受験シーズンで話題 大井川鉄道の”合格駅”

この記事をシェア

  • LINE
静岡 2021.01.13 22:06

受験シーズンが到来し、島田市の金谷地区には合格祈願をする人が続々と訪れている。その理由とは?

島田市では去年、大井川鉄道の新駅「門出駅」が誕生。また、五和駅は「合格駅」に改名し話題となった。いま、この縁起のいい駅が並ぶ金谷エリアを「縁起のいい地区」としてPRしようとしている。

門出駅の商業施設、KADODEOOIGAWAにある観光案内所では、昨年末から合格祈願グッズを販売して話題に。利用客は「孫が高校受験。寒さを乗り切って、コロナを乗り切って頑張ってもらおうと思って」と話していた。

中でも、大井川鉄道のレールのすべり止めに使われている「すべらない砂」や、「合格駅」から「門出駅」ゆきの切符のような焼きかまぼこなど、ユニークなグッズが売れている。

島田市観光協会の岡村歩さんは「受験生のお孫さんや親戚の子に送ると買っていく人が非常に多い。」と話す。島田市観光協会では駅を起点に周遊してもらおうと合格祈願スポットを紹介している。岡村さんは、「ここをスタートして、市内の素晴らしいスポットを周遊していただくということで案内していけたらいい。」と話している。

そのうちのひとつ合格駅には…「子どもが高校受験で、子どもに内緒で合格祈願に夫婦できた」という人の姿も。駅舎はまるで、合格祈願の観光スポット。訪れた受験生がノートに志望校合格の願いをつづっていた。

また旧東海道金谷坂石畳の「すべらず地蔵尊」は、すべらない石畳にちなみ、毎年多くの受験生が訪れる。今週末には感染予防のため規模を縮小して合格祈願祭が行われる。線路のように長く続いた受験勉強も残りわずか。合格まで、あと一駅だ!