるいは自然観測、ウォーキングであったりというようなこともやっています。」

週末に行われる「朝採り市」は、掛川・袋井・磐田の農家が、収穫したばかりの農産物を出荷。毎回、大盛況。毎年9月には、新米祭りが開催される。新米の食べ比べやカカシコンテストなど新米の収穫に感謝するイベントが盛りだくさんだ。

また、農村の楽しさを子供達に伝える静大生主催のイベントも行われている。

「とうもんの里が子供達のフィールドになってくれることで、とうもんの風を感じて、この風を欲しいと思ったら、この農村の風景、あるいは、農業を守る。っていうことに繋がると思っています。」

「農村や農業のよさをいろんなツールを発信し続けていきたい。そんな風に思っています。」ふるさとの良さを次世代へとつなぐ。

★ホームページ:http://toumon-s.jp/

2018年09月18日

2018/9/11(火)夜11時24分放送「#116〜みやまの鐘プロジェクト〜」

『みやまの鐘プロジェクト』

「天狗焼きと言って、奥山地域に天狗伝説がありまして、それにちなんで新しい味の試作中。この天狗焼きで地域活性に繋げれたらなと思います。」

かつてこの町は、多くの人で賑っていた。もう一度、子供たちの声が聞こえる活気ある町へ・・。そんな思いから、地域おこしのプロジェクトが始まった。
臨済宗・方広寺派の大本山、方広寺を中心に広がる浜松市・奥山地区。
この地域に結成された「みやまの鐘プロジェクト」。
様々な活動を通し、街に活気を与えている。プロジェクトを立ち上げた仲田伸吾さん。きっかけは、幼いころの思い出だったという。

「大晦日に方広寺で除夜の鐘を突くんですけど、その日だけは夜更かししてもいい日で、友達の家に泊まって夜通し遊んでましたね。」

時は流れ、除夜の鐘を打ちに来る子供たちは激減。変わりゆく町の姿に、仲田さんはショックを受けた。
楽しい思い出を今の子供たちに…。大晦日には参道に灯篭を灯し、突きたての餅をふるまって、奥山の地に人を集めた。

「各イベントに出店して、奥山にこういう天狗焼きがあるという事で、みんなに奥山の事を知ってもらいたい」

かつての賑やかな奥山へ。
みやまの鐘プロジェクト、その先に見据える、NEXTとは。

「奥山出身の人だけで、方広寺のお祭りとか、大勢の人が集まって除夜の鐘を突くのが、よなか中打ってるような、そのぐらいの町にして行きたい」

方広寺の参道が、再び人で埋め尽くされる日を夢見て・・。

★ホームページ:http://www.miyama-kane.com/

2018年09月11日

2018/9/4(火)夜9時54分放送「#115〜浜松ほうきプロジェクト〜」

『浜松ほうきプロジェクト』

古くから日本の家庭に欠かせない日用品、ほうき。浜松の風景を描いた、東海道五十三次。そこには、ほうきを持つ女性の姿もあった。浮世絵に描かれた古来のほうきを再現しようという、あるプロジェクトが動いていた。

浜松市内の掃除用具メーカー、アズマ工業。
最新の掃除用品が次々と開発される中、あえて伝統のほうき作りに力を入れる、伊東真人さん。

「こちらはほうきの原料でホウキモロコシと言います。現在国内では非常に珍しいものになっています。」

かつて浜松でも、ほうき用に栽培されていたホウキモロコシ。時代と共に徐々に忘れ去られていったという。伝統のほうき復活へ・・。3年前にスタートしたプロジェクト。実はそこに、地域を活性化させるある狙いがあった。

「使われなくなってしまった遊休農地を畑に再生することで、地元農業の活性化に繋がっています」

4年目の夏、今年もホウキモロコシの収穫が行われた。

「1年目、2年目とコツを試行錯誤しながらコツを掴んできたといいますか。やっぱほうきとして掃き心地がいい」

荒廃していた遊休農地を土づくりから再生。ようやく育ったホウキモロコシは、先端部分だけがほうきとして使われる為、1本のほうきを作るのに、80本ものホウキモロコシが必要になるという。農地を再生し、伝統のほうきを再現する。プロジェクトに懸ける、未来とは・・。

「ものづくりのまち浜松において、丁寧に手作りで作られたほうきの魅力を全国の皆様に知っていただけるような活動を、浜松から発信していけたらなと考えております。」

ものづくりの街が生んだほうき。長い年月を経て、いま、よみがえる。

★ホームページ:http://www.tokaidohouki-project.com/

2018年09月04日

2018/8/28(火)夜9時54分放送「#114〜ふじえだフェルム〜」

『ふじえだフェルム』

藤枝市滝沢(たきさわ)、椿山(つばきやま)の頂上付近、この山の中の畑で育てられているのが…「藤枝産のカシス」だ。

生産者は「ふじえだフェルム代表」青木 誠悟(あおき せいご)さん。静岡大学農学部と連携して始まった「藤枝カシスプロジェクト」。青木さんは4年前からカシス栽培を始め、現在およそ700本の木を育てている。

「カシスは、ブルーベリーに似た爽やかな酸味が特徴の果実で、ビタミンCも豊富で女性に非常に人気のある果実になっています。ここ静岡では、紫色の実が6月頃に生ります。」

6月下旬、色づきのいい1センチ程の実を選んで一粒ずつ手作業で収穫。毎年量を増やし今年は、およそ100キロのカシスを収穫。このカシスは、地元の酒蔵「志太泉酒造」で日本酒に漬け込み「カシス酒」に加工される。

「地元の酒米と、お水で出来た日本酒に藤枝産のカシスを漬け込んでオールで出来たカシス酒『姫のみ』です。カシスの味わいにスッキリした日本酒が合さり上品な味が特徴です。ルビーの様に輝くお酒です。」

「毎年、このお酒を楽しみにして下さっている方がいらっしゃり、とてもうれしいです。今年はカシスの実も非常にいい出来でしたので完成がとても楽しみです。」

さらに、地元、藤枝のジャム工房がカシス酒に使われた実をカシスのリキュールジャムに加工されている。

「近い将来、藤枝を日本一のカシスの産地とし藤枝と言ったら『カシス』、と言う風になっていけるように頑張って行きたいと思っています。」

2018年08月28日

2018/8/21(火)夜9時54分放送「#113〜釣りガール 三浦 愛〜」

『釣りガール 三浦 愛』

焼津市大井川港の沖合、船釣りを楽しむ女性…焼津市地域おこし協力隊・三浦愛(みうら あい)さん。趣味の釣りやイベントなど自身の体験をSNSなど使って発信し焼津市の魅力を伝えている。

学生時代に、釣りに夢中になった三浦さんは大学卒業後、釣具販売店へ就職、自他ともに認める「釣りガール」の道へ。

「いろんな人に巡り合えたというのが、すごくおおきいですね。休みの日には、もう船に乗って、ちょうど、乗っていたのが大井川港の船なのでその時から、なじみはあります。」

去年10月、選考を経て焼津市地域おこし協力隊に就任。

「これは、すごく自分に合っているんじゃないか、焼津に住めるんだったら仕事したいな、と思いました。」

「今は、船釣りの体験教室を主にやっています。」

教室には、外国人の方も参加、船釣りの楽しさを伝えている。さらに、協力隊の活動について地元の子どもたちに講演、県外出身者だからわかる焼津の魅力を伝えている。

「焼津の魅力を県外の人にもっともっと知って頂けるように発信していきたいと思います。そして、わたしも焼津に愛される人間になります!」

★ホームページ:https://www.facebook.com/yaizuchiikiokoshi/

2018年08月21日

2018/8/14(火)夜10時54分放送「#112〜佐久間アワビプロジェクト〜」

『佐久間アワビプロジェクト』

高級食材として知られるアワビ。このアワビが育ったのは…なんと海から50キロも離れた山の中。
浜松市の中山間地域に位置する天竜区佐久間町。少子化で使われなくなった給食センターでなんとアワビの養殖がおこなわれている。

発案者北嶋秀明さんは「海の物を山の中で育てたらきっとスポットを浴びるだろうと思って、この中山間地域で海の物を養殖しようと考えました。」

北嶋さんは周囲を説得するため独学でアワビの飼育を始め、試行錯誤の末2pだった稚貝が11pに成長。2015年地域住民協力のもと佐久間町でのアワビの本格的養殖実験がスタートした。

佐久間町の住民は「正直言ってびっくりしました。北嶋さんの中山間地域に対する情熱が伝わってきました。」

北嶋さんと地域住民の思いが実り大きく成長したアワビ。昨年からはアワビカレーを考案し佐久間町の食堂で試験販売を行っている。

「来年の4月、地域の皆さんと会社を立ち上げてアワビ事業を本格化させていく。」

事業化に向け、販売ルート開拓や採算性確保に様々なアイディアが検討されている。北島さんの佐久間産アワビへの思いとは…

「佐久間に来ないと食べられないというような佐久間の名産品になってもらいたいですし、全国にも発信されて佐久間の名前が全国に広まっていくそんな風になっていったらいいなと考えています。」

2018年08月14日

2018/8/7(火)夜10時54分放送「#111〜てんぽうの里 半夏生(はんげしょう)〜」

『てんぽうの里 半夏生(はんげしょう)』

遠州の小京都、森町。その北東部、鍛冶島地区に今、注目を集めているスポットがある。
それは、半夏生(はんげしょう)の群生地。
かつて通学路だった、この「半夏生への小径」は地元の有志らによって整備され、多くの人が訪れる散策コースとなっている。

「てんぽうの里 半夏生」発起人の浦上正男さんは
「半夏生は稲を植えるのに邪魔者だった。それを、たまたま来た人が『こんなに素晴らしいものがあるじゃないか』という事が発端なんですよ。人口が減少しはじめて、高齢化になってきて何かやろうかと言うことで、自分がやるようになっちゃったんだけどもね。」

地元を盛り上げたい、その一心で3年前、「てんぽうの里 半夏生」を結成。しかし…「一服をやらまいかと言っても、お茶の一本も出せなかった。草刈り機を持ってきてくれた人にガソリン代もなかった」

そこで、目をつけたのは所有者が高齢で耕さなくなった休耕田。

「我々でお米を作らないかと米は米でも、もち米を作って食べてもらうために。ものすごく皆、協力してくれたんですよ。これは良かったなと思って、それが資金です。」

地元住民が一丸となった活動は町役場などの支援も受け、ガイドブックが完成。先月には女性部も発足した。

「色んな方面から来て頂きますのでその人たちとコミュニケーションをとりたいんですよ。活性化というと大げさですけど、それが地域振興には役立つと思うんですよね。それを私は期待したいんですよ。」

地域を元気に!その思いが人々をつなぐ。

★ホームページ:http://morimachi-gurashi.com/see/993

2018年08月07日

2018/7/31(火)夜9時54分放送「#110〜和ピクルス専門店こうのもの〜」

『和ピクルス専門店こうのもの』

まるで雑貨屋さんのようなおしゃれな店内に並んだ色とりどりの野菜や果物。実はこれ…「お漬物」。
こだわりの漬物づくりで知られる「季咲亭」の瀧昌弘さんが3年前にオープンした和ピクルスの専門店だ。

きのこやとうもろこしといったピクルスではあまり見かけない野菜からいちごなどの果物まで、実にユニークなラインナップがおしゃれでおいしいものに敏感な女性を中心に話題を集めている。

「漬物っていうと古臭いイメージがあるんですけどももっと若い世代の方々に楽しんでもらいたい!若い世代の方々が誰かにプレゼントしたくなるような商品づくりがコンセプト。」

その主役を担うのは、静岡県産のこだわり食材だ。「漬けれないものはない…何でもピクルスになると思います。」

実際に農家のもとへ足を運び、自身の目で確かめ農家と情報交換を行いながら食材をセレクト。
農家は、「野菜についてもやっぱ詳しいですし、ちょっと変わったものがあったりすると試してみたいということで使ってくれる…ただ作ってただ売るだけじゃ、小さい規模のこういう農家だと難しいですけど、こうして色んな人とつながりを持って関わっていけるということは先へつながる。」

静岡の元気を漬け込む!
「色んな同業、他業種含めて…『チーム静岡』って言葉を使うんですけれど、みんなでコラボ商品を作ったり、県内外で即売会を展開していったり、色んな形で静岡を盛り上げられ楽しい取り組みができればいいなと思います。」

★ホームページ:https://kounomono.jp/

2018年07月31日

2018/7/24(火)夜9時54分放送「#109〜だっことおんぶの研究所〜」

『だっことおんぶの研究所』

快適で安全な「だっこ」や「おんぶ」を通して子育てに寄り添う「だっことおんぶの研究所」。立ち上げたのは、静岡市内で育児用品の製造販売を手掛ける園田正世さん。

「私達は、だっこやおんぶをどう快適にするか以前にやり方がわからないお母さんがたくさんいるということを知った。親御さんや赤ちゃんにとって心地よいだっこやおんぶができるようにお手伝いするコンシェルジュが増えれば日本がもっと子育てしやすい国になるかな…」

幅広の布で赤ちゃんをだっこするスリングの使い方などを指導するのは、だっことおんぶの研究所が認定するベビーウェアリングコンシェルジュ。助産師の資格も持つ森木静さんは、研究所で培った知識と自身の仕事や子育て経験を活かして講習会を開いている。

「ひとりで子育ては無理。みんなで同じぐらいの月齢の子たちで自分の子どもだけではなく色んな子と一緒に育ちあう場として活動。子育てに悩んだらちょっと聞いてみよう…いろんな引き出し、ちょっと聞けば心の支えになるような人間になりたいなって思ってます。」

「だっことおんぶの研究所」のもう一つのキーワード、それは災害から赤ちゃんの命を守る「防災」。
園田さん「もし津波が来る…火事が発生したときに安全なおんぶやだっこができることによって、避難時や避難生活にも役に立ちますので、そういっただっこやおんぶの知識を防災に役立てるということまで合わせお伝えしていきたい!」

★ホームページ:http://babywearing.org/

2018年07月24日

2018/7/17(火)夜10時54分放送「#108〜スポーツリズムトレーニング〜」

『スポーツリズムトレーニング』

リズミカルな音楽に合わせてジャンプ運動を行う子供達。これは体操やスポーツの中にリズムを取り入れて行う「スポーツリズムトレーニング」。
指導をするのは、菊川市のスポーツスタジオ「S.O.L.A.エスオーエルエー」の代表名倉偉能さん。

「リズムってオールマイティにいろんな分野で大事だと言われていますけども、スポーツリズムトレーニングは、リズム感を高めることで、運動パフォーマンスを向上させます。」

名倉さんは中学生の頃からダンスに興味を持ち二十歳過ぎまでダンサーとして活動をしていたが、椎間板ヘルニアをわずらい断念。

「その時、体のことをもっと知ったほうがいいと思い、体のケアやトレーニングのことを勉強しました。」

学んだ知識と技術を生かし2017年スポーツリズムトレーニング協会認定のインストラクター資格を静岡で最初に取得。

「スポーツリズムトレーニングは、幼児から中高年、プロアスリートまで行えて運動能力や体力向上の他、ケガの防止にもつながる素晴らしいトレーニングなんです。」

この画期的なトレーニングを地元菊川で普及しようと、市のイベントや地域の学校に出向き、無償で指導を行っている。体験者からの常設スクール希望に応えことし4月スタジオをオープン。地元の子供たちを中心に約180人が通っている。

「子供達にはスポーツリズムトレーニングから学んだことを自信にして、色々なことに挑戦して世界に羽ばたいてもらいたいです。」

★ホームページ:http://www.srt.or.jp

2018年07月17日

前へ >>