静岡市立伝馬町小学校に行ってきました
2016年6月28日

「DIエコキャンペーン」から、「Daiichi-TVみらい環境クラブ」に名称変更した2016年度。これまで同様、社員による朗読会を行っていきます。
今年度最初に訪れたのは、静岡市立伝馬町小学校。静岡駅に近く、明治時代に創立された歴史ある学校です。ペットボトルや空き缶の回収、外部講師を招いての勉強会、動物園や美術館に出向いての課外授業など、身近なところから自然や環境について学んでいるそうです。
今回、朗読会に参加してくれたのは、6年生39人。高学年向け絵本「おおきくなったら」の朗読に真剣な表情で耳を傾けていた児童たち。しっかりとした意見を話してくれたのが印象的でした。
みらい環境クラブ朗読会は、今年度20の小学校・特別支援学校を訪問する予定です。


磐田市立田原小学校に行ってきました
2016年3月7日

今年度最後の朗読会に訪れたのは、磐田市立田原小学校。創立120年を超える伝統ある学校です。
自然豊かな太田川沿いにあり、磐田の象徴であるトンボで有名な桶ヶ谷沼が近くにあることなどから、環境に対する関心は高いようでした。
5年生48名が参加してくれた朗読会。朗読中は静かに聞いていた児童たちは、アナウンサーから質問をされると積極的に手を挙げてくれました。
環境クイズでは、普段に授業で環境問題について勉強している知識を活かし、みんなで意見交換しながら取り組んでいました。その熱心な姿に感銘を受ける会となりました。


県立西部特別支援学校に行ってきました
2016年2月9日

浜松市の北部、三方原台地にある県立西部特別支援学校。
昨年、創立50周年を迎えた同校は、小・中・高等部合わせ139人が学んでいます。
朗読会に参加してくれたのは、小学1〜6年の児童18名。絵本「おおきくなったら」を興味深げに聞いてくれました。
朗読後、活発に意見を発表してくれた児童たち。環境クイズでも大いに盛り上がりました。
学校ではペットボトルを利用して花を育てたり、身近な植物から命の大切さを学んでいるそうです。ごみ処理場の見学に出向くなど、環境教育を普段からおこなっているだけあって、意識の高さがうかがえました。これからも楽しみながら環境について知識を深めてもらえたらと思います。


静岡市立大里東小学校に行ってきました
2016年1月18日

海までおよそ300mの距離にあり、潮風香る静岡市立大里東小学校での朗読会。
海岸の清掃活動や林業体験など、色々な経験を通して「心豊かなたくましい子」を育成することを目指している学校です。
1年生42人が「おおきくなったら」、5・6年生87人が「おおきなけやき」の朗読に耳を傾けてくれました。
明るく元気にクイズや質問に取り組んだ1年生。
絵本のメッセージを的確に感じ取り、感想を話す5・6年生。
しっかりした考えや意見を持った児童たちとのふれあいに、大きな刺激をもらえた有意義な時間となりました。


磐田市立豊浜小学校に行ってきました
2016年1月12日

今回訪れたのは、磐田市ののどかな田園地帯にある豊浜小学校。
朗読会に参加してくれた5年生は、35人。
学校の中で最も人数が多い学年で、少ない学年は20人以下という少人数ですが、その分誰もが兄弟姉妹のような感覚でふれ合う暖かい雰囲気でした。
児童たちは、最初は恥ずかしがっていましたが、テレビ局の仕事に興味を持ってくれているようで、たくさん質問してくれました。
日頃から環境について学習しているそうで、関心の強さがうかがえる朗読会となりました。
これからも、素朴さや素直さを大切に成長してもらいたいです。


静岡市立北沼上小学校に行ってきました
2015年12月21日

静岡市の山間部にある北沼上小学校。
のどかな土地柄か、アットホームな雰囲気のある学校でした。
全校生徒41人が元気いっぱいの挨拶で出迎えてくれた、今回の朗読会。
杉岡アナの朗読を聞く際、目をキラキラさせていた児童たちは、積極的に絵本の感想を発表してくれました。
環境クイズでも普段の生活と照らし合わせ、自分たちはどうなのかと一生懸命に考えていた様子が印象に残っています。
帰りにお見送りしてくれる児童もいて、素敵な指導をしているんだなと実感しました。
身近に豊かな自然がある学校ですので、この朗読会が環境について考えを深めるきっかけになってくれたら嬉しく思います。


静岡市立足久保小学校に行ってきました
2015年12月15日

静岡の市街地から車で30分ほどの距離にある足久保小学校ですが、すぐ横には足久保川が流れ、周辺には茶畑も多い、自然豊かな山間の小学校でした。
朗読の時間はしっかり聞く、環境クイズの時は盛り上がる、元気な5年生の児童たち。メリハリのある皆さんの様子は、私たちにとっても楽しい時間を提供してくれました。
環境問題について大気汚染や地球温暖化などをテーマに、それぞれが積極的に調べ学習をしているそうで、その知識を活かしてしっかりとした考え方を発表してくれる児童が多いことにも、とても驚きました。
これからもその姿勢を大事にして、色々な分野に取り組んで行って欲しいと思います。


県立掛川特別支援学校に行ってきました
2015年12月10日

今回訪れたのは、今年4月に開校したばかりの県立掛川特別支援学校。
普段から、ごみの分別や電気をこまめに消すなど、エコ活動に取り組んでいるそうです。
日頃じっと座っていることも難しい児童もいるとのことでしたが、朗読が始まるとみんな集中して耳を傾けてくれました。
絵本の情景をよく理解し、お伝えしたい意図を汲み取ってくれていると感じました。
環境クイズでは、少し難しい内容にも興味を持ってくれたようで、うまく言葉に出来なくてもジェスチャーで表現してくれ、児童たちの思いがよく伝わってきました。
1年生から6年生まで、たくさんの児童たちとふれ合い、とても楽しい時間となりました。


掛川市立倉真小学校に行ってきました
2015年11月30日

粟ヶ岳にほど近く、自然豊かな土地にある掛川市立倉真小学校。
各学年10人前後と少人数ですが、児童たちは学年の隔てなく仲良しで、雰囲気のよさが印象的でした。
1〜3年生には低学年向けの「おおきくなったら」、4〜6年生には高学年向けの「おおきなけやき」の朗読を行いました。
豊かな自然を利用した体験学習を頻繁に行っているとのことで、環境に対する意識が高く、意欲的に耳を傾けてくれました。
全校生徒が大きな声で挨拶してくれたり、きれいに整列して朗読を聞いたり、クイズでの発言の多さなど、積極的な姿勢がうれしかったです。


藤枝市立稲葉小学校に行ってきました
2015年11月25日

瀬戸川の中流域に位置し、豊かな自然に囲まれた藤枝市の稲葉小学校。
今回、朗読会を行った2年生のクラスでは、メダカやイモリ、カブトムシなどの生物を育てていて、普段から自然を守る大切さを学んでいるそうです。
「おおきくなったら」の朗読後、生徒達からは「自然の話が聞けてよかった」「空き缶がリサイクルされてジャンボジェットになったことに驚いた」など様々な感想が聞かれました。
これからも、身の回りにある豊かな自然を大切にし手、伸びやかに成長してほしいです。


過去232-241件
過去222-231件
過去212-221件
過去202-211件
過去192-201件
過去182-191件
過去172-181件
過去162-171件
過去152-161件
過去142-151件
過去132-141件
過去122-131件
過去112-121件
過去102-111件
過去92-101件
過去82-91件
過去72-81件
過去62-71件
過去52-61件
過去42-51件
過去32-41件
過去22-31件
過去12-21件
過去2-11件
過去1-1件