• ホーム
  • 放送内容
  • 感想・ご意見
  • 番組公式インスタグラム
ホーム > 放送内容

放送内容

12月26日放送内容「ダイダイ」

◆店舗情報
JAあいら伊豆
【いで湯っこ市場】
伊東市玖須美元和田715-26
TEL:0557-44-5050
[営]9:00〜17:00
[休]毎月第3火曜日
(臨時休業することがあります)
ホームぺージはこちらから→
「いで湯っこ市場」は2007年11月に伊東市の国道135号線沿いにオープンしました。
地産地消をめざし、地場産物を新鮮に安価で地元の皆様をはじめ、
観光客の皆様もお立ち寄りしていただけるよう観光案内所を併設しています。

生産出荷者と消費者をつなぐ架け橋として、「いで湯っこ市場」をぜひご利用ください。
JAあいら伊豆管内の新鮮な野菜をはじめ、つつじなどの花卉類・特産のかんきつ類、
また提携農協の特産物もあわせて展示販売しています。


◆今回 紹介した農産物・・・熱海市の「ダイダイ」
JAあいら伊豆管内で生産されるダイダイは、正月飾り用の生産量、全国有数の産地です。
その歴史は古く、江戸時代から栽培されていた記述が残っているそうです。

ダイダイは、樹にそのまま実を残しておくと、冬を過ぎても樹から落ちずにそのまま2〜3年は枝についたままです。
1本の樹に複数年代の実がついている様子が見られることから「代々(ダイダイ)栄える」という意味で、縁起物として扱われる様になったと言われています。

酸味や苦味が強く“果実自体を食べる”と言うことはほとんどありませんが、その代わり香りが凄くいいので、果汁や皮などは加工され、ドレッシングやマーマレード、各種スイーツやドリンクなどに幅広く使われています。



◆ 今回 番組で紹介した
「ダイダイゼリー」料理のレシピ ◆


【材料(5個分)】
ダイダイ・・・・・・・・・・5個
ダイダイの果汁・・・・・・・大さじ7 
ダイダイの皮・・・・・・・・適量
砂糖・・・・・・・・・・・・50g
粉かんてん・・・・・・・・・8g
水・・・・・・・・・・・・・600ml

【作り方】
(1)鍋に分量の水を入れ、砂糖、粉かんてんを溶かす。
(2)砂糖、粉かんてんが溶けたら果汁を加え、軽く混ぜ合わせる。
(3)混ざったら、器(今回はダイダイの実をくり抜き、器代わりに使用)に入れ、粗熱がとれたら冷蔵庫で冷やす。
(4)1時間半程で固まるので、ダイダイの皮をゼリーの上にトッピングして完成!


◆「紅白なます」料理のレシピ ◆

【材料(10人分程)】
ダイダイ果汁・・・・・・・・200t
ダイダイのマーマレード・・・1瓶(250g)
ダイコン・・・・・・・・・・1本
ニンジン・・・・・・・・・・1本
塩・・・・・・・・・・・・・適量

【作り方】
(1)ダイコンとニンジンは皮を剥き、長さ5センチ程の千切りにする。
(2)塩をまぶし、軽く揉み込む。30分ほどすると水分が出てくるのでこれをしぼる。
(3)ボウルにダイダイの果汁とダイダイのマーマレードを入れ混ぜ合わせ、しぼったダイコンとニンジンを入れ、味を馴染ませる。
(4)器に盛り付け、ダイダイの皮をトッピングして完成!

12月19日放送内容「レタス」

◆店舗情報
レタス(JA遠州中央)
【農産物直売所「森の市」】
TEL:0538-85-0831


◆今回 紹介した農産物・・・森町の「レタス」
森町のレタスは、早採りなので新鮮でやわらか。そのうえ歯ごたえもよくてほんのり甘みを感じます。森町はトウモロコシやお米が有名ですが、レタス栽培はそのトウモロコシやお米を収穫した後に行います。9月上旬に苗を定植して収穫は10月上旬から4月の上旬まで。
そのあと、またトウモロコシやお米を生産します。
新鮮でシャキシャキ食感のレタス ぜひ食べてみてください。



◆ 今回 番組で紹介した
「ニコニコ レタバーグ」料理のレシピ ◆


【材料(5人分)】
タマネギ・・・・小1個
サラダ油・・・・適量
ひき肉・・・・・300g
卵・・・・・・・小1個
パン粉・・・・・大さじ5
牛乳・・・・・・30ml
塩・・・・・・・少々
コショウ・・・・少々
水・・・・・・・100t
レタス・・・・・2個
飾り用野菜・・・適量

【作り方】
(1)タマネギをみじん切りにする。
(2)フライパンでしんなりするまで炒める。
(3)ボウルにひき肉を入れてこねる。
(4)卵、パン粉、牛乳、塩、コショウを入れて混ぜる。
(5)ハンバーグは小さめの俵型に形成する。
(6)フライパンでハンバーグを焼き、表面に焼き色が付いたら水を加えて蒸し焼きにする。
(7)レタスは外側の少し硬い葉は使わず 内側のやわらかい葉を1枚ずつはがす。
(8)そして芯を切り取り半分に切る。
(9)芯に近い部分を先に湯につけゆでる。
(10)芯に近い部分が透き通ってきたら 葉の部分もさっと湯通しし冷水にとって冷ます。
(11)ペーパータオルで水気をよくとる。
(12)ハンバーグをレタスでひとつづづ巻く。
(13)お好みの野菜などで飾り付けをする。
(14)ポン酢やオーロラソースなどをつけていただく。

12月12日放送内容「紅白カブ」

◆店舗情報
【JA富士市 田子っこ産直市 (田子浦支店)】
富士市宮島1230
TEL:0545-61-2811
[営]9:00〜12:00
[休]毎週木曜日、年末年始
ホームぺージはこちらから→
新鮮な農畜産物を 安全安心にお届けいたします。


◆今回 紹介した農産物・・・富士市の「紅白カブ」
JA富士市の 新しい特産物 紅白カブ。
白カブと赤カブを対で販売し、紅白の縁起物として評判になっています。
3年程前に、この“紅白カブ”を販売し始めたころ、
当番組で くんちゃんと 佳那ちゃんが
新しい名前を決める大役を仰せつかりました。
赤いカブは“桃富士”、白いカブは“雪富士”に決定!
富士市らしいステキな名前が決まりました。

甘みが強く、瑞々しく、生でも食べられるサラダカブです。 
調理をすると(加熱)さらに甘みと瑞々しさが増し、また違った食感が味わえます。



◆ 今回 番組で紹介した
「桃雪ベーコンパイ」料理のレシピ ◆


【材料(3枚分)】
カブ・・・・・・・・1個分(桃富士・雪富士半分ずつ)
ベーコン・・・・・・80g
溶き卵・・・・・・・2個分
冷凍パイシート・・・3枚
オリーブオイル・・・適量
塩・・・・・・・・・適量
コショウ・・・・・・適量
パン粉・・・・・・・大さじ1ずつ
カブの葉・・・・・・適量


【作り方】
<下準備>
(1)カブは 皮を付けたまま 食べやすい大きさの薄切り…
  ベーコンは1センチ幅位にカット。
(2)オーブンレンジを210℃に 予熱しておく。
<炒める>
(3)熱したフライパンにオリーブオイルを引き、先にベーコンを中火で炒める。
(4)ベーコンがカリッ!としてきたら、薄切りにした紅白カブを加え炒める。
(5)カブがしんなりしてきたら、塩、コショウを加え 更に炒める。
(6)全体に味が馴染んだら、具材を一旦 バットに取り出し、粗熱を取る。
<焼く>
(7)パイ生地の端を内側に折り、器の様な形にする。
(8)パイ生地にパン粉をふり、粗熱が取れた具材をパイ生地の上にのせる。
(9)溶き卵でパイ生地の外側の部分を塗り、更に具材の中にもしみ込ませる。
(10)210℃に予熱したオーブンレンジに入れ 25分程焼き、
  器に盛り付け カブの葉を飾れば完成!


◆「カブのベーコン巻き」料理のレシピ ◆

【材料(2人分)】
カブ・・・・・・・・1個分(桃富士・雪富士半分ずつ)
ベーコン・・・・・・4枚程
ニンニク・・・・・・2片
オリーブオイル・・・大さじ1


【作り方】
(1)カブは 皮を剥かず、半分に切ってから4等分に切る(カブの大きさによって調整)。
(2)ベーコンを半分に切り、カブに巻いて 爪楊枝でとめる。
(3)フライパンにオリーブオイルとスライスしたニンニクを入れ 弱火で炒め、
  ニンニクがキツネ色になったら取り出す。
(4)(2)をフライパンに入れ 蓋をして 弱火で蒸し焼きにする (途中で裏返す)。
(5)カブに竹串が通るくらいになったら 蓋を取り、完成!
  皿に盛り付け、炒めたニンニクスライスをのせて召し上がれ!

12月5日放送内容「三ヶ日 青島みかん」

◆農産物お問い合わせ
三ヶ日 青島みかん(JAみっかび) 
【特産物直売所 特産センター】または【特販課】
TEL:0120-055-614

JAみっかびのHPでも販売中!


◆今回 紹介した農産物・・・浜松市の「三ヶ日 青島みかん」
太陽の日差しをたっぷり浴びているから三ヶ日みかんは甘くてコクがあります。
ことしは、ミカンの糖度が上がる10月、11月に晴天が続いたので例年以上に甘くておいしいミカンに仕上がっているそうです。
また、ことし8月から販売された「三ケ日みかんソフトクリーム」もおすすめ。
果汁をたっぷり使い特製の後がけソースで仕上げているのでミカンの味が濃厚。
でも後味はさっぱりです。JAみっかびの特産物直売所とキッチンカーで販売しています。
ページの先頭へ