• ホーム
  • 放送内容
  • 感想・ご意見
  • 番組公式インスタグラム
ホーム > 放送内容

放送内容

9月20日放送内容「葉ねぎ」

◆農産物お問い合わせ
JAとぴあ浜松 ファーマーズマーケット・各店舗で販売

【ファーマーズマーケット 東店】
浜松市東区貴平町655-1
TEL:053-433-0300

【ファーマーズマーケット 白脇店】
浜松市南区寺脇町209
TEL:053-444-6600

【ファーマーズマーケット 三方原店】
浜松市北区根洗町1213-2
TEL:053-414-2770

【ファーマーズマーケット 浜北店】
浜松市浜北区新原6677
TEL:053-586-5633

【JAとぴあ浜松】
ホームぺージはこちらから→


◆今回 紹介した農産物・・・「葉ねぎ」JAとぴあ浜松
浜松市は「葉ねぎ」の栽培が盛んです。
白く太い部分をメインに食べる長ネギに対して、緑色の葉の部分の割合が多く、
束で生える細長いネギを「葉ネギ」、または「青ネギ」といいます。
やわらかく香り豊かで、根以外は細かく刻んで薬味や鍋物、
炒め物の具材として親しまれています。

また、白ネギは淡色野菜、青ネギは緑黄色野菜に分類され、
それぞれ栄養素の含有量が異なります。
青ネギは、ビタミンCやカルシウム、β-カロテンといった栄養素が
白ネギに比べ豊富に含まれています。


◆ 今回 番組で紹介した 「葉ねぎしらすバーガー」のレシピ ◆
【材料(4個分)】
葉ねぎ・・・・・・・100g
バンズ(ライス)・・・8枚
しらす(釜揚げ)・・・80g
マヨネーズ・・・・・適量
しょう油・・・・・・少々
ごま油・・・・・・・少々
かつお節・・・・・・適量

【作り方】
(1)葉ねぎを、根以外全て小口切りにし、ボウルに入れる。
(2)ここに、釜揚げしらす、マヨネーズ、しょう油を加え、よく混ぜ合わせる。
※中に挟む具はこれで完成!
(3)熱したフライパンに、ごま油をひき、ご飯で作ったバンズを焼いていく。
※火が通ってきたら、表面にしょう油を塗り、少し焦げ目が付くぐらい更に焼く。
※この工程を両面繰り返せば、バンズも焼き上がり!
(4)焼き上がったバンズの上に、先に作っておいた具をお好みの量のせ、もう一枚のバンズで挟み、かつお節をトッピングすれば…「葉ねぎしらすバーガー」の出来上がりー!

9月13日放送内容「あぐりセミナー」

◆お問い合わせ
農業を始めたい方・農業に興味がある方は
お近くのJAにお問い合わせください。
ホームぺージはこちらから→


◆今回 紹介したのは・・・「JAおおいがわ(藤枝市)の“あぐりセミナー”」
JAおおいがわの組合員と
准組合員を対象にした「あぐりセミナー」は
野菜作りの基礎から実践まで学べるセミナーです。
初級コース(1年)と中級コース(2年)があり、
初級コースは土作りや肥料、
病害虫対策など基本的な知識を習得。
中級コースは、受講者が
栽培したい作物を栽培し、実践的に学習します。

県内のJAでは、こうしたセミナーや
一般の方も参加できる園芸教室など、
様々な講座があります。
農業を始めてみたい方や農業に興味がある方は、
お近くのJAにお問い合わせください。


◆ 今回 番組で紹介した 「ナスと豚肉のはさみ蒸し」のレシピ ◆
【材料(4人分)】
ナス・・・・・・・・4本
豚肉(薄切り)・・・・8枚
大根・・・・・・・・適量
ネギ・・・・・・・・適量
ポン酢・・・・・・・適量


【作り方】
1)ナスはヘタを取って、縦半分に切る。
2)皮の一部分を、ピーラーでむく。
3)ナスの上に豚肉を2枚のせる。
4)豚肉の上に、ナスを重ねてラップで包む。
5)600wの電子レンジで、6分加熱。
6)加熱している間にネギは小口切りに、大根はおろす。
7)ナスを触って軟らかくなっていたら取り出す。
8)ナスを一口大に切り、器に盛り付ける。
9)ナスの上に、大根おろしとネギをのせて、最後にポン酢をかける。

9月6日放送内容「新米」

◆農産物お問い合わせ
【JA富士宮 ファーマーズマーケット・う宮〜な】
富士宮市外神123
TEL:0544-59-2022
[営]8:30〜17:00
[休]火曜日(祝日を除く)・年末年始
ホームぺージはこちらから→
富士宮地方で、おいしいものを食べたとき、
「うみゃ〜な〜!」と言います。
当地方の方言で、「うみゃ〜な〜」とは、
「おいしい」の意味です。
ファーマーズマーケット「う宮〜な」では、
みなさんに気軽に店名で呼んで頂きたく、
方言を店名にしています。
ロゴマークの「宮」は富士宮産を表し、
「な」は菜っ葉の「な」で農産物を表しています。
安心安全な、富士宮産・国産の農産物を販売する
「う宮〜な」にぜひお越しください。


◆今回 紹介した農産物・・・「富士宮のブランド米・う宮米(うみゃ〜こめ)」JA富士宮
富士宮産米のおいしさ、付加価値を高めるべく、
生産者とJAが一体となり2004年
「う宮米生産販売協議会」を結成。
徹底した栽培管理と、適切な品質検査によって認められた
富士宮産米の1等米を「う宮米」として販売。
また、食味値によってランク分けし、
消費者の求める価格ニーズにも対応している
同JAの主力商品の一つとなっています。

市内の小中学校・認定こども園に
学校給食としても提供されていて、
地産地消・子ども達へ地元産米のおいしさを発信している。
また、市の社会福祉協議会のフードサポート事業へ寄付、
市の駅伝大会の副賞として寄付、
ふるさと納税の返礼品にもなっていて、
地域福祉や地域住民にも貢献しています。



◆ 今回 番組で紹介した 「新米を使った“塩むすび”」 ◆
【材料】
新米・塩・水(作る量によって各材料は調整してください)
※今回、塩むすびなので特別な調理はありませんが、
美味しいご飯の炊き方(新米)と、
おむすびのにぎり方を番組で紹介しました。


【新米の“美味しい研ぎ方・美味しい炊き方”】
お米は優しく研いで、薄っすらお米が透けて
見えるぐらいになったら研ぎ終わり。(軽く2〜3回でOK)
※必要以上にすすぎを繰り返すと、
栄養分や美味しさが逃げてしまうので注意!

研いだ米を水に浸したまま、冷蔵庫で30分ほど冷やしておく…
※炊き始めてから沸騰するまでの時間が長い方が、美味しく炊き上がる。
※米に芯が残らず、ふっくら美味しく炊ける…と言われています。


新米は軟らかく水分量が多いので、炊く時の水量は、
通常より(古米より)少なめでOK 等


【塩むすびの“美味しいにぎり方”】
にぎり始めは少し形を作るため、少しギュ!とにぎるが、
後は空気を含むように軽く3〜4回、
形を整えるように、にぎればOK!

お米が炊けた時、事前に塩をご飯全体均一に馴染ませておくと、
誰が何個にぎっても同じ味の塩むすびが作れます。
(大きさ、形は別として)

8月30日放送内容「イチジク」

◆農産物お問い合わせ
イチジク(JAハイナン)
[販売]【ほうせん館】
TEL:0548-24-1177


[お問い合わせ]【販売促進課】
TEL:0548-22-9522


◆今回 紹介した農産物・・・「牧之原市の"イチジク"」
ことしは梅雨が長くて生育の遅れや病気の心配がありましたが、
梅雨明け後の天候が良好なことから例年通り
甘くておいしいイチジクになりました。
この機会にJAハイナンのイチジク味わってみてください。


◆ 今回 番組で紹介した 「生ハムとイチジクのチーズバケット」のレシピ ◆
【材料(バケット6切れ分)】
バケット・・・・・・厚さ1.5センチを6切れ
イチジク・・・・・・2〜3個
生ハム・・・・・・・6枚
ハチミツ・・・・・・大さじ1
マヨネーズ・・・・・大さじ2
ミックスチーズ・・・30g
黒コショウ・・・・・適量


【作り方】
1)イチジクの皮をむく。
2)厚さ1センチの輪切りにし、6枚用意する。
3)残りの1つも皮をむき、6等分のくし形に切る。
4)マヨネーズとハチミツを混ぜ合わせて、バケットに塗る。
5)バケットの上に輪切りにしたイチジクとチーズをのせて、オーブントースターで5分ほど焼く。
6)生ハムとイチジクをのせて、最後に黒コショウをかける。

8月16日放送内容「落花生」

◆農産物お問い合わせ
【JA富士市 産直市 「大渕ふる里村」】
富士市大淵2880
TEL:0545-35-5158
[営]9:00〜13:00
[休]年末年始、盆等休み
富士市の新鮮な農産物や特産品が並ぶJA富士市の産直市です。
ホームぺージはこちらから→


◆今回 紹介した農産物・・・「落花生」JA富士市
富士市周辺では、「落花生」のことを「らっかしょ」といいます。
富士山の麓で農家が味と品質にこだわり、統一栽培で作られた品質の高い落花生です。

富士市をはじめ、県東部地区では落花生は茹でて食べるのが(茹で落花生)一般的。
甘みとコクが強く、とてもやわらかいのが特徴!茹で立てが最高です。
食べはじめたら止まらない、ついつい手が出る美味しさです。


◆ 今回 番組で紹介した 落花生のポタージュスープ 「らっぽた」のレシピ ◆
【材料(5〜6人分)】
塩茹で落花生(実のみ)・・・500g
タマネギ・・・・・・・・・1玉
固形ブイヨン・・・・・・・2個
牛乳・・・・・・・・・・・150ml
生クリーム・・・・・・・・100ml
水・・・・・・・・・・・・500ml
バター・・・・・・・・・・適量
塩・・・・・・・・・・・・適量
パセリ(飾り用)・・・・・・適量
クルトン(飾り用)・・・・・適量


【作り方】
1)タマネギを薄くスライスする。
2)鍋にバターを入れ、(1)を透明になるまで炒める。
3)塩茹で落花生、固形ブイヨン、水を(2)に入れる。
4)固形ブイヨンが溶けたら、ブレンダーにかけ(ミキサーでも可)滑らかにする。
5)粒が無くなりスープ状になったら、牛乳、生クリームを加え、再び加熱する。
6)最後に塩で味を調え、器に盛り付けパセリなど散らし「らっぽた」完成!
ページの先頭へ