浜松市立城西小学校に行ってきました
2010年3月1日

小学校1年生から6年生まで23人のみんなとエコについて勉強してきました。
最初は少し遠慮気味だった子どもたちも、朗読が終わって環境クイズやエコ実験コーナーが始まるころにはニコニコ元気に。上級生が下級生の面倒を見ながら仲良く参加してくれました。最後に朗読会と実験に関する感想を多くの子どもたちが発表してくれましたが、私たちのメッセージを一生懸命に受け止めてくれたのだなと嬉しくなりました。
豊かな自然に囲まれて育った、とても素直な子どもたちでした。


御殿場市立玉穂小学校に行ってきました
2010年2月15日

事故により東名高速道路が通行禁止となり約束の3時限目に間に合わずごめんなさい。そこで学校と相談して、4時限目に5年生・6年生合同での朗読会となりました。
高学年だけあってみんな環境問題への関心がとても高く、中には海面上昇で沈んでしまいそうな島国「ツバル」のことなども知っている子がいてびっくりしました。
朗読会には静かに耳を傾けてくれ、とてもやりがいがありました。一転、環境クイズでは元気いっぱい!積極的に発言し、集中して取り組んでくれました。
普段から空き缶拾いなどの清掃活動も行っているとのことで、学校が児童たちにエコ意識を持たせようとする姿勢が強く感じられました。


静岡県立東部特別支援学校伊豆下田分校に行ってきました
2010年2月9日

下田の学校ということでちょっと早めに会社を出ましたが、春のような陽気の中、ドライブを楽しみながら清々しい気持ちで学校に着きました。
今回は小学校1年生から中学校3年生まで一緒に朗読会を行いました。みんな仲が良く、熱心に耳を傾けてくれているのがわかり、鈴木アナウンサーも一層力が入ったそうです。実験コーナーやクイズにも積極的に手を挙げて参加してくれました。どうしてそう思ったのか意見を尋ねると、素直な気持ちをぶつけてくれたり、一生懸命に考えようとしてくれているのが伝わり、私たちもとても嬉しくなりました。
帰る時にも、玄関まで見送ってくれたり、車が見えなくなるまで手をふってくれたり、皆さんありがとうございました。


掛川市立西郷小学校に行ってきました
2010年2月1日

西郷小学校は太陽光発電の利用実験やグリーンカーテンなどにも取り組み、児童たちはこうした活動を通してエコや省エネといった考え方にもかなり親しんでいるように感じました。
3年生は、はつらつとしていて自分の意見を伝える能力に長けていました。少しシャイな4年生には、気持ちや考えを上手に伝える方法を青柳アナウンサーが自分の経験に基づいてアドバイスしました。参考になったかな?
3年生も4年生も、「朗読会」や「環境クイズ」などに活き活きと参加してくれました。「エコ実験コーナー」では鋭い質問もあったり、私たちが勉強になった場面もありました。
とても楽しく、有意義な時間を過ごすことができました。


三島市立南小学校に行ってきました
2010年1月26日

4年生と5年生の児童192名を対象に行いました。同じ「朗読会」でも学年によってリアクションが異なりますね。4年生はとっても元気。それに比べると5年生はちょっと大人だったかな。
朗読で使用しているオリジナル絵本「おおきくなったら」を知っている児童は少なく、鈴木アナウンサーの朗読が始まると、じっと耳を傾けてくれました。
中部電力協賛の「エコ実験コーナー」では、電気を作ることの大変さを実感することができたようです。
朗読や環境クイズ、実験コーナーなどを通して、環境を守ることの大切さについて、みんなで楽しく勉強しました。


静岡県立天竜特別支援学校に行ってきました
2010年1月18日

3年生から6年生までの児童7名を対象に行いました。同校では毎朝10分間の読み聞かせの時間があり、私たちが朗読会で使用しているオリジナル絵本「おおきくなったら」を知っている児童もいました。

那須アナウンサーの朗読が始まると、真剣な表情で静かに聞き入り、朗読後には全員から感想を聞くことができました。

中部電力特別協賛の「エコ実験コーナー」では発電実験にとても関心を示し、積極的に参加してくれて電気を作る大変さを実感していました。

7人という少人数での授業でしたが、みんなで明るく楽しくエコや電気について学べたので、これからの生活の中で少しでも役立ててもらえたら嬉しいですね。


磐田市立大藤小学校に行ってきました
2009年12月15日

1年生と6年生の2回に分けて朗読会を行いました。磐田の空っ風を吹き飛ばすような元気な声とはつらつとした笑顔が印象的な児童たちで、それぞれの学年の特色を感じながら話すことができました。絵本の朗読では、真剣な目でプロジェクターを見ながら耳を傾けてくれ、「エコ実験コーナー」になると児童たちの元気で積極的な一面も見せてくれました。学校では環境問題に関するさまざまな取り組みを行っているそうです。今日の朗読会をきっかけに、さらに身の回りの環境問題や電気の大切さについて理解を深め、自分たちにもできることを考えてくれれば嬉しいですね。


静岡県立東部特別支援学校伊東分校に行ってきました
2009年12月8日

今回は、小学生だけでなく中学生も対象にして出張朗読会を行いました。素直で明るくかわいい児童・生徒たちで、とても楽しい朗読会になりました。オリジナル絵本「大きくなったら」の朗読にはじっと耳を傾け、中部電力特別協賛の「エコ実験コーナー」にも大変興味を持ってくれました。自分の手の力で豆電球を点けたり、オルゴールを鳴らすことができるということが新たな発見になったようです。
先生方にとっても児童・生徒たちが今回の実験に大きな興味を持ったことが、教える側として新たな発見になったようでした。今回の朗読会がエコについて考えるきっかけになってくれたら嬉しいです。


静岡市立賎機中小学校に行ってきました
2009年11月30日

1年生から6年生までの全校児童を対象に、2回に分けて行いました。低学年の児童たちはこちらが何か伝えるたびにとても素直に反応し、終了後にも積極的に意見や感想を発表してくれました。高学年の児童たちも真剣に話を聞いてくれ、学ぼうという姿勢を強く感じました。
児童数が少なかったため「エコ実験コーナー」ではほとんどの児童が発電体験をすることができました。話を聞いて、見て、考えるだけでなく、体験することでより理解が深まったと思います。
環境保全の勉強にも力を入れているそうで、環境に関する知識が豊富で、難しい言葉も知っていて驚かされました。


浜松市立伊目小学校に行ってきました
2009年11月16日

浜名湖畔の1学年1クラスののどかな学校でした。5年生は元気が良くて、人懐っこい笑顔でポンポン反応が返ってきました。一方、6年生はじっくり考える大人しい印象を受けました。両学年とも一生懸命に話を聞いてくれ、環境に対する関心の高さがよくわかりました。「エコ実験コーナー」では、夢中になって楽しんでいる姿がとても微笑ましく、「こんなことあったよ」と家に帰って話してくれたらいいなと思いました。
風向きの関係で小学校近くの湖面にはゴミが集まりやすいそうです。今回の朗読会が身近な浜名湖の汚れについても考えるきっかけになってくれたら嬉しいなと思います。
伊目小学校は「ことば」を大切にする授業を展開しているとのことでしたので、今後も「エコ」も「ことば」も大切にしながら、楽しく学校生活を送ってください。


過去92-101件
過去82-91件
過去72-81件
過去62-71件
過去52-61件
過去42-51件
過去32-41件
過去22-31件
過去12-21件
過去2-11件
過去1-1件