伊東市立西小学校に行ってきました
2017年6月27日

今年度1回目は伊東市立西小学校に伺いました。この小学校は伊東市の中心部にあり、10年ほど前から5年生が主体となり、週一回のペースで海岸や地域を流れる松川、商店街などの清掃活動に取り組んでいます。
朗読会に参加したのは5年生55名で、まず山田桃子アナウンサーが、絵本「大きくなったら」を朗読すると、真剣に聞き入っていました。このあと、児童が取り組んだ清掃活動から、「ごみ箱を設置したらどうか」、「ポスターを貼ってごみを捨てないよう呼びかけたら」など、どうしたらごみが減らせるのかという提案をまとめ、発表しました。
子供たちの、自分たちの意思で物事に取り組む姿勢、提案を声に出していく真摯な姿が印象的でした。


静岡市立井宮北小学校に行ってきました
2017年3月6日

今年度最後となる朗読会に訪れたのは、静岡市立井宮北小学校。学校の近くには安倍川が流れています。
今回の朗読会には、6年生66名が参加。絵本「おおきなけやき」の朗読や、環境クイズを通して、普段何気なくしていること(マイ箸を使うことや給食を残さず食べることなど)が、環境保護につながっていると改めて認識してくれたようでした。
今年度のみらい環境クラブ朗読会は、20校を訪問し終了。これまでに計454校の小学校・特別支援学校を訪れ、のべ3万6000人以上の児童たちとふれ合いました。


三島市立錦田小学校に行ってきました
2017年2月21日

三島市の南東にある錦田小学校。近くに商店街があり賑わっています。桜の名所でも知られ、春にはきれいな桜が花を咲かせるそうです。
四季折々の自然を楽しめる恵まれた環境に育つ児童たちは、普段からリサイクル活動や生き物の観察を通して、環境保護を学んでいます。
この日の朗読会には、1年生84名・2年生67名が参加。藤原アナウンサーの朗読を、時に笑いながら、目を輝かせて聞き入っていました。環境クイズでは、日頃の経験を活かし、積極的に発言してくれました。


浜松市立下阿多古小学校に行ってきました
2017年2月13日

浜松市天竜区にある下阿多古小学校。近くに阿多古川が流れ、自然に囲まれた学校です。
豊かな心を育むため、学校内にとどまらず、積極的に地域社会や他校と関わる自然体験や社会体験に取り組んでいるそうです。
米作りや川に住む生物の生態を学ぶなど、児童たちは日常から自然に接しています。
朗読会には、1〜6年生までの74名に加え、下阿多古幼稚園の園児も加わり、にぎやかな会になりました。阿多古川が身近にあるためか、水についての関心が高いことが印象的でした。美しい自然と共に学ぶ児童たちのこれからの成長が楽しみです。


県立藤枝特別支援学校に行ってきました
2017年1月31日

藤枝市前島にある藤枝特別支援学校。小学部から高等部まで在籍しています。高等部では、紙パックを使って物作りの基礎を学ぶ授業を行い、今後は市内のファストフード店での職業体験も予定されるなど、社会の楽しさや厳しさを感じるための工夫をしているそうです。
この日の朗読会には、小学部の1年生から6年生まで80名が参加してくれました。とてもにぎやかで、元気いっぱいに挨拶をしてくれたり、朗読中も登場人物の動きなどに細かく反応してくれました。
思うように言葉に出来なくても、精一杯自分の思いを表現しようとする児童たちの姿に心打たれました。


静岡市立葵小学校に行ってきました
2017年1月23日

駿府城公園のすぐ近くにある静岡市立葵小学校。城内小学校と青葉小学校が統合され平成19年に開校した、まだ新しい学校です。
普段から節水や節電を心掛け、ペットボトルのキャップを集めてリサイクルする「エコキャップ運動」にも取り組んでいます。
今回の朗読会には、5年生100人が参加。永見アナウンサーの朗読を熱心に聞き入っていました。
環境クイズでは、積極的に意見を出してくれた児童たち。質問コーナーでも環境に対する質問が数多く出て、意識の高さが感じられました。朗読会を機に、さらに環境問題への興味を深めてくれたら嬉しく思います。


県立天竜特別支援学校に行ってきました
2016年12月19日

浜松市天竜区の丘陵地にある県立天竜特別支援学校。南に遠州平野、北に赤石山脈をのぞむ自然に恵まれた学校です。
小学部から高等部まで100名あまりが在籍していて、この日の朗読会には、小学部14名が参加してくれました。
静かに朗読を聞いてくれた児童たち。環境クイズでは、友達同士で話し合いながら答えを考えていました。答え合わせの後の説明を一生懸命うなずきながら聞いてくれた様子が印象的でした。
朗読会の終わりに環境について考えることや、夢に向かって頑張ることを手紙にして読んでくれ、とても嬉しい気持ちになりました。


沼津市立大平小学校に行ってきました
2016年12月5日

狩野川沿いに建つ沼津市立大平小学校。かつて狩野川台風で大きな被害にあった地区にあるため、水害など環境問題の教育に力を入れているそうです。
児童たちはみんな明るく、下駄箱や教室のロッカーなどがきちんと整理整頓されていました。
授業で「伝える」ということを学んでいる最中ということで、絵本の朗読に耳を傾けるだけではなく、アナウンサーの声量や音の高低、声色や目線まで細かく観察していました。
「世界には、飲み水や食事を十分に取れない人がいるのだから、日々の生活を見直したい」と多くの児童が話してくれました。


沼津市立第五小学校に行ってきました
2016年11月28日

沼津市立第五小学校での朗読会には、5・6年生合わせ160人もの児童たちが参加してくれました。
普段ペットボトルを回収したり、夏場にグリーンカーテンを利用するなどのエコ活動に取り組んでいるそうです。
高学年だけに、感想も的を得ていて、自分の意見だけでなく、仲間の意見にもきちんと耳を傾けているところが素晴らしいと感心させられました。
今回をきっかけに、あらためて環境問題への意識を高めてくれたら嬉しく思います。


森町立三倉小学校に行ってきました
2016年11月14日

森町の三倉小学校は、校舎の周りに川や畑、田んぼがあり、豊かな自然に囲まれています。
全校生徒合わせて18人。少人数ですが、1年生から6年生までみんな仲良く、明るくのびのびと学校生活を送っているのが伝わってきました。
授業が始まる前から大きな声で挨拶をしてくれたり、話しかけてきてくれたりと大歓迎してくれた児童たち。朗読が終わって感想を聞くと、大半が手を挙げる積極性が目立ちました。
環境クイズには、先生も参加。アットホームな雰囲気の中で、楽しい時間を過ごしました。
テレビについても興味津々。たくさんの質問が出て、私たちの仕事に興味を持ってくれたことを嬉しく感じました。


過去252-261件
過去242-251件
過去232-241件
過去222-231件
過去212-221件
過去202-211件
過去192-201件
過去182-191件
過去172-181件
過去162-171件
過去152-161件
過去142-151件
過去132-141件
過去122-131件
過去112-121件
過去102-111件
過去92-101件
過去82-91件
過去72-81件
過去62-71件
過去52-61件
過去42-51件
過去32-41件
過去22-31件
過去12-21件
過去2-11件
過去1-1件