口永良部島・新岳噴火災害に対し義援金500万円を贈呈しました

2015年06月16日

2015年5月29日に発生した鹿児島県屋久島町口永良部島「新岳」の爆発的噴火により、噴火警戒レベルが5に引き上げられ、鹿児島県は「災害救助法」を適用しました。口永良部島の全島民は島外へ避難しましたが、新岳は火山活動の高まった状態が継続している状況で、避難生活の長期化が懸念されています。

このため「公益社団法人24時間テレビチャリティー委員会」では、国内災害緊急援助として、被災地の復興に役立てていただくため、鹿児島県に義援金500万円を贈呈することを決め、6月15日鹿児島県庁にて、鹿児島讀賣テレビの小湊義房代表取締役社長から鹿児島県の伊藤 祐一郎県知事に対し500万円の目録が手渡されました。

富士山ごみ減量大作戦(2015年6月27日)の参加者募集が始まりました!

2015年06月02日

静岡第一テレビ24時間テレビチャリティー委員会が静岡県、富士市、ふじさんネットワークと共催で実施する「富士山ごみ減量大作戦(6月27日土曜日開催)」の参加者募集が、静岡県のHPで始まりました!

「参加者募集」

ネパール大地震 緊急募金受付開始

2015年04月28日

4月25日、ネパールで発生した大地震の被害に対し、24時間テレビチャリティー委員会は昨年お預かりした募金の中から、「日本赤十字社」と「認定NPO法人ジャパン・プラットフォーム」へそれぞれ1,000万円、総額2,000万円の災害緊急支援金を拠出することを決定致しました。

また、被害の拡大に鑑み、緊急募金の受け付けを開始致しました。詳細は公益社団法人24時間テレビチャリティー委員会のホームページをご覧ください。

ネパール大地震緊急募金受付開始!

富士山ごみ減量大作戦を実施しました

2015年02月07日

24時間テレビ環境保護支援事業「冬の富士山ごみ減量大作戦」を実施しました

2月7日(土)、ボランティア49名とスタッフ34名の総勢83名が5班に分かれて、静岡県富士宮市粟倉周辺・国道469号線や県道沿いのポイ捨てごみを回収しました。回収したごみの量は軽トラック5台分、260s(可燃ごみ180s・不燃ごみ80s)でした。

活動を始めた9年前に比べれば大幅に減りましたが、まだまだこの程度の量が集まります。ほとんどは車から投げ捨てられたもので、ドライバーや同乗者のマナー向上を願うばかりです。

世界文化遺産の名に恥じない「富士山」を次代に引き継いで行きたいですね!

24時間テレビ37愛は地球を救う-福祉車両贈呈式を行いました

2015年01月29日

24時間テレビ37「福祉車両贈呈式]  2015年1月29日

公益社団法人24時間テレビチャリティー委員会の決定を受けて、2015年1月29日(木)、静岡第一テレビ本社で静岡県内の団体への福祉車両贈呈式が行われました。

今回は、社会福祉法人や非営利活動法人など県内10団体に、リフト付きバス4台、スロープ付き自動車5台、福祉サポート車1台が贈呈されました。

贈呈車両および贈呈先は以下の通りです。

◇福祉サポート車(1台)
 ・特定非営利活動法人 ゆい佐久間 様
◇リフト付きバス(4台)
 ・社会福祉法人 大須賀苑 様
 ・特定非営利活動法人 インクルージョン志太 様
 ・社会福祉法人 富士厚生会 様
 ・社会福祉法人 松風 様
◇スロープ付き自動車(5台)
 ・特定非営利活動法人 泉の会 様
 ・特定非営利活動法人 エヌ・ピー・オー ライフケア浜松 様
 ・社会福祉法人 富岳会
 ・社会福祉法人 藤枝すみれ会 様
 ・社会福祉法人 誠信会 様

24時間テレビ38 障害者スポーツ支援-「バスケットボール用車椅子」寄贈申し込み募集開始!

2015年01月13日

24時間テレビチャリティー委員会では、2014年から福祉支援事業の一環として障害者スポーツ支援を行っています。

この支援を通して、国内の障害者スポーツに対する関心を高め、広くその普及・振興に寄与すること、また、次世代の人材育成の一翼を担うことを目指しています。

第1弾は、全国16名の方に「スポーツ用義足の贈呈」を行いました。そして、第2弾として、「車椅子バスケットボール」に対する支援を行うことになりました。申し込み方法や対象など、詳しい内容につきましては、以下をご参照ください。

「バスケットボール用車椅子寄贈申し込み募集」

24時間テレビチャリティー委員会は、これまでスポーツに接する機会が少なかった方や将来大きな大会を目指そうとしている方まで幅広い方を対象に、今後もさまざまな障害者スポーツに目を向け、長期的な支援を行ってゆきます。

24時間テレビ37「愛は地球を救う」募金配分計画がまとまりました

2014年12月01日

去る11月14日に開かれた公益社団法人24時間テレビチャリティー委員会社員総会において、今年度の募金総額が報告され、また、お預かりしました募金の配分計画が決まりましたので、以下の通り、概要を報告させていただきます。

<募金総額>(期間:平成25年10月1日〜平成26年9月30日)
全国 9億3,695万5,640円
県内 3,900万9,495円
過去37回の累計
全国 348億1,059万2,095円
県内 10億1,793万4,370円
※だいいちテレビは2回目から参加したので、過去36回の累計です。

<募金配分計画>
昨年度からの繰越金をプラスした今年度の拠出可能額12億2,135万7,184円は、
以下のように配分されます。

1.公益目的事業@「福祉支援」 738,592,184円(60.47%)
@福祉車両贈呈 668,748,538円
  リフト付きバス、スロープ付き自動車等 合計215台
A福祉サポート車贈呈 41,643,646円
  移動販売車、トラック等 合計23台
B身体障害者情報保障支援 1,200,000円
  補助犬普及支援、視聴覚障害者支援等
C難病患者支援 9,000,000円
  難病の子ども支援全国ネットワーク等
D障害者スポーツ支援 18,000,000円
  スポーツ用義足、車いすバスケットボール等
※上記@Aには、登録手数料等諸経費及び日産自動車からの現物寄付2台を含む

2.公益目的事業A「環境保護活動支援」 17,000,000円(1.39%)
  清掃活動、里山里海保全活動、自然教室、植樹等 17,000,000円
3.公益目的事業B「災害復興支援」 465,765,000円(38.14%)
@東日本大震災被災地復興支援 251,000,000円
  岩手県、宮城県、福島県
A被災地車両支援 163,765,000円
  福祉車両及び復興支援車両 合計45台
B自然災害緊急支援準備金 51,000,000円
  義援金・救援物資・活動等

<福祉車両の贈呈>
車種 全国贈呈台数(その内静岡県内贈呈台数)
リフト付きバス  115台(4台)
スロープ付き自動車 116台(5台)
入浴車 16台(0台)
電動車いす 13台(0台)
福祉サポート車 23台(1台) 
合計 283台(10台)

募金贈呈式が行われました

2014年11月18日

11月18日(火)、イオングループが静岡県内24社466店舗で皆様からお預かりした募金12,997,393円を、静岡第一テレビ24時間テレビチャリティー委員会に寄付しました。

静岡第一テレビ本社で行われた贈呈式では、イオングループを代表してマックスバリュ東海株式会社の神尾啓治社長が、同委員会の佐藤三千男委員長に目録を手渡しました。

イオングループ様には、28回(2005年)から、全国で募金にご協力いただいています。

「秋の富士山ごみ減量大作戦」を実施しました

2014年11月01日

24時間テレビ環境保護支援事業「秋の富士山ごみ減量大作戦」を実施しました

11月1日(土)、ボランティア53名とスタッフ40名の総勢93名で、静岡県裾野市須山・国道469号線沿いのポイ捨てごみを回収しました。回収したごみの量は軽トラック4台分、240s(可燃ごみ120s・不燃ごみ120s)でした。

活動を始めた8年前に比べれば大幅に減りましたが、まだまだこの程度の量が毎回集まります。ほとんどは車から投げ捨てられたもので、ドライバーや同乗者のマナー向上を願うばかりです。

世界文化遺産の名に恥じない「富士山」を次代に引き継いで行きたいですね!

24時間テレビ37「愛は地球を救う」 寄附金総額のご報告

2014年10月07日

今年8月30日(土)から31日(日)に放送された「24時間テレビ37『愛は地球を救う』」を中心として、2013年10月1日から2014年9月30日までの1年間に、全国の皆様からお預かりしました寄附金の総額は9億3,695万5,640円、その内、静岡県内では3,900万9,495円でした。

皆様からお預かりしました寄附金は、経費を一切差し引くことなく、全額を福祉・環境・災害復興などの支援事業に活用させていただきます。温かいご支援・ご協力に感謝いたします。ありがとうございました。

今年度の寄附金の使途については、11月14日(金)に予定されている「公益社団法人24時間テレビチャリティー委員会社員総会(全国会議)」において提案され、審議されます。

株式会社静岡第一テレビ 24時間テレビチャリティー委員会

過去の31 - 41件