• ホーム
  • 放送内容
  • 感想・ご意見
  • 番組公式インスタグラム
ホーム > 放送内容

放送内容

6月20日放送内容「とうもろこし」

◆店舗情報
【JA富士市 岩本山産直市(JA富士市 岩松支店 敷地内)】
富士市松岡2392-1
TEL:0545-61-0960
[営]14:00〜18:00
[休]日曜、年末年始
ホームぺージはこちらから→
JA富士市には、農家が自主運営する産直市が15店舗あり、
新鮮で 安心・安全な農産物を販売しています。
たくさんの地元農畜産物が並んでおります。
是非お立ち寄りください。


◆今回 紹介した農産物・・・富士市の「富士山麓 わくわくコーン(とうもろこし)」
JA富士市の「富士山麓わくわくコーン」は、
甘くてジューシー、ちょっと贅沢なとうもろこしです。
富士山の麓で農家が甘みの強さとコクが特徴の
わくわくコーンを統一栽培で作っています。
朝採りで収穫され、その美味しさはバツグン!
元気湧き出すとうもろこし、是非食べてみてください。


◆ 今回 番組で紹介した「とうもろこしご飯」のレシピ ◆
【材料(※米・2合で作る場合)】
とうもろこし・・・1本
うるち米・・・・・2合
酒・・・・・・・・大さじ3
塩・・・・・・・・小さじ1
だし汁・・・・・・炊飯器の残2合目盛迄
しょう油・・・・・小さじ1

【作り方】
(1)米・浸水
米は、洗ってざるにあげ、しっかりと水気を切る。水気を切ったら炊飯器に移し、米がひたひたに浸かる程度の水を加え、30分〜1時間浸水させる。
(2)とうもろこしの下処理
とうもろこしの皮をむき、根元を切り落とし、手でおさえ安定させながら、芯のまわりの実の部分を包丁で綺麗に切り落とす。
(3)炊き込む準備
米が浸水できたら、その後、サッとざるにあげ、直ぐ米を炊飯器に戻す。酒、塩、だし汁(炊飯器の残2合目盛迄)を加え、全体を混ぜる。切り落としたとうもろこしの実の半量を加え、芯を中心に置き、約15分程置き、炊飯する。
(4)とうもろこしの実の 残り半量を焼く
フライパン、もしくはオーブントースターで、切り落としたとうもろこしの実の半量を
しょう油をまぶし、香ばしくなる程度に焼く。
(5)炊飯器のご飯が炊き上がったら、芯を取り出し、焼いたとうもろこしを加え、
さっくりと混ぜ合わせ、茶碗に盛り、完成!

【ポイント】
とうもろこしの食感と甘味に加え、ちょっとひと工夫!
甘くなりすぎないように、焼きとうもろこしの原理で、半量は、しょう油で香ばしく焼き上げます。
炊いたとうもろこしの甘味、焦がししょうゆの香ばしさ、塩気のあるごはんをジョイントした1品。
とうもろこしの芯を一緒に炊き込んだご飯は、とうもろこしの香り、風味などがプラスされます。
芯には、グルタミン酸などの旨味成分、甘み成分が豊富に含まれているため、一緒に炊き込むことで米の味わいにプラスされ、美味しくなります。

6月13日放送内容「長田の桃」

◆店舗情報
【長田じまん市 じまん館】
TEL:054-262-8824(じまん館)


◆今回 紹介した農産物・・・静岡市の「長田の桃」
静岡市駿河区の長田地区は県内唯一の桃の産地。
その歴史は古く、明治時代から栽培されていたそうです。
砂地で水はけがよく水が豊富にあり、
寒暖差が桃の栽培にちょうどいいという土地柄なので
今でも桃の栽培が盛んです。
長田の桃は甘くてジューシー、太陽をたっぷり浴びて育つから
色づきも香りも最高です。
旬は短く5月下旬から7月上旬ごろまで。
この機会にぜひ「長田の桃」味わってみてください。


◆ 今回 番組で紹介した料理のレシピ ◆
◇「桃のシロップ煮」
【材料】
桃・・・・・・・8個
水・・・・・・・200cc
砂糖・・・・・・300g

【作り方】
(1)桃の皮をむく。
(2)桃をカットして鍋に入れ、水を加えて15分加熱する。
(3)砂糖を加えもう5分加熱する。
(4)粗熱が取れたら、冷蔵庫で冷やせば完成。


◇「桃のジュース」
【材料(2〜3杯分)】
桃・・・・・・・1個
水・・・・・・・50t
砂糖・・・・・・大さじ1
氷・・・・・・・2〜3個

【作り方】
(1)桃の皮をむいてカットする。
(2)カットした桃と水、砂糖、氷をミキサーにかける。
(3)グラスに注げば完成。

6月6日放送内容「函南西瓜」

◆店舗情報
【石舟庵(せきしゅうあん)・函南店】
田方郡函南町大土肥184-11
TEL:055-978-9800
[営]9:30〜18:00
ホームぺージはこちらから→
・駐車場有り(10台)


◆今回 紹介した農産物・・・三島函南の「函南西瓜」
口いっぱいに広がる甘さ、食べ応えのあるシャリ感!
函南町自慢のブランド西瓜。
糖度が高く、新鮮な証拠を見極めるために
あえてツルを残したまま出荷します。
糖度検査を行い、11度未満のものは出荷できず、
熟練した検査員による手で叩く「打音検査」により、
1玉ずつ品質を見極め出荷しています。

5月30日放送内容「空心菜」

◆農産物お問い合わせ
空心菜(JAとぴあ浜松)
【ファーマーズマーケット浜北店】
浜松市浜北区新原6677


◆今回 紹介した農産物・・・浜松市の「空心菜」
空心菜は、もともと東南アジアが原産とされている中国野菜です。
空心菜という名前は、茎の中が空洞になっていることからつけられたそうです。
シャキシャキとした食感でクセがなく、炒め物やお浸し、みそ汁の具などいろいろな料理に使えます。ぜひ一度試してみてください。


◆ 今回 番組で紹介した「空心菜とベーコンのガーリック炒め」のレシピ ◆
【材料(3人分)】
空心菜・・・・・3束
ベーコン・・・・5枚
ニンニク・・・・1片
油・・・・・・・大さじ1
塩コショウ・・・適量

【作り方】
(1)空心菜を3センチの長さに切る。
(2)ベーコンは1センチ幅に、ニンニクは薄切りにする。
(3)油を引いたフライパンに、ニンニクを入れ香りが立つまで炒める。
(4)ベーコンも加えて炒める。
(5)空心菜の茎の部分を入れて炒める。
(6)空心菜の葉の部分を入れて炒める。
(7)塩コショウで味付けをして器に盛る。

5月23日放送内容「碾茶」

◆店舗情報
【JAおおいがわ 茶業センター 藤枝工場】
藤枝市堀之内848
TEL:054-643-5511
※コロナの影響で、営業時間、定休日などはお問い合わせください
ホームぺージはこちらから→
・藤枝バイパス「谷稲葉IC」から車で約5分


【ふじのくに茶の都ミュージアム 内 レストラン丸尾原】
島田市金谷富士見町3053-2
ショップ&レストラン/ショップ直通 TEL:0547-54-5300
[営]9:00〜17:00(入館は、16:30まで)
[休]火曜日(ただし、火曜日が祝日の場合は開館し、翌平日休館)、年末年始
ホームぺージはこちらから→
・東名高速道路「相良牧之原IC」から車で約10分
・新東名高速道路「島田金谷IC」から車で約10分
・国一バイパス「大代IC」から車で約10分


◆今回 紹介した農産物・・・「碾茶」 JAおおいがわ
「碾茶」は、抹茶の原料になるお茶です。
この碾茶を石臼などですり潰すと「抹茶」になります。
玉露やかぶせ茶といった高級茶と同じ様に、
摘採前の数十日「寒冷紗(カンレイシャ)」という黒布で
茶畑を覆い、あえて日光を遮ります。
緑茶の旨み成分・テアニンは、日光を浴びることで
渋み成分・カテキンに変化してしまうので、
被覆することでカテキンの生成を防ぎ、甘みと旨味を残します。
摘採後は碾茶の製茶工場で製品化されますが、
普通の緑茶と違い、茶葉を蒸した後の「揉み工程」は行わず、
高温(200℃程)の「碾茶炉」の中で完全乾燥させ、碾茶となります。



◆ 今回 番組で紹介した「シェイカー抹茶」のレシピ ◆
【材料(1人分)】
抹茶・・・・・・・2g
お湯・・・・・・・60cc
シェイーカー・・・1個

【作り方】
(1)湯を入れたシェイカーに 抹茶の粉を入れ 蓋を閉めシェイク!
(2)50回ほど振ると、きめ細かな泡と、ダマの無い、クリーミーな抹茶が完成!
※様々なドリンク(温・冷)や 料理などに応用できます。
ページの先頭へ