母親の遺体放置の疑いで息子を逮捕

この記事をシェア

  • LINE
静岡2020.03.26 13:33

静岡市清水区で、母親の遺体を自宅に3年間放置した疑いで、57歳の息子が逮捕された。
逮捕されたのは、住所不定・無職の鈴木勝哉容疑者。鈴木容疑者は2016年11月ごろ、当時住んでいた清水区内のアパートで、同居する母親が死亡したあと、3年間遺体を放置した疑いがもたれている。
鈴木容疑者は「どうしていいのかわからなかった」と話しているという。