• ホーム
  • 放送内容
  • 投稿・ご意見
  • Daiichi-TV
ホーム > 放送内容

放送内容

12月2日放送内容「カリフラワー」

【JA富士市 産直市「大渕ふる里村」】
住所/富士市大淵2880 TEL/0545-35-5158
営業時間/9:00〜13:00
定休日/年末年始、盆等休み
富士市の新鮮な農産物や特産品が並ぶJA富士市の産直市です。
ホームぺージはこちらから→


◆今回紹介した農産物・・・「JA富士市の“カリフラワー”」
JA富士市は、静岡県の東部、南は駿河湾(標高0m)、北は富士山の南麓、南は駿河湾に位置し、標高差に富む地形をしています。
こうした立地を生かして、品質の良いカリフラワーを長期栽培しています。
富士山の雪のような純白の花蕾(からい)には、甘みと旨みがギュ!と凝縮しています。


◆ 今回 番組で紹介した「カリフラワーソース」のレシピ ◆

【材料(4人分)】
茹でたカリフラワー・・・120g
豆腐・・・80g
塩こうじ・・・小さじ2
オリーブオイル・・・小さじ2
塩・・・少々

【作り方】
1)材料の茹でたカリフラワーや豆腐、調味料などを全てミキサーに入れ、混ぜ合わせるだけ
2)十分に混ざり合ったら、カリフラワーの旨み・甘みが詰まった、何にでも合う、カリフラワーソースの完成!
※水を入れないのがポイント
※野菜ステックや揚げ物などお好みの料理に付けてお召し上がりください


◆ 「カリフラワーの茎のきんぴら」のレシピ ◆

【材料(4人分)】
カリフラワーの茎・・・5個分
ニンジン・・・1/3本
ごま油+サラダ油・・・適量
砂糖・・・10g
しょう油・・・大さじ2
鷹の爪・・・1本

【作り方】
1)カリフラワーの茎は厚めに皮をむき、太めの千切りにする
2)熱したフライパンに油を引き(ごま油+サラダ油)、カリフラワーの茎を炒める
3)水気が無くなり、茎がシンナリしてきたら、しょう油、砂糖、鷹の爪を加え再び炒める
4)あらかじめ軽く炒めておいたニンジンを加え、全体が馴染むように炒めながら混ぜ合わせる
5)器に盛りつけ、カリフラワーの茎のきんぴら完成!


◆ 「カリフラワーのクリスマスツリー」のレシピ ◆

【材料(作る大きさにより調整)】
茹でたカリフラワー
茹でたブロッコリー
茹でたジャガイモ
パプリカ

【作り方】
1)茹でたジャガイモをつぶし、ツリーの土台を作る
2)カリフラワー、ブロッコリー、パプリカをお好みで土台に飾り付け、カリフラワーのクリスマスツリー完成!
※観賞後いただく場合は、土台のジャガイモに塩コショウなどの味付けを施しておく

11月25日放送内容「トルコキキョウ」

【JAハイナン 相良営農経済センター】
住所/牧之原市菅ヶ谷872-2 TEL/0548-53-2020
営業時間/8:30〜17:00
定休日/土日祝

【JAハイナン ファーマーズマーケット「ほうせん館」】
住所/牧之原市細江1986-1 TEL/0548-24-1177
営業時間/9:00〜18:00
定休日/年中無休(年末年始を除く)
ロールケーキ各種 1本 500円(税込み)、パウンドケーキ各種 1本 500円(税込み)
毎週木曜日の午前中に製造して、午後にはほうせん館に並びます。



◆今回紹介した農産物・・・「JAハイナンの“トルコキキョウ”」
温暖で日照時間が長いことから御前崎市や牧之原市などでは花の栽培が盛んです。
中でも“トルコキキョウ”は県内でも有数の産地です。
トルコキキョウの種類は400種類ほどあると言われていますが、今回紹介したのは「ボン・ヴォヤージュ ホワイト」という品種で、八重咲きで花びらの先がフリルになっている華やかなお花です。
「ボン・ヴォヤージュ」は旅立つ者に対して言うフランス語の「よい旅を!」を意味し、それにちなんで、よく結婚式のお花で使われます。

11月18日放送内容「早生(わせ)みかん」

【JAみっかび特産物直売所(本店)】
住所/浜松市北区三ヶ日町三ヶ日885
TEL/053-525-1040
※お問い合わせは下記ミカちゃんファーマーズのフリーダイヤルへ
営業時間/9:00〜17:00
定休日/毎週水曜日(但し11月・12月は営業します)、年末年始休業(12月30日〜1月4日)
三ヶ日町の特産品のみかんと、みかんの加工品が品揃え豊富です。
ホームぺージはこちらから→

【JAみっかび ミカちゃんファーマーズ(三ヶ日インター店)】
住所/浜松市北区三ヶ日町駒場101-1
TEL/0120-055614(フリーダイヤル)
営業時間/9:00〜17:00
定休日/毎週水曜日(但し11月・12月は営業します)、年末年始休業(12月30日〜1月4日)
三ヶ日町の特産品のみかんと、みかんの加工品が品揃え豊富です。
ホームぺージはこちらから→


◆今回紹介した農産物・・・「JAみっかびの“みっかび 早生(わせ)みかん”」
酸味が少なく甘みが際立っています。 フク(房の皮)も薄くので食べやすく、子供にも人気のみかん。
通常の青島みかんと比べるとすこし小ぶりで、出回るのは11月上旬から12月中旬まで。
最高級品の「特選」グレードは「ミカエース」の銘で極少量が出回っています。


◇品質重視の三ヶ日みかん・JAみっかびが誇る「日本最大規模の選果場」
JAみっかびの柑橘選果場では、高度な光センサーなどを使い、糖度とクエン酸(酸度)、大きさ・形状・外観が計測され、厳しい基準をクリアしたものだけが選別・出荷されています。
また、2015年から始まった「機能性表示食品制度(消費者庁)」では、三ヶ日みかんが生鮮食品では全国で初めて認められ、他産地に先駆けて効能表示をして販売を行っています。
届け出た表示内容には、みかんの色素・β-クリプトキサンチンが、骨の健康に役立つことが表示されています。

11月11日放送内容「するがの極(きわみ)」

【JAなんすん ナックセンター】
住所/沼津市下香貫字上障子415-1 TEL/055-931-3132
営業時間/8:30〜17:00
定休日/土日祝
販売は各営農経済センター、販売店舗で購入できます。


◆今回紹介した農産物・・・「JAなんすんの“するがの極”」
“するがの極”はJAなんすんの新ブランド米です。品種は、県内で多く作られている『きぬむすめ』。でもJAなんすんで定めた「成分数値」をクリアした一等米だけが“するがの極”を名乗ることができます。
するがの極の特徴はモチモチとした食感と炊きたてはもちろん、冷めてもおいしいお米です。ですのでお弁当やおにぎり、お寿司などでも、ぜひ楽しんでみてください。


◆ 今回 番組で紹介した「ごた煮」のレシピ ◆

【材料(4〜5人分)】
里芋・・・4〜5個
ニンジン・・・1/2本
ゴボウ・・・100g
ダイコン・・・1/2本
コンニャク・・・1/2枚
油揚げ・・・1枚
ミョウガ・・・3本
豆腐・・・2/3丁
だし汁・・・1リットル
しょう油・・・60cc
砂糖・・・大さじ3
酒・みりん・・・各大さじ1

[サバのつみれ]
サバ・・・半身
塩・・・ひとつまみ
しょうが・・・1片
酒・・・小さじ1
小麦粉・・・小さじ1

【作り方】
1)まずは、サバと豆腐以外の材料をすべて切る
2)切った材料をだし汁に入れ分量の半分のしょう油と砂糖、酒、みりんを入れて柔らかくなるまで煮る
3)サバは粗めのみじん切りにし、すり鉢に入れ滑らかになるまでよく擦る
4)酒としょうがのしぼり汁、塩とつなぎの小麦粉を入れてよく混ぜる
5)一口大に丸めて塩を入れたお湯で湯通しする
6)表面に火が通ったら取り出す
7)サバのつみれを鍋に加え、残りのしょう油を入れてつみれに火が通るまで煮る
8)豆腐とみょうがを入れてひと煮立ちしたら完成


◆ 今回 番組で紹介した「ちらしずし」のレシピ ◆

【材料(4〜5人分)】
白米・・・4合 
シイタケ・・・4枚
油揚げ・・・2枚
ニンジン・・・1本
卵・・・2個
絹さや・・・適量
だし汁・・・400cc
酒・・・大さじ2
みりん・・・大さじ2
砂糖・・・大さじ4
醤油・・・大さじ3

[すし酢]
酢・・・カップ1/2(ミカン果汁分控える)
砂糖・・・カップ1/2
塩・・・大さじ1/2
ミカン果汁・・・適量(香り付け)

【作り方】
1)すし飯をかために炊く
2)蒸らしてから、すし酢をかけ冷ます
3)しいたけ、油揚げ、ニンジンを細切りにする
4)だし汁、酒、みりん、砂糖、醤油を入れて煮る
5)薄焼き卵を作り、細切りにする
6)すし飯に具を混ぜて、器に盛り、錦糸卵、ゆでた絹さやをちらして完成

11月4日放送内容「東京ゴールド(キウイフルーツ)」

●JA静岡市・ファーマーズマーケット じまん市
ホームぺージはこちらから→

【南部じまん市】
住所/駿河区曲金5-4-70(JA静岡市本店敷地内)
TEL/054-203-4118

【あさはたじまん市】
住所/葵区北1-8-53
TEL/054-249-1005

【北部じまん市】
住所/葵区北番町86 (JA静岡市茶業センター隣)
TEL/054-272-2100

【長田じまん市】
住所/駿河区鎌田35-2 (JA静岡市長田支店敷地内)
TEL/054-268-3111

【しづはたじまん市】
住所/葵区下1458-32 (JA静岡市しづはた支店敷地内)
TEL/054-294-1400


◆今回紹介した農産物・・・「JA静岡市の“東京ゴールド”(キウイフルーツ)」
果肉が黄色く甘いキウイフルーツ新品種“東京ゴールド”。
1998年に東京のキウイフルーツ生産者が発見した樹を繁殖させ、継続して特性調査したところ、既存品種との特性差異が確認されたことから“東京ゴールド”として命名。
2013年7月29日品種登録されました。
実の大きさは約100gと中程度。皮の色は暗褐色、果形は逆涙型で特徴的な外観です。
果肉は鮮やかな黄色で、糖度が15〜16%と高く、多汁で風味、食味とも良好。
ビタミンCがレモンの8個分に相当するなど、栄養豊富な果物です。


◆ 今回 番組で紹介した「東京ゴールドのティラミス」のレシピ ◆

【材料(6人分)】
東京ゴールド・・・6個
ヨーグルト・・・300g
マスカルポーネチーズ・・・200g
ビスケット・・・18枚
ハチミツ・・・大さじ6と1/2
リキュール・・・小さじ6
エスプレッソコーヒー・・・160ml

【作り方】
1)ヨーグルトを水切りする。
2)ヨーグルトにマスカルポーネチーズ、ハチミツ、リキュールを混ぜ合わせてクリームを作る。
3)ビスケットをエスプレッソコーヒーに浸す。
4)東京ゴールドを1センチ角くらいに切る。※飾り用は輪切りにして準備。
5)容器に、ビスケット⇒クリーム⇒キウイ・・・の順番で、3回ほど重ねて層を作る。
 ※器の外から、段になった層が見えるように。
6)最後に、キウイの輪切りを飾り付け、東京ゴールドのティラミス完成!
ページの先頭へ