牧之原市 ヒーロー姿で福祉伝える

この記事をシェア

  • LINE
静岡2020.11.21 12:24

牧之原市の高齢者施設の運営者が、ヒーローのいで立ちで小学校を訪問し、福祉の大切さを伝える活動を続けている。11月12日、牧之原市の小学校に現れたのは、高齢者福祉施設を運営する、石津道弘さん扮する「福祉マン」で、「ありがとう」「大丈夫?」の声掛けがみんなを幸せにしてくれると話した。石津さんは、福祉は「普段の暮らしの幸せ」を感じられることで、当たり前のようにできる生活をできない人がいることを知ってほしいと思っている。