沼津女子大生刺殺 強い殺意か

この記事をシェア

  • LINE
静岡2020.06.29 20:58

6月27日、沼津市で女子大生が刃物で刺され死亡した事件で、殺人容疑で送検された男が馬乗りになって襲っていたことがわかった。

フードをかぶりうつむきながら歩く男。6月29日朝、殺人容疑で送検されたのは三島市の大学生堀藍容疑者(20)だ。

事件があったのは6月27日午後1時過ぎ、沼津市内の路上で大学生の山田未来さん(19)を刃物で刺して殺害した疑いがもたれている。

現場はJR沼津駅から約20キロ離れた海岸沿いにある住宅街。

近所の人によると山田さんは事件直前まで近くのコンビニでアルバイトをしていた。馬乗りになって何度も刺していたという目撃証言もあり、警察は堀容疑者が山田さんを待ち伏せしていたとみている。

山田さんの死因は失血死で数か所の深い刺し傷があり警察は堀容疑者が強い殺意を持って襲ったとみている。

堀容疑者は三島市内の飲食店でアルバイトをしていて従業員によると「勤務態度はまじめでおとなしかった」という。

2人は同じ大学に通っていたと見られていて、警察が詳しい関係性を調べている。

また、堀容疑者は容疑を認めているという。

山田さんの父親は警察を通じて「まだ心の整理がつかず非常にとまどい混乱している」とコメントしている。