【新型コロナ】静岡県内で31人の感染確認 浜松医療センターでクラスター発生

この記事をシェア

  • LINE
静岡 2021.02.23 19:06

23日、県内では新たに31人が新型コロナに感染したと発表された。また浜松医療センターで新たなクラスターが確認されている。


23日、県内では浜松市で23人、三島市で4人など計31人の感染が発表された。浜松市の浜松医療センターは、クラスターが発生したと発表し、会見を開いた。22日夕方、職員1人が体調不良を訴え、検査で感染が確認された。これを受け、同じ病棟の職員や入院患者計252人を検査したところ、これまでに医療従事者2人、患者4人への感染が確認されたという。このうち患者3人は同じ大部屋に入院していた。一方、感染した医療従事者2人はコロナ専門病棟への出入りはなく、外部からウイルスが持ち込まれた可能性があるという。

浜松医療センターでは最大2週間、新たなコロナ患者の受け入れを停止し、数日おきに関係者の検査を行い、収束を図ることにしている。感染は特定の病棟に限られているとして、外来診療は通常通り行う予定だ。

このほか、浜松市はクラスターが発生した「ミヤキ第2工場」で、新たに従業員やその家族ら17人の感染を発表し、関連する感染者は36人となった。