静岡市立南藁科小学校に行ってきました
2016年11月7日

安倍川の近く、緑に囲まれた静岡市立南藁科小学校。
学校全体でエコ活動に取り組んでいて、給食に出た牛乳パックを洗ってリサイクルしたり、アルミ缶回収を行っているそうです。
朗読会に参加してくれたのは、2年生17名。永見アナウンサーの朗読に、目を輝かせて聞いていた児童たち。普段実践しているエコ活動について、たくさん発表してくれました。
環境クイズのコーナーでも熱心に考え、こちらが驚かせられるような知識を披露してくれる児童もいました。
リサイクルやマイ箸の習慣が、環境に優しいことを改めて実感してもらえる機会となってくれたようです。


浜松市立鴨江小学校に行ってきました
2016年10月24日

今回訪れたのは、浜松市の鴨江小学校。閑静な住宅街の中にあり、浜松西高校が隣接しています。
朗読会には5年生52名が参加してくれました。教室に入ると、大きな声で挨拶してくれた児童たち。アナウンサーの朗読を聞きながら、絵本のイラストが映し出されるモニターを食い入るように見ている様子が印象的でした。
朗読後に絵本の感想を聞くと、先日行ったという林間学校の感想もまじえて自然の大切さを話してくれました。環境クイズでも、水や食料の大切さについて積極的に意見を交わしていました。
元気いっぱいで授業の時間が終わっても、たくさんの質問を投げかけてくれました。


掛川市立原谷小学校に行ってきました
2016年10月18日

豊かな緑に囲まれた、掛川市立原谷小学校。校舎の屋根には太陽光パネルが設置されています。
日頃から自然の大切さに触れる機会が多い環境で学ぶ児童たち。今回の朗読会には、2年生と4年生合わせて68名が参加してくれました。
朗読を聞く時は、まじめに。環境クイズでは、明るくパワフルに意見を発表してくれました。
初めて知った知識に大きくうなずく児童たちの様子から、今まで以上に環境を大切にしなければいけないと気持ちを新たにしてくれたようで、私たちも嬉しくなりました。


浜松市立中瀬小学校に行ってきました
2016年10月3日

今回訪れたのは、浜松市の中瀬小学校。
毎年5年生が、天竜川で鮎の稚魚の放流を行っています。鮎が元気いっぱいに育っていけるように、児童たちは川の清掃活動にも力を入れているそうです。学校の廊下には、清掃活動に勤しむ児童たちの一生懸命な姿を写した写真が掲示されていました。
写真の横には「天竜川のゴミをなくすためには、どうすればよいか」と題し、環境保全に対する児童たちの思いが掲示されていました。
『「人があまりいないから、こんなに天竜川が広いのだから、捨てても問題ない」という思いが、天竜川をゴミでいっぱいにしている・・・』そんな言葉を綴っていた児童たち。環境に対する意識の高さを感じさせてくれた朗読会となりました。


富士特別支援学校に行ってきました
2016年9月27日

富士山のふもとにある、富士特別支援学校。雄大な自然に恵まれたこの地域で、知的障がいや運動機能障がいを持つ児童たちが学んでいます。
開校20年を超える同校には、車いすを使用している児童も多いため、スロープが設置されていることをはじめ、皆が快適に学校生活を送れるよう配慮された環境が整っています。
今回の朗読会には、高等部の100名が参加してくれました。素直で純粋な皆さんで、アナウンサーが朗読する絵本の世界にじっと入り込んでいる様子でした。
環境クイズでも、一緒に楽しみながら環境を大切にするヒントを学んでくれたようで、とても充実した時間となりました。


掛川市立和田岡小学校に行ってきました
2016年9月13日

茶畑や田んぼに囲まれた自然豊かな場所にある掛川市立和田岡小学校。
数年前から、アルミ缶やペットボトルのキャップ回収などリサイクル活動を行っています。その成果か、日頃から登下校や遠足の時に自発的にごみを拾う習慣がついているそうです。
6年生と4年生がこの日の朗読会に参加してくれました。児童たちは真剣な表情で伊藤薫平アナウンサーの朗読に聞き入っていました。
驚いたことに和田岡小学校は、朗読会当日にリオパラリンピック男子4×100メートルリレーで銅メダルを獲得した山本篤選手の母校なんです。去年、山本選手が学校を訪れて児童たちと交流したそうで、この日は小学校全体がお祝いムードに包まれていました。


掛川市立曽我小学校に行ってきました
2016年9月6日

夏休みが終わり、朗読会も再開となりました。
今回訪れた曽我小学校は、全学年1クラスずつでアットホームな印象を受けました。
4年生は、近くを流れる川の水質や生き物について調べたり、ごみの処理や再利用などを学んでいるそうです。
学校にも小さな池があり、メダカなどを飼育して授業に活かしています。
元気で明るい児童たちは、朗読にしっかりと耳を傾け、環境クイズでは自分の意見を積極的に発言していました。
また、テレビについて興味深々の児童たちは、アナウンサーにたくさん質問をしていました。楽しい時間になったようで、こちらも嬉しくなりました。


静岡市立北沼上小学校に行ってきました
2016年7月25日

今回訪問した北沼上小学校は、山や川に囲まれた自然豊かな地域にあります。
全校生徒48人と比較的小規模な学校ですが、環境に関する活動を積極的に行っています。
ペットボトルのキャップを回収して社会福祉協議会に寄贈したり、家庭から出た生ごみや伐採された竹から、たい肥を作って野菜を栽培しているそうです。
普段のエコ活動を説明してくれる児童たちの様子から、環境問題に対する意識の高さを感じました。
朗読会・環境クイズの後に、テレビ局の仕事についてもたくさん質問をしてくれました。


浜松市立船越小学校に行ってきました
2016年7月19日

浜松駅からほど近く、住宅街にある船越小学校での朗読会です。
グリーンカーテンや植物の栽培を通じて自然環境を学んでいる船越小学校。今回、朗読会に参加してくれた5年生も、地産地消の大切さや、「エコクッキング」と題して野菜の芯を最後まで使い切ったり、茹で汁を荒いものに使うなど、極力ごみを出さない調理方法を教わっています。
先生によると、夏休みには親子でエコな取り組みをするという宿題が出る予定だそうです。
日頃から環境・エコについて学ぶことが多い児童たちは、朗読した絵本への理解が深く、環境クイズでも実体験に基づいた意見をたくさん発表してくれました。


県立中央特別支援学校に行ってきました
2016年7月4日

今回は、静岡市葵区にある県立中央特別支援学校を訪れました。
朗読会に参加してくれたのは、1〜6年生までの20名。
学校の周りには豊かな自然があふれ、校舎の窓を覆うほど立派な緑のカーテンが育っていました。
朗読会を心待ちにしてくれていたようで、にこにこと笑顔で出迎えてくれた児童たち。
朗読の最中に大きくうなずいたり、楽しいところでは拍手をしたりと、素直な反応が見られました。
純粋な児童たちの姿に、こちらも心が温まる楽しい朗読会となりました。


過去242-251件
過去232-241件
過去222-231件
過去212-221件
過去202-211件
過去192-201件
過去182-191件
過去172-181件
過去162-171件
過去152-161件
過去142-151件
過去132-141件
過去122-131件
過去112-121件
過去102-111件
過去92-101件
過去82-91件
過去72-81件
過去62-71件
過去52-61件
過去42-51件
過去32-41件
過去22-31件
過去12-21件
過去2-11件
過去1-1件