• ホーム
  • 放送内容
  • 投稿・ご意見
  • Daiichi-TV
ホーム > 放送内容

放送内容

11月5日放送内容「四ッ溝柿」

【JAなんすん 長泉産直市】
住所/長泉町下土狩1029-1 TEL/055-986-1852
営業時間/9:00〜12:00
定休日/火曜日
特産品「あしたか牛」を常時扱っています。 
また時期によって長泉特産品「白ネギ・四ッ溝柿・ヤマトイモ」などが並びます。
新鮮野菜はもちろん、女性部手作りのおいしいお惣菜も人気です。
11月20日、JAなんすん長泉支店と長泉産直市がリニューアルオープン!
オープンに伴い、記念イベントを予定しておりますので、ぜひご来場ください。

ホームぺージはこちらから→


◆今回紹介した農産物・・・「JAなんすんの“四ッ溝柿”」
表面にある4つの溝が特徴の“四ッ溝柿(よつみぞがき)”は、
静岡県東部・愛鷹山麓が原産地といわれる渋柿です。
渋抜きすると糖度が高く大変おいしい柿になり、最高級ランクの柿になります。

長泉町の特産物で「するがの柿」ブランドで販売しています。
食感は、果肉がち密、甘みもあり、
栄養分が豊富で美容・健康にも効果的と言われています。
JAなんすん・東部営農経済センター敷地内・長泉産直市などで販売しています。


◆ 今回 番組で紹介した「四ッ溝柿とモッツァレラチーズの生ハム巻き」のレシピ ◆

【材料(作る人数分で量を調整してください)】
四ッ溝柿
モッツァレラチーズ
生ハム
かいわれ大根
パセリ
オリーブオイル

【作り方】
1)四ッ溝柿・モッツァレラチーズを5ミリ幅位に切る
2)生ハムに、切った四ッ溝柿・モッツァレラチーズ・かいわれ大根を乗せ、包む様に巻いていく
3)盛り付けをし、オリーブオイルを掛け、パセリを散らして完成

10月29日放送内容「ししとう」

【JA遠州夢咲「ミナクル市」大城店】
住所/掛川市三俣1187-1 TEL/0537-72-3146
営業時間/8:30〜16:30
定休日/水曜日
ホームぺージはこちらから→


◆今回紹介した農産物・・・「JA遠州夢咲の“ししとう”」
今回ご紹介した“ししとう”、ただのししとうではなくて、
長さが15センチほどある長いししとうです。
正式には「甘長とうがらし」というものです。

特徴は、もちろん長いのもありますが、肉厚で甘みがあり、みずみずしいのです。
炒め物や煮物など色々な料理に使えますが、生産者の藤井さんのおススメは
電子レンジで加熱して、カツオ節としょう油かポン酢をかけていただく方法。
特にお酒のおつまみにピッタリです。
この「ししとう」ですが、まれに辛いのもあります。


◆ 今回 番組で紹介した「ししとうを使った“オムレツ”」のレシピ ◆

【材料(2人分)】
ししとう・・・2本
ニンジン・・・1/3本
タマネギ・・・1/2個
豚ひき肉・・・100g
卵・・・3個
オリーブオイル・・・適量
トマトケチャップ・・・少々
片栗粉・・・少々
塩コショウ・・・少々

【作り方】
1)ニンジンとタマネギをみじん切りにする
2)ししとうは、縦に切って種とワタを取り除き、みじん切りにする
3)色あいを良くするために、ししとうを塩茹でする
4)温めたフライパンに油を引き、ひき肉を炒め軽く塩コショウをする
5)みじん切りにしたタマネギとニンジンを加え、さらに炒める
6)肉に火が通ったらケチャップで味付けをする
7)茹でたししとうを入れ、水溶き片栗粉でとろみをつける
8)いったん皿に取り出す
9)別のフライパンで薄焼き卵を焼き、(8)の具を入れて巻く
10)もう一度卵を流し入れ、焼き上げて4等分に切る
11)皿に盛り付け、細切りにして茹でた「ししとう」を
 ウサギの耳に見立てて飾り付ければ完成。

10月22日放送内容「海老芋」

【JA遠州中央 磐田南部 どっさり市】
住所/磐田市前野2765-2 TEL/0538-21-4500
営業時間/9:00〜18:00
定休日/1月1日〜3日、8月16日〜18日
磐田南部どっさり市は、
管内最大の約500平方メートルの売り場面積を有しています。
磐田市や袋井市、浜松市などのJA管内外の生産者が育てた
新鮮で安心安全な農産物や加工品などを、
名前の通り『どっさり』販売しています。
特徴は白ねぎや海老芋、メロン、イチゴ、トマト、
ときめき野菜(チンゲンサイ等)、その他季節の野菜、
花(バラ、トルコギキョウ等)が豊富なこと。
また、特産物を利用した惣菜・弁当コーナーも種類が豊富です。

ホームぺージはこちらから→

【和食処 なかや】
住所/磐田市上野部1649-1 TEL/0539-62-2061
営業時間/昼11:30〜13:30、夜17:30〜21:00
定休日/毎週火曜日、最終水曜日(月末週は連休となります)
旬の地産食材を活かした和食が自慢!
磐田市は北の端、浜松市天竜区・森町とも交わる北遠の地で、
親子で和食屋やっています。
気軽な定食から各種宴会、法事会席、仕出し、出張料理と幅広く…。
地産食材の美味しさを伝える料理作りを心がけています。
※宴会ご予約のお客様で貸切営業の日もございます。
 事前に電話でのお問い合わせをおすすめします。

ホームぺージはこちらから→


◆今回紹介した農産物・・・「JA遠州中央の“海老芋”」
“海老芋”はサトイモの品種のひとつで、
唐芋(とうのいも)を何度も土寄せをするなど、
特殊栽培したものです。
栽培の際に何度も土寄せをするので、
その土の重さで湾曲した形と表面の模様が海老に似ていることから、
「海老芋」と呼ばれるようになったと言われています。
海老芋は、肉質のキメが細かいのが特徴で、
煮込んでも煮崩れを起こすことがないため、
煮物やおでんなどに最適です。

JA遠州中央管内の海老芋の生産量は、全国1位です。
125人の生産者(平成29年現在)が、約30haの耕作面積で
年間約400トン生産しています。
階級が多いのも海老芋の特徴のひとつで、
形、大きさによって用途が違うため、
ニーズに合わせて、27等級に分けています。
JA遠州中央では、専用の選別機を使って共同選別をすることにより、
品質を一定にしています。

10月15日放送内容「ごてんばこしひかり」

【JA御殿場営農経済部】
住所/御殿場市ぐみ沢5 TEL/0550-84-4820
営業時間/9:00〜17:00
定休日/土日祝
“ごてんばこしひかり”は、A・COOP中央店や
ファーマーズマーケット「フレッシュハウス」で購入できます。

ホームぺージはこちらから→


◆今回紹介した農産物・・・「JA御殿場の“ごてんばこしひかり”」
JA御殿場管内の御殿場市と小山町は、富士山の麓、標高300〜600メートルに位置し、
寒暖差のある気候を利用して、「ごてんばこしひかり」を生産しています。
播種から収穫まで一貫した指導の下、「量より質」をモットーに良味米の生産に取組み、
消費者や環境に配慮した減化学肥料、減農薬を中心とした エコ栽培米の生産を推進しています。
平成16年より、全国お米まつり「お米日本一コンテストinしずおか」において、
管内生産者が県知事賞を受賞する等、全国有数の良味米産地と肩を並べるようになり、
「ごてんばこしひかり」の認知度も年々高くなっています。


◆ 第5回「野菜にこだわる!ごてんば米コン」
 小中学生部門最優秀賞受賞『カラフルあんかけ』のレシピ ◆

 御殿場市立西中学校1年生 梅原 希愛さん考案

【材料(4人分)】
エノキ・・・1/2袋
シイタケ・・・2枚
ニンジン・・・1/2本
豆腐・・・1丁
卵・・・1個 
めんつゆ・・・大さじ3
片栗粉・・・小さじ1
水・・・200ml
ネギ・・・少々
のり・・・少々

【作り方】
1)油で野菜を炒める
2)野菜がしんなりして、ニンジンが柔らかくなったら
 めんつゆと水をあわせて入れる
3)沸騰してきたら豆腐を加え、さらに溶き卵も加える
 ☆POINT☆ 溶き卵は沸騰した状態で入れる
4)水溶き片栗粉でとろみをつけ、ご飯の上にかけて完成

10月8日放送内容「ぎんなん」

【JA富士宮 ファーマーズマーケット・う宮〜な】
住所/富士宮市外神123 TEL/0544-59-2022
営業時間/8:30〜17:00
定休日/毎週火曜日(祝日を除く)・年末年始
富士宮地方で、おいしいものを食べたとき、
「うみゃ〜な〜!」と言います。
当地方の方言で、「うみゃ〜な〜」とは、
「おいしい」の意味です。
ファーマーズマーケット「う宮〜な」では、
みなさんに気軽に店名で呼んで頂きたく、
方言を店名にしています。
ロゴマークの「宮」は富士宮産を表し、
「な」は菜っ葉の「な」で農産物を表しています。
安心安全な、富士宮産・国産の農産物を販売する
「う宮〜な」にぜひお越しください。

ホームぺージはこちらから→


◆今回紹介した農産物・・・「JA富士宮の“ぎんなん”」
富士宮市のぎんなん栽培では、3つの品種を同時に栽培しています。
早生品種の「金兵衛(キンベイ)」(中粒・9月中旬〜)、
中生の「久寿(キュウジュ または クジュ)」(大粒・10月〜)
晩生の「藤九郎(トウクロウ)」(大粒・10月〜1月まで)と品種を分け、
3つを合わせ収穫時期を早く、長くすると共に、
収穫時期が一度に重ならない様に工夫しています。


◆ 今回 番組で紹介した「ぎんなんの素揚げ」のレシピ ◆

【材料(作る個数で量を調整してください)】
ぎんなん
揚げ油


【作り方】
1)ぎんなんは殻を剥いたものを用意。
2)鍋で揚げ油を170℃に熱し、ぎんなんを揚げていく。
3)揚げ時間は1分〜2分でOK。
4)好みで塩を振り掛け、完成!


◆ 「ぎんなんご飯」のレシピ ◆

【材料(作る人数分で量を調整してください)】
ぎんなん



【作り方】
1)むき実のぎんなんを、あらかじめ茹でておく。
2)普通にご飯を炊く要領で、炊飯ジャーに米を入れる。
3)さらに、塩を一緒に入れ米を炊く。(目安:米2合に対し、塩小さじ1)
4)ご飯が炊ける10分前位に、茹でておいたぎんなんを投入。
5)再び10分程炊き、炊き上がれば完成!
ページの先頭へ