番組情報 一覧へ戻る

「ミッドナイトシネマ」3月のラインアップ紹介

◆3月15日(金)「午後8時の訪問者」
有能な若き女医のジェニー(アデル・エネル)。ある晩、診療所の呼び鈴が鳴るが、診察時間は過ぎているからと、研修医のジュリアン(オリヴィエ・ボノー)がドアを開けようとするのを引き止める。翌日、身元不明の少女の遺体が診療所近くで見つかり、その少女が助けを求める姿が監視カメラに収められていた…。

身元不明少女の死の真相を探る若い女医を主人公に描くヒューマンサスペンス。少女の足取りを辿る中で自らも危険に巻き込まれていく運命をスリリングに描き出す。


※放送時間は、番組編成上の都合により予告なしに変更する場合がありますのでご了承下さい。

2019年02月27日

コメント

3月15日(金)25時59分〜27時50分放送「午後8時の訪問者」

有能な若き女医のジェニー(アデル・エネル)。ある晩、診療所の呼び鈴が鳴るが、診察時間は過ぎているからと、研修医のジュリアン(オリヴィエ・ボノー)がドアを開けようとするのを引き止める。翌日、身元不明の少女の遺体が診療所近くで見つかり、その少女が助けを求める姿が監視カメラに収められていた。あの時、ちゃんと対応すれば少女は助かった、と自分を責めるジェニー。彼女の身元を突き止めるべく聞き込みを始める…。

身元不明少女の死の真相を探る若い女医を主人公に描くヒューマンサスペンス。少女の足取りを辿る中で自らも危険に巻き込まれていく運命をスリリングに描き出す。


【2016年/ベルギー/フランス】
監督:ジャン=ピエール・ダルデンヌ、リュック・ダルデンヌ
出演:アデル・エネル、オリヴィエ・ボノー、ジェレミー・レニエ、ルカ・ミネラ、オリヴィエ・グルメ ほか

2019年02月27日

2月22日(金)25時59分〜27時50分放送「クライシス・オブ・アメリカ」

湾岸戦争で英雄となったレイモンド・ショー。彼は政界入りも果たし、若くして副大統領候補にまで成り上がる。一方、元上官のマルコ少佐はショーが英雄となった戦闘時の悪夢にうなされていた。敵の急襲でケガを負い意識を失ったマルコに代わり、たった独りで敵に立ち向かい部隊を救ったのがショーだった。だがマルコの脳裏に甦るのは、その事実とは異なる不可解な記憶。疑念が深まる中、マルコはついに独自の調査を開始するのだが…

副大統領候補、レイモンド・ショーの過去に疑惑をもった元上官のマルコ少佐が、そこに隠された巨大な陰謀に直面する姿を緊迫感たっぷりに描いた社会派サスペンス。


【2004年/アメリカ】
監督:ジョナサン・デミ
出演:デンゼル・ワシントン、メリル・ストリープ、リーヴ・シュレイバー ほか

2019年01月29日

1月25日(金)25時59分〜27時50分放送「シンプル・プラン」

飼料店に勤めるハンクは、薄給に苦しみながらも妊娠中の妻サラのために黙々と働いていた。大晦日、失業中の兄ジェイコブとその悪友のルーに父親の墓参りに連れ出されたハンクは、偶然入った森の中で墜落したセスナ機を発見。機内にはなんと440万ドルもの大金があった。ジェイコブとルーは着服しようと持ちかけ、最初は反対したハンクも結局同意し、彼が預かることに。最初は混乱したサラも生活苦を考えて、プランに関わるのだった。

大金を手にした人々が、かけがえのない人生を見失っていく姿を描いたスコット・スミスのベストセラー小説を映画化。相次ぐ誤算に翻弄される男女4人の破滅劇を描き出す。


【1998年/アメリカ】
監督:サム・ライミ
出演:ビル・パクストン、ブリジット・フォンダ、ビリー・ボブ・ソーントン、ブレント・ブリスコー、ゲイリー・コール、チェルシー・ロス ほか

2019年01月16日

1月5日(土)26時00分〜27時30分放送「セトウツミ」

高校2年生の内海想と瀬戸小吉。塾に通うクールなメガネ男子の内海に対し、瀬戸は元サッカー部の少々熱血なお調子者。そんなまるで対照的な2人だが、放課後はいつも一緒に河原で時間を潰す。これといった目的もなく、ダラダラと無駄話を続ける瀬戸と内海だったが…。

関西の男子高校生2人がとりとめのない会話をしているだけながら、漫才のようなやりとりが人気を博している此元和津也の同名コミックスを実写映画化した異色の青春コメディ


【2016年/日本】
監督:大森立嗣
出演:菅田将暉、池松壮亮、中条あやみ ほか
原作:此元和津也『セトウツミ』 秋田書店『別冊少年チャンピオン』

2018年12月18日

1月3日(木)27時37分〜29時25分放送「トゥルーマン・ショー」

典型的なアメリカ市民、トゥルーマン。だが彼の暮らす環境はどことなく不自然だ。それもそのはず。実は彼の人生は隠しカメラによってTV番組「トゥルーマン・ショー」として世界中に放送されていたのだ!家族や友人を含めたこれまでの人生が全てフィクションだったと知った彼は、現実の世界への脱出を決意する…。メディアによって作られた人生の悲喜劇に、見事なリアリティを与えているジム・キャリーの熱演が光る傑作コメディ。

トゥルーマンは保険会社の平凡なセールスマン。しかし彼は自分の生活が少し変だと思い始めた。もし自分の人生が、実は“演出された作りもの”だったら…?


【1998年/アメリカ】
監督:ピーター・ウィアー
出演:ジム・キャリー、エド・ハリス、ローラ・リニー ほか

2018年12月18日

1月3日(木)25時50分〜27時37分放送「L−エル−」

両親に愛情を注がれて幸せに育った少女エル。
ところが両親の突然の事故死により、エルの人生は一変する。幼きエルを元気づけたのは、幼なじみの少年オヴェスだった。二人は互いを励ましあいながら生きてきたが、成人したエルは“ある選択”を迫られ、二人は離れ離れになる…。波乱の人生を懸命に生きたエル。そして遠い故郷からエルを想い続けたオヴェス。二人の生涯を綴った壮大な物語が“真実の愛”とは何かを描き出す。

ロックアーティストAcid Black Cherryのコンセプトアルバムを実写映画化!!哀しくも美しい世界観を、最新映像技術でファンタジックに描いている。


【2016年/日本】
脚本:下山天、阿久津朋子、監督:下山天
出演:広瀬アリス、古川雄輝、高橋メアリージュン、平岡祐太、前川泰之、成田凌、弥尋、Mikako(FAKY)、古畑星夏、田中要次、高橋ひとみ ほか
原作:Acid Black Cherry 4th ALBUM「L−エル−」より

2018年12月18日

1月2日(水)28時00分〜29時50分放送「ユージュアル・サスペクツ」

カリフォルニア、サン・ペドロ港でアルゼンチン・マフィアの所有する船舶の炎上事故が発生。コカインの取引現場を何者かが襲撃し、その密輸船が爆破して大量のコカインと9100万ドルが消えたのだ。警察は唯一の生存者ヴァーバル・キントの尋問を始める。キントは、事件の黒幕は誰も顔を知らない大物ギャング、カイザー・ソゼだと語り、彼がディーン・キートンら5人のワルを集めて襲撃させたというが…。

銃器強奪事件の面通しで集められた五人の前科者(常連の容疑者)を主人公に、歯車の狂い始めた犯罪計画を卓越した構成で描いたサスペンス・ミステリー。


【1995年/アメリカ】
監督:ブライアン・シンガー
出演:スティーヴン・ボールドウィン、ガブリエル・バーン、チャズ・パルミンテリ、ケヴィン・ポラック、ケヴィン・スペイシー ほか

2018年12月18日

1月2日(水)25時50分〜28時00分放送「逆境ナイン」

全力学園の弱小野球部は廃部勧告を受けた。しかし情熱的なキャプテンの不屈闘志は、無謀にも甲子園出場を宣言してしまう。彼のペースに釣られ、猛練習に励む野球部員たち。そんな彼らの前に監督として社会科の新任教師・榊原が現われる。だが、彼は野球について全くのド素人で、これは校長が突きつけた更なる逆境だった。逆境を乗り越え、なんとか決勝戦に勝ち上がったが、試合は9回裏112対0という絶望的な局面に立たされる…

漫画家・島本和彦の同名コミックを実写映画化したスポ根ギャグ・ムービー。
廃部寸前の高校野球部が、不屈の闘志で“逆境”を乗り越えていく姿がコミカルに描かれている。


【2005年/日本】
監督:羽住英一郎、脚本:福田雄一
出演:玉山鉄二、堀北真希、田中直樹、藤岡弘、 ほか

2018年12月18日

1月1日(火・祝)27時45分〜29時35分放送「コーチ・カーター」

将来に希望が持てない荒んだ環境の中、不振を極めるリッチモンド高校のバスケットボール・チーム。コーチに招かれたカーターは強い信念を胸に、学生としての規律を守ることを若者たちに徹底させる。熱血指導と厳しいトレーニングで生まれ変わったチームは連勝街道を進む。しかし、規律を守れない部員たちに対して、カーターはコートを閉鎖するという非常手段に打って出る・・・。

1999年に実際に起こり、全米に波紋を投げかけた感動の実話を映画化。“勝利”よりも大切なものを訴えるカーター・コーチの熱きメッセージが、あらゆる人々の胸を打つ!


【2005年/アメリカ】
監督:トーマス・カーター
出演:サミュエル・L・ジャクソン、リック・ゴンザレス、ロブ・ブラウン、ロバート・リチャード ほか

2018年12月18日

1月1日(火・祝)25時59分〜27時45分放送「舞妓Haaaan!!!」

平凡なサラリーマン、鬼塚公彦(阿部サダヲ)は高校時代に熱狂的な舞妓ファンとなり、いつかは“舞妓はんとの野球拳”という夢を抱いていた。まだ“お茶屋”で舞妓と遊んだことがない公彦だったが、京都支社への転勤が決まる。はじめは“一見さんお断り”の壁に跳ね返されるものの、お茶屋の常連だった社長のおかげで、ついにお茶屋デビューを果たす。そして公彦は、いよいよ念願だった舞妓との野球拳を実現しようとするのだが…。

人気脚本家のクドカンこと宮藤官九郎が“舞妓”の世界を舞台に書き下ろした、オリジナル脚本で華麗に贈るドタバタ・コメディ。


【2007年/日本】
監督:宮藤官九郎
出演:阿部サダヲ、堤真一、柴咲コウ、生瀬勝久、真矢みき、吉行和子、伊藤四朗、山田孝之 ほか

2018年12月18日

前の投稿へ >>