東静岡駅「文化力の拠点」建設 一部白紙に

この記事をシェア

  • LINE
静岡2020.01.14 22:41

県が東静岡駅南口に建設を予定している「文化力の拠点」施設について14日、川勝知事は「白紙」に戻すのが正しいと話した。「文化力の拠点」とは県が東静岡駅南口に建設を予定しているもので図書館や「AI・ICTの拠点」施設、飲食店の整備などを検討している。一方、整備費用が230億円から270億円と莫大であることなどから県議会の一部会派は慎重な姿勢を示しているため川勝知事は14日、計画の一部を「白紙」にする考えを明らかにした。今後は、図書館を中心に必要な施設や機能を県議会各会派が立ち上げたプロジェクトチームで話し合い、計画を立て直す方針。