• ホーム
  • 放送内容
  • 投稿・ご意見
  • Daiichi-TV
ホーム > 放送内容

放送内容

4月2日(日)の放送は・・・

今回は、静岡市から“久能葉しょうが”の話題!
静岡の春の味覚!爽やかな香りと食感がもう最高!!
久能葉しょうがを使った絶品メニューもご紹介しますよ!
お楽しみに〜♪

3月26日放送内容「イチゴ」

【JA富士市「ポケットファームかじま」】
住所/富士市水戸島187-1  TEL/0545-61-0916(橋下支店)
営業時間/8:30〜12:00
定休日/月曜日、年末年始
ホームぺージはこちらから→


【菓道 甘清堂】
住所/富士市今泉1-13-16  TEL/0545-52-1411
営業時間/9:30〜20:00
定休日/火曜日
イチゴスイーツは5月中旬まで
ホームぺージはこちらから→


◆今回紹介した農産物・・・「JA富士市のイチゴ」
意外と思うかもしれませんが、富士市は“イチゴ”の産地。
南に駿河湾、北に富士山があり温暖な気候なので、
ハウス内の温度が一定に保たれ、イチゴなどの施設栽培にむいているそうです。
JA富士市管内のイチゴ農家は、現在38軒もあるそうです。
作っている品種は「章姫」「紅ほっぺ」「きらぴ香」。
どれも丹精に育てた自慢のイチゴなんですって。ぜひ、お試しください。
今回お邪魔したイチゴ生産者の鈴木さんは、農家の3代目。
でもイチゴ栽培を始めて5年だそうで、農家を継ぐ前は、
東京の有名ホテルのレストランのシェフをしていたんです。
将来はシェフの経験を生かして、カフェをしたいそうです。楽しみですね。

3月19日放送内容「リーフレタスなどの水耕栽培野菜」

【JAおおいがわ ファーマーズマーケット・まんさいかん 藤枝店】
住所/藤枝市青木3-10-27  TEL/054-644-3901 
営業時間/9:00〜18:00
定休日/第2火曜日(8月除く)・年始
店内には、出荷会員が丹精こめて育てた、野菜・肉・米・花卉などの農畜産物のほかにも
漬物やお惣菜など 自慢の加工品があります。
「まんさいかん」(万菜館・満菜館)の名前通り、たくさんの地元農畜産物が並んでいます。

ホームぺージはこちらから→


◆今回紹介した農産物・・・「JAおおいがわのリーフレタスなどの水耕栽培野菜」
“リーフレタス”は、一般的な「玉レタス」と比べ栄養価が非常に高く、緑黄色野菜の仲間です。(ちなみに玉レタスは淡色野菜)β-カロテン、各種ビタミン群を豊富に含んでいます。

中でも注目したいのが『若返りのビタミン』とも呼ばれている「ビタミンE」。
ビタミンEには強力な抗酸化作用があり、老化の原因となる活性酸素を除去し、
エイジングケアの効果が期待できるといわれています。


◆ 今回番組で紹介した「フレッシュ野菜とスモークサーモンのサラダ」のレシピ ◆

【材料(作る個数で量を調整してください)】
リーフレタス(緑・紫)、サラダ菜 等
キュウリ
トマト
スモークサーモン
しょう油
わさび
オリーブオイル

【作り方】
1)キュウリ、トマトを適当な大きさに切る
2)リーフレタスなどは手でちぎる
3)適当な大きさにカットしたスモークサーモンを加え器に盛る
4)しょう油、わさび、オリーブオイルで作ったドレッシングを掛ければ完成!

☆調理のポイント☆
「包丁は使わない!」
レタス類は包丁などの鋭い刃物で切ると、切り口が茶色く変色します。 
これはレタスに含まれるポリフェノールが酸化することによる反応です。
手でちぎることで細胞があまり切断や破壊されず、
細胞同士が離れるようにちぎれるので、
空気に触れず、酸化しにくくなるので変色が少ないそうです。


◆ 「フレッシュ野菜とベーコンの卵炒め」 ◆

【材料(作る個数で量を調整してください)】
リーフレタス、ロメインレタス、サラダ菜 等
ミニトマト
ベーコン


こしょう
マヨネーズ

【作り方】
1)フライパンでベーコン、溶き卵の順に炒める
2)ベーコン、溶き卵に火が通ったら野菜を加え、更にサッと炒める
3)野菜が少ししんなりしてきたら塩・こしょうで味付け
4)皿に盛り付け、周りにミニトマトを飾り付ければ完成!

☆調理のポイント☆
「マヨネーズを隠し○○に!」
溶き卵を作る時に、マヨネーズを小さじ2杯位(卵2個に対して)を加え卵を溶くと、
出来上がりが『ふんわり』します。

3月12日放送内容「不知火(しらぬひ)」

【JA富士市 岩本山産直市】
住所/富士市松岡2392-1  TEL/0545-61-0960(岩松支店)
営業時間/14:00〜18:00
定休日/日曜日、年末年始
ホームぺージはこちらから→


【パティスリー デ・ボア】
住所/富士市青葉町579  TEL/0545-32-7074  
営業時間/ショップ:10:30〜20:00
     カフェ :11:00〜20:00
     (ラストオーダー19:30)
定休日/月曜日
不知火プリン 1個…420円(税込み)
※期間・数量限定(3月末まで 1日30個限定)

ホームぺージはこちらから→


◆今回紹介した農産物・・・「JA富士市の不知火(しらぬひ)」
“不知火(しらぬひ)”は、長崎県の農林水産省果樹試験場で「清見」と「中野3号ポンカン」の交配種として誕生したタンゴールです。生産を始めた地域にちなんで“不知火”と呼ばれています。
同じ容姿で「デコポン」がありますが、「デコポン」は商品名(商標登録)で柑橘類の品種でいうと不知火なんです。
果実は200〜280g程で、頭部がこぶのように出ています。これをデコと呼びます。果皮はやや粗く、その割りに剥き易い。果肉は橙色で柔らかく、多汁です。ジョウノウも薄く、そのまま食べられます。
富士市では大量生産はしていませんが、生産者がこだわりをもって生産しています。
ぜひ、JA富士市の不知火を試してみてください。

3月5日放送内容「スルガエレガント」

【JA静岡市 ファーマーズマーケット・あさはたじまん市】
住所/静岡市葵区北1-8-53  TEL/054-249-1005  
営業時間/9:00〜18:00
定休日/盆と正月以外無休
広さ180平方メートルの店内には、旬の農産物が大集合♪
新鮮な野菜や花、手作り加工品など、こだわりの商品が店内所狭しと並んでいます。
平成13年12月にオープンし、現在300人を超える生産者や生産部会、加工グループが商品に生産者の名前を付け、商品に自信を持って販売をしております。

ホームぺージはこちらから→


◆今回紹介した農産物・・・「JA静岡市のスルガエレガント」
「スルガエレガント」は、谷川文旦(たにがわぶんたん)と川野夏橙(かわのなつだいだい)を交配した早生系の甘夏で、昭和56年(1981年)に「スルガエレガント」と品種登録され、JA静岡市が「スルガエレガント」として商標登録しました。

さわやかな甘さと まろやかな香りが特長の優れた品種で、出荷時期は2月下旬から4月上旬。
今が(3月)正に旬! 静岡市生まれのさわやかなスルガエレガントをお試しください。
ページの先頭へ