• ホーム
  • 放送内容
  • 投稿・ご意見
  • Daiichi-TV
ホーム > 放送内容

放送内容

6月24日(日)の放送は・・・

今回は、静岡県内の“お茶”の話題!
今年オープンした『茶の都ミュージアム』も登場!
近ごろ海外でも人気の「抹茶」を使ったスイーツ作りにも挑戦!
お楽しみに〜♪

6月17日放送内容「トウガン」

【JAとぴあ浜松 ファーマーズマーケット 東店】
住所/浜松市東区貴平町655-1

【JAとぴあ浜松 ファーマーズマーケット 白脇店】
住所/浜松市南区寺脇町209

【JAとぴあ浜松 ファーマーズマーケット 三方原店】
住所/浜松市北区根洗町1213-2

【JAとぴあ浜松 ファーマーズマーケット 浜北店】
住所/浜松市浜北区新原6677

【JAとぴあ浜松】
ホームぺージはこちらから→


◆今回紹介した農産物・・・「JAとぴあ浜松の“トウガン”」
冬の瓜と書いて「トウガン」。トウガンの旬は冬ではなく夏です。
でもなぜ、冬の瓜と書くのでしょうか。
なんでも冬瓜は夏収穫して冷暗所で保存すると冬までもつとか。
なので冬瓜という名前が付いたそうです。
浜松のトウガンは身が柔らかくてみずみずしい。
味にくせがないからスープや煮物に最適。
これからが旬なのでぜひ一度試してみてください。


◆ 今回 番組で紹介した「トウガンスープ」のレシピ ◆

【材料(3〜4人分)】
トウガン・・・1/4個
しょうが・・・1片
ニンニク・・・1片
油・・・大さじ1
水・・・700cc
鶏がらスープの素・・・大さじ1
干し桜エビ・・・7g
塩コショウ・・・適量
ネギ・・・適量

【作り方】
1)トウガンを1センチの輪切りにし皮をむき、ワタを取って1センチ角に切る
2)ニンニクとしょうがは千切りにする
3)鍋に油を引き、ニンニクとしょうがを入れ、香りが出るまで炒める
4)トウガンを入れ、全体に油がまわるまで炒める
5)水を入れ沸騰させる
6)鶏がらスープの素と干し桜エビを入れて、トウガンがやわらかくなるまで煮る
7)水溶き片栗粉でとろみをつけ、塩コショウで味を調える
8)器に盛り付け、最後にネギを散らす

◆ 「トウガンの和風冷製スープ」のレシピ ◆

【材料(3〜4人分)】
トウガン・・・1/4個
カツオ節・・・6g
梅干・・・大1個
顆粒だし・・・8g
水・・・800cc

【作り方】
1)トウガンを1センチの輪切りにし皮をむき、ワタを取って1センチ角に切る
2)梅干の種を除きたたく
3)鍋に材料を全部入れて、トウガンが柔らかくなるまで煮る
4)粗熱を取り、冷蔵庫で冷す

◆ 「トウガンの浅漬け」のレシピ ◆

【材料】
トウガン・・・お好みの量
浅漬けの素・・・適量

【作り方】
1)トウガンの皮をむき、ワタを取って薄切りにする
2)市販の浅漬けの素で漬ける

6月10日放送内容「富士宮茶」

【JA富士宮 ファーマーズマーケット・う宮〜な】
住所/富士宮市外神123 TEL/0544-59-2022
営業時間/8:30〜17:00
定休日/毎週火曜日(祝日を除く)・年末年始
富士宮地方で、おいしいものを食べたとき、「うみゃ〜な〜!」と言います。
当地方の方言で、「うみゃ〜な〜」とは、「おいしい」の意味です。
ファーマーズマーケット「う宮〜な」では、みなさんに気軽に店名を呼んで頂きたく、方言を店名にしています。
ロゴマークの『宮』は富士宮産を表し、『な』は菜っ葉の『な』で農産物を表しています。
安心安全な、富士宮産・国産の農産物を販売する「う宮〜な」にぜひお越しください。

ホームぺージはこちらから→

【「HARE 時々 OCHA」・富士宮富士山製茶合同会社】
住所/富士宮市杉田1047-4 TEL/0544-29-7118
営業時間/10:00〜19:00
定休日/水曜日
2016年9月にオープンした専門店「HARE 時々 OCHA」。
茶農家たちが連携して設立した「富士宮富士山製茶合同会社」がプロデュースする、新形態のお茶販売&カフェ。
黒壁のモダンな外観にガラス張りの扉・・・ 店に入るとまず目を引くのが、壁一面にディスプレイされた茶葉のパッケージ。
反側にはカウンターのカフェコーナーがあり、目線の先には茶畑が見えます。

ホームぺージはこちらから→


◆今回紹介した農産物・・・「JA富士宮の“富士宮茶”」
富士宮市では年間約2,000トンのお茶が生産されています。
茶農家は、市内で生産される良質な家畜堆肥を使用し、環境に優しいお茶栽培を心がけています。
ほとんどの茶農家が県知事より「エコファーマー」の認定を受けていて、これまで何度か皇室にお茶を献上しています。
ことし(平成30年)の新茶初取引では、富士宮のお茶が109万円の値を付け、日本一高いお茶として話題になりました。
また、ヤブキタだけでなく、ベニフウキや紅茶など、特徴のあるお茶も生産されています。

6月3日放送内容「丹那牛乳」

◆農畜産物問い合わせ
【JA函南東部 営業部営業課】
TEL/055-974-0014

◆農畜産物販売
【酪農王国オラッチェ】
住所/函南町丹那349-1 TEL/055-974-4192
営業時間/4月〜9月 9:00〜17:30、10月〜3月 9:00〜17:00
定休日/年中無休
丹那牛乳は、県内のスーパーでもお買い求めいただけます
ホームぺージはこちらから→


◆今回紹介した農産物・・・「JA函南東部の“丹那牛乳”」
函南町丹那は酪農の里として知られています。
そこで作られる丹那牛乳は牧場から牛乳工場までの距離が短いので新鮮でおいしい牛乳ができます。
おいしさの秘密はそのほかにもあります。
酪農家さんが牛に愛情こめて育てているからおいしいのです。
おいしい牛乳を生産するためには、やはり牛の健康状態が良いことがあげられます。
暑さに弱い牛にウォーターベッドを使用している酪農家さんもいらっしゃいます。
そんなこだわりの丹那牛乳、一度試してみてください。


◆ 今回 番組で紹介した「丹那牛乳を使った“スティッキオのリゾット風”」のレシピ ◆

【材料(4人分)】
ご飯・・・400g
スティッキオ・・・60g
ベーコン・・・3枚
牛乳・・・400cc
ニンニク・・・大1片
コンソメ・・・2個
水・・・300cc
塩コショウ・・・少々 
オリーブオイル・・・大さじ1

【作り方】
1)スティッキオを手で裂いて繊維を断つように薄切りにし、細かくみじん切りにする
2)ニンニクとベーコンも細かいみじん切りにする
3)フライパンにオリーブオイルを入れニンニクを弱火で炒める
4)ニンニクの香りがたってきたら、ベーコンとスティッキオを入れてしんなりするまで炒める
5)水とコンソメと水洗いしたご飯を入れて、コンソメを溶かしながら煮立たせる
6)牛乳を加えて、しゃもじが少し重たく感じるようになるまで煮る
7)塩コショウで味を調え器に盛り、スティッキオの葉と粉チーズを飾れば完成

※スティッキオは「酪農王国オラッチェ」や
道の駅「伊豆ゲートウェイ函南」で購入できます。

5月27日放送内容「わさび」

【JA伊豆の国・農産物直売所「農の駅伊豆」】
住所/伊豆市柏久保108 TEL/0558-72-4462
営業時間/9:00〜18:00(4〜9月)、9:00〜17:00(10〜3月)
定休日/年中無休(年末年始除く)
特産の原木シイタケやワサビをはじめ、地元生産者が栽培した新鮮でおいしい農作物を多数取り揃えております。
原木シイタケはお鍋の具材として、日本農業遺産認定のワサビは各種料理のお供としてお楽しみいただけます。
ヨーロッパのマルシェをイメージし店内へぜひお立ち寄りください。
毎週月曜日、木曜日は魚類の販売も行なっています。
※伊豆箱根鉄道「修善寺駅」下車。修善寺駅からバスの場合は 「JA経済センター」にて下車。徒歩の場合は約20分。

ホームぺージはこちらから→


◆今回紹介した農産物・・・「JA伊豆の国の“わさび”」
JA伊豆の国の“わさび”は、天城山の清澄水と豊かな自然環境の中で育っています。
天城山麓のふもとである天城地区と中伊豆地区では、「畳石式(たたみいししき)」わさび沢による栽培方法で生産され、1年を通して栽培・収穫されています。
「畳石式」わさび沢は、明治25年ごろに同地で開発された栽培方法で、地盤を深く掘り下げ、大きな石から小さな石の順に敷き詰めていき、表面に砂をのせる方法で作られています。
これにより、わさびの根には常に新鮮な水が田面に均一に流れます。
JA伊豆の国は質・量ともに全国でも有数のわさび産地で、生わさびの市場出荷量は日本一。
平成30年(3月)、伊豆市を含む「静岡水わさびの伝統栽培」が「世界農業遺産」として認定されました。


◆ 今回 番組で紹介した「ワサビロールケーキ」のレシピ ◆

【材料(1本分)】
▽スポンジ用
卵白・・・3個
卵黄・・・3個
薄力粉・・・60g
ワサビの茎・・・適量
砂糖・・・90g
バニラエッセンス・・・適量
塩・・・少々
バター・・・30g
抹茶粉・・・適量

▽クリーム用
生クリーム・・・200g
ワサビ(すりおろし・刻み)・・・お好み
砂糖・・・20g
レモン汁・・・少々
かのこ大納言あずき・・・適量

【作り方】
〜まずは生地作りから〜
1)卵黄にバニラエッセンス、卵白に砂糖を入れ、それぞれよくかき混ぜておく
2)卵黄には溶かしバターを加え、再びよく混ぜる
3)卵黄と卵白が混ざり、クリーム状になったモノを合わせ、再びよく混ぜ合わせる
4)振るっておいた薄力粉をこの中に入れ、よく混ぜ合わせ、ケーキ生地の素を作る
5)刻んで塩もみしておいたワサビの茎を入れ、よく混ぜ合わせる
6)よく混ざり生地が馴染んだら、紙を敷いた天板に移し、平らにのばす
7)オーブンで6〜7分焼く

〜クリーム作り〜
1)生クリームに、すりおろしたワサビと、細かく刻んだワサビをお好みの量入れる
2)混ざったら、焼き上がった生地の上に載せ、万遍なく全体に塗り広げる
3)大納言あずきを散りばめ、端の方から巻いていけば、ワサビロールケーキのベース完成

〜仕上げに、お好みのデコレーションを〜
1)抹茶の粉で縞模様を描き、上に生クリームをらせん状にしぼる
2)レモン汁とワサビのすりおろしで作ったソースを載せ、ワサビロールケーキの出来上がり!
ページの先頭へ