• ホーム
  • 放送内容
  • 投稿・ご意見
  • Daiichi-TV
ホーム > 放送内容

放送内容

5月28日(日)の放送は・・・

今回は、浜松市から栄養満点“タアサイ”の話題!
全国トップクラスの生産量を誇る浜松市のタアサイ!
シャキシャキの食感とその彩りは、食欲をそそります!
生産者お勧めのおいしい料理も登場しますよ〜!
お楽しみに〜♪

5月21日放送内容「プレミアム沼津茶“素六(そろく)”」

“素六(そろく)”のお求めは、JAなんすんの各支店と管内の産直市で!
「素六プレミアム沼津茶(リーフ)」50g…1,300円(税込み)
「素六ドリップ」3g×12p…1,300円(税込み)
※産直市はドリップのみの販売になります。

ホームぺージはこちらから→


◆今回紹介した農産物・・・「JAなんすんのプレミアム沼津茶“素六(そろく)”」
沼津茶の祖、江原素六翁の功績と
これからの沼津茶の明るい未来を願って誕生したプレミアムな緑茶です。
4月上旬の若い芽だけを摘み取り、こだわりの製法で仕上げています。
手軽に楽しんでもらうために、リーフだけではなく、
コーヒーによくみられるドリップパックに入ったドリップタイプも販売しています。
今後は、「水出し」や柑橘系が入った「フレーバー」などを開発中です。
さまざまなスタイルで楽しめる“素六(そろく)”、この機会にお試しあれ。

5月14日放送内容「赤しそ」

【JA遠州中央 ファーマーズマーケット 見付どっさり市】
住所/磐田市見付3599-1(本店敷地内)  TEL/0538-36-7081 
営業時間/9:30〜18:00
定休日/1月1日〜3日、8月17日〜19日
見付どっさり市は、JA遠州中央本店敷地内にあるファーマーズマーケットです。
海老芋や白ねぎ、ときめき野菜(チンゲンサイ等)、
メロンや花など、旬の地元農産物が豊富にあります。
また、カラフルな野菜を集めた“見付いろどり野菜”などもあります。
イチジクの加工品や切り干し大根、芋切干しなど、
季節に応じた加工品も色々あります。
三島食品の「ゆかり」とJA遠州中央のコシヒカリを使ったおかゆがコラボ!
ゆかり付おかゆ(1パック)198円はこちら、または、
JA遠州中央管内のファーマーズマーケット・直売店でお買い求めいただけます。

ホームぺージはこちらから→

【太田牧場 Mota(モータ)の店】
住所/袋井市大谷614-1  TEL/0538-49-3073 
営業時間/10:00〜18:00
定休日/木曜日
袋井市の「太田牧場」の直営店。
太田牧場の新鮮で美味しい牛乳を使用して作ったスイーツを販売しています。
とくにソフトクリームは地元で大人気!
甘さ控えめで優しい味を確かめに、是非遊びにいらして下さい。
隣接する農産物販売所では、地元の生産者の方々の自慢の農産物も並んでいます。

ホームぺージはこちらから→


◆今回紹介した農産物・・・「JA遠州中央の赤しそ」
赤しその一番の特徴は、やはり その「色」です。
あの赤い色の正体はシソニン(アントシアニン系色素)で、
抗酸化作用があり美容や健康に良いと言われています。
酸を加えると鮮やかな赤色に発色する性質を利用して、
梅干しや紅しょうがなどの色素としても使われています。
赤しそは大葉(青しそ)と違い、通常 生のまま料理に用いる事はあまりありませんが、
普段の食卓では梅干しに漬けられ、乾燥させた「ゆかり」でお馴染みですよね。


◆ 今回 番組で紹介した「赤しそを使った“クラッシュゼリーヨーグルト”」のレシピ ◆

【材料】

●しそジュース(原液)の材料
赤しそ・・・200g
砂糖・・・400g
酢・・・20g
レモン汁・・・大さじ3
水・・・800cc

●赤しそゼリー&ヨーグルトの材料
しそジュースの原液・・・200cc
水・・・150cc
粉ゼラチン・・・5g
ヨーグルト(無糖)・・・200g
牛乳・・・100cc
砂糖・・・30g


【作り方】

○しそジュースの作り方
1)沸騰したお湯に、よく水洗いした赤しそ(200g)を入れ、弱火で15分間煮て、ザルでこす。
2)1の煮汁に、砂糖(400g)と酢(20g)を混ぜ、弱火で20分間煮る。
3)氷水で冷ましたあと、レモン汁(大さじ3)を入れる。
 これで、しそジュースの原液が完成!

○赤しそゼリーの作り方
1)しそジュースの原液(200cc)と水(150cc)を合わせ、
 沸騰直前まで煮たらゼラチン(5g)を入れて、よく溶かす。
 ゼラチンは沸騰した所に入れると溶けないのでご注意を!
2)ゼラチンが完全に溶けたら、容器に移し、冷蔵庫で冷やし固めれば赤しそゼリーが完成!
3)スプーンでゼリーを軽くほぐし、グラスに入れる。(お好みの量)
4)牛乳(100cc)と砂糖(30g)を加えたヨーグルトをゼリーの上から注いだら完成!

☆ヨーグルトの変わりに炭酸水(加糖)をゼリーに注いでもGOOD!
食感が楽しい、爽やかな赤しそドリンクが楽しめます。

5月7日放送内容「掛川茶」

【東山いっぷく処】
住所/掛川市東山1173-2  TEL/0537-27-2266  
営業時間/9:00〜16:00
定休日/水曜日
『きょうのごちそう』
緑茶ようかん 50g…100円/130g…250円(すべて税込み)

ホームぺージはこちらから→


◆今回紹介した農産物・・・「JA掛川市の掛川茶」
掛川市東山地区のお茶は、昔からこの地に伝わる
「茶草場農法(ちゃぐさばのうほう)」と呼ばれる栽培法でお茶を育てています。

「茶草場農法」とは、
茶園の畝間にススキやササを主とする刈敷きを行う伝統的農法のこと。
この茶草によって、お茶の味や香りが良くなると言われています。

お茶の風味を増し、生き物の命を守る。
おいしいお茶づくりのための“ひと手間”が
豊かな生物多様性を守っています。

4月30日放送内容「河津町・花巡り編」

【かわづカーネーション見本園】
住所/河津町田中11  TEL/0558-34-1946(河津町 産業振興課)
営業時間/9:00〜16:00(12月第3日曜日〜翌年5月第2日曜日)
定休日/水曜日 ※河津桜まつり開催中・かわづ花菖蒲園開園中は無休
河津町は隣の東伊豆町と並んでカーネーションの2大産地の1つで、
この2町で県内の出荷量の大半(約8割)を占めています。
かわづカーネーション見本園では市場に出回っていない試験栽培を含む
約370品種、約14,000株もの色とりどりのカーネーションを見る事が出来ます。

ホームぺージはこちらから→


【かわづ花菖蒲園】
住所/河津町田中12-1  TEL/0558-32-0290(河津町 観光協会)  
営業時間/9:00〜16:00(5月1日〜6月中旬)
定休日/水曜日
静岡は花菖蒲の全国4大生産地にかぞえられ、
中でも河津町は関東一の生産量と言われています。
花菖蒲園では約5000uの中に、約30品種12,000株の花菖蒲を植栽しています。

ホームぺージはこちらから→


【河津バガテル公園】
住所/河津町峰1073  TEL/0558-34-2200  
営業時間/9:30〜16:30(季節により変更有)
定休日/木曜日
パリ市になる『パリ・バガテル公園』の姉妹園としてオープンしました。
ブローニュの森にあるローズガーデンを忠実に再現、
3haの広さに1,100品種、6,000株のバラを植栽しています。

ホームぺージはこちらから→


【バラ香るカフェ Ortensia(オルテンシア)】
住所/河津バガテル公園内  TEL/090-1091-1187
営業時間/10:00〜16:00(12月1日〜4月27日は 10:00〜15:30)
定休日/木曜日
河津バガテル公園内に店舗を持つカフェ 「オルテンシア」。
「オルテンシア」は、フランス語で「紫陽花」の意味…
来店したお客様がゆったりとくつろげる様に、
店内には四季折々の花々が演出されています。
地元の素材を使った料理やスイーツを、お茶と一緒に楽しむことができます。

ホームぺージはこちらから→


◆今回紹介した農産物・・・「JA伊豆太陽の河津町の花々」
町内では ほぼ一年中、様々な花が咲き誇り、花の香りいっぱいの河津町…

2月〜3月にかけて咲く 早咲の桜として、
すっかり全国的にも有名になった“河津桜”…

開花中は「河津桜まつり」が開催され、今年も大勢の花見客が訪れました。
河津川沿いの桜並木には 菜の花も咲き誇り、
ピンクと黄色のコントラストが美しさを醸し出します。

5月からは“早咲きの花菖蒲園” や、
お隣東伊豆町と並び“2大産地”といわれるカーネーション…
2015年にリニューアルオープンした「河津バガテル公園」のバラなど、
河津町の花は見どころ満載なのです。
ページの先頭へ