全国のニュース

【震度5弱】玄海原発、異常なし

原子力規制庁によりますと、佐賀県玄海町にある玄海原発について、九州電力から地震による施設への異常はないとの連絡が入っているということです。また、モニタリングポストの値に異常な変動は見られないということです。 一方、鹿児島県薩摩川内市にある川内原発については、今のところ九州電力から施設への異常があったとの連絡は入っていないほか、モニタリングポスト値については、異常な変動は確認されていないということです。

2022.06.26 22:25

【地震影響】川内原発、異常なし

原子力規制庁によりますと、震度1の揺れを観測した鹿児島県薩摩川内市にある川内原発は、地震による施設への影響はなく、モニタリングポストの値も異常な変動は確認されていないということです。 一方、佐賀県玄海町にある玄海原発では、地震による揺れは観測しておらず、施設への影響はないほか、モニタリングポストの値も異常な変動は確認されていないということです。

2022.06.26 22:42

定食店兼住宅が全焼…けが人なし 静岡市駿河区

26日午後、静岡市駿河区で、定食店を兼ねた住宅を全焼する火事がありました。 現場の映像からは、大量の黒い煙が出て、建物の中から炎が噴き出している様子がわかります。 消防などによりますと、26日午後4時半ごろ、静岡市駿河区大谷の「定食屋まるやま」から火が出ました。火は、この建物を全焼するなどして、およそ3時間後に消し止められました。 火が出た当時、この建物は無人で、けが人はいないということです。 目撃者「気が付いたら煙が上がっていて、外に出たらボンボン音が鳴っていた」 現場は、静岡大学静岡キャンパスの近くにあり、学生らが通う定食店を兼ねた住宅だったということです。 警察と消防が火が出た原因を調べています。

2022.06.26 22:14

13歳少女も被害、ロシア兵による性暴力相次ぐ 数千人にのぼる可能性も

侵攻が続くウクライナで、ロシア軍による「性暴力」が報告されています。13歳の少女が被害を受けたケースもあったということです。 ウクライナの人権団体「ラ・ストラーダ・ウクライナ」には、ことし4月から今月21日までのおよそ2か月半で、ロシア軍による性暴力の相談が18件よせられました。 最年少は13歳の少女で、民家の地下シェルターでロシア兵から性暴力を受けたほか、母と娘が交互にレイプされたケースもありました。 団体によると、ロシア兵は性暴力を行う際、「静かにしないと親戚を殺す。黙っていれば何もしない」と脅すのが特徴だということです。 団体側が相談を受けた18件のうち、当局による捜査が進んでいるのは2件にとどまっています。 人権団体「ラ・ストラーダ・ウクライナ」カテリーナ副代表 「(被害者が)電話ではなく対面で自分が性暴力されたと(捜査当局に)伝えることは、一番難しいステップです。」 人権団体の担当者は、性暴力の被害者は数千人にのぼる可能性があるとみています。

東京 2022.06.26 21:54

熊本美里町で震度5弱 津波の心配なし

気象庁によると、26日午後9時44分ごろ、地震があった。震源地は熊本県熊本地方。震源の深さは10キロ。地震の規模を示すマグニチュードは4.7と推定。この地震による津波の心配なし。 震度5弱を観測したのは、熊本美里町。 震度4を観測したのは、熊本西区、熊本南区、八代市、山鹿市、宇城市、嘉島町、益城町、甲佐町、氷川町。 震度3を観測したのは、嘉麻市、熊本中央区、熊本東区、熊本北区、玉名市、菊池市、上天草市、合志市、和水町、大津町、菊陽町、熊本高森町、西原村、南阿蘇村、御船町、山都町、延岡市、椎葉村。

2022.06.26 21:52

日本の海を守るため…ベールに包まれた「P-1哨戒機」緊迫の訓練に初の同行取材

日本の周辺海域で近隣諸国の海軍の活動が活発化する中、日々その警戒・監視を行っているのが海上自衛隊の「P-1哨戒機」です。 今回、バンキシャ!はメディアとして初となる潜水艦の捜索訓練に同行取材しました。 ベールに包まれた機内、そして緊迫の海上パトロール任務の様子を伝えます。 (6月26日放送『真相報道バンキシャ!』より。詳しくは動画をご覧ください)

東京 2022.06.26 21:42

参院選それぞれの一票「投票しないと文句も言えない」「意味ないかも…」――若者のホンネを聞く

7月10日に投開票を迎える、参議院選挙。政治に興味がないという若者たちにも投票の大切さを呼び掛けようと、長澤まさみさんら俳優やアーティスト26人が参加した動画も公開されています。 新型コロナに物価高騰など、息苦しい暮らしが続く今、若い世代は投票についてどう考えているのでしょうか、街で「ホンネ」を聞きました。 (6月26日放送『真相報道バンキシャ!』より。詳しくは動画をご覧ください)

東京 2022.06.26 21:35

まれに見る“超乱打戦” ヤクルト-巨人3連戦で『67点』 SNSでは「本当に野球か?」の声

24日から始まったヤクルト対巨人の3連戦は、まれに見る超乱打戦となりました。 初戦が16-6(ヤクルト勝利)、2戦目が19-5(巨人勝利)で迎えた3戦目。 この日も初回から得点が大きく動く展開となり、7回を終えた段階で8-8となります。 試合を決めたのはヤクルトの4番村上宗隆選手。8回、1アウト1、3塁のチャンスで巨人・平内龍太投手からバックスクリーンへの26号3ランHRで勝ち越しに成功しました。 9回には、巨人・重信慎之介選手が2点タイムリーを放つなど、最後まで得点が生まれる手に汗握る展開でしたが、ヤクルトの守護神・マクガフ投手がしめてゲームセット。3日間の乱打戦をヤクルトが制しました。 この3連戦で両チーム合計『67得点、87安打、18本塁打』。 あまりの得点の多さにSNSでは「本当に野球か?」「何の試合だよ??」「神宮だけ別のスポーツやってる」など、驚きのコメントが多数見られました。 またこの3連戦で最も打点を挙げたのがヤクルト・村上選手の9打点。巨人は岡本和真選手がチームトップの7打点をあげています。 【ヤクルト-巨人3連戦】 <結果> 24日 ヤクルト 16-6巨人 25日 ヤクルト 5-19巨人 26日 ヤクルト11-10巨人 <安打数> ヤクルト 42本 巨人   45本 <本塁打数> ヤクルト 9本 巨人   9本

東京 2022.06.26 19:35

【新型コロナ】全国で1万4238人感染確認 12人死亡

東京都内で26日、新たに2004人の新型コロナウイルスへの感染が確認されました。 東京都内の新規感染者は2004人で、9日連続で前の週の同じ曜日の人数を上回っています。直近7日間の感染者数の平均は2018.0人で、前の週の125.9%となり増加傾向が続いています。 都の担当者は「暑い日が続き窓を開けることに抵抗があると思うが、家庭内ではこまめに換気を行ってほしい」と呼びかけています。 一方、新たに男性1人の死亡が確認され、従来の都の基準による重症者は前日と変わらず3人でした。 NNNの集計による全国の新規感染者は1万4238人で、亡くなった方は12人報告されました。

東京 2022.06.26 21:18

6月なのに「異例の猛暑」 列島困惑…電気代高騰でエアコン我慢、遊園地の"ヒーロー"も汗だく

東京都心では統計開始以来、6月としては初めて2日連続の猛暑日を記録。この"異常な暑さ"は電力にも影響を及ぼし、政府は27日、東京電力管内で電力需給が厳しくなる見通しだとして、初の「電力需給ひっ迫注意報」を発令しました。この厳しい暑さで振り回される人たちを取材しました。 (6月26日放送『真相報道バンキシャ!』より。詳しくは動画をご覧ください)

東京 2022.06.26 21:10

【あすの天気】東北南部~九州・沖縄にかけ30℃以上の厳しい暑さに

◎あすの全国の天気 北海道と東北の日本海側は雨で、大雨になる所もあるでしょう。東北の太平洋側から関東、東海にかけては強い日差しが照りつけそうです。ただ、こちらも午後は所々で雷雨があるでしょう。 西日本は、晴れたり雨が降ったりと変わりやすい天気になりそうです。 ◎あすの予想気温 朝の最低気温は西日本で前日より高い傾向です。25℃前後で熱帯夜になる所も多いでしょう。 東日本は22~24℃くらい、金沢は26℃で朝から暑いでしょう。 東北は23℃くらい、札幌は20℃の予想です。日中の最高気温は九州から東北南部にかけて前日と同じくらいで、厳しい暑さが続きそうです。 大阪と名古屋は33℃、東京は3日連続の35℃以上になる見込みです。熊谷は38℃まで上がるでしょう。仙台も34℃と厳しい暑さになりそうです。 一方、東北北部と北海道は前日より低く、札幌は24℃の予想です。 ◎週間予報 ・札幌~名古屋 関東や東海はこの先も強い日差しと猛烈な暑さが続きそうです。週後半は東京や名古屋で35℃以上、名古屋は37℃という予想も出ています。一方、北海道と東北北部は7月1日(金)頃にかけて雨が続き、29日(水)頃は大雨になるおそれもあります。 ・大阪~那覇 この先は梅雨明けしたかのような夏空と暑さが続く予想です。28日(火)以降は比較的安定して晴れますので、異例の早さの梅雨明けとなるかもしれません。

東京 2022.06.26 20:55

熊谷プロ初のサヨナラ打 阪神 矢野監督「一番顔のいい(熊谷)敬宥が決めてくれた」「必死にやってくれるやつが打ってすごくうれしい」

◇プロ野球 セ・リーグ 阪神6x-5中日(26日、甲子園球場) サヨナラ勝ちで3連勝した阪神、矢野燿大監督が試合後のインタビューで試合を振り返りました。 中日との3連戦最終戦は、5対5で迎えた延長11回裏。 2死3塁2塁から熊谷敬宥選手がサヨナラタイムリーを放ち、3連勝を飾りました。 以下、矢野監督試合後のインタビュー ーーー試合を振り返って 「最後、現状脇役になっている(熊谷)敬宥が決めて、誰が決めてくれてもうれしいんですけど、必死にやってくれるやつが打ってくれるのはすごくうれしい」 ーー大山悠輔選手を避けて、熊谷選手との勝負を選ぶ、どんな思いで見つめていた 「逆の立場でそうしていると思っていましたし、敬宥も振っていたので、気持ちでは前に向いたスイングをしていた。なんとかしてくれという思いで、全員の思いを敬宥が形にしてくれてうれしいです」 ーー佐藤選手のバックホームも守りでも勝った試合 「普段から俺たちの野球を言っていて。その中に全員野球は大事な部分ではある。そういうものを全員でつないで勝てた、チームのムードも盛り上がっていきますし、こういう試合が僕たちの野球なので、改めて、こういう試合をしてくれた選手たちに感謝しています」 ーー勝ち切った意味 「折り返しで、また金土日、中日と戦いますし、またうちが広島と苦しい試合の中で引き分けで3連勝でいけたというのは、火曜日からもつながる。そういうところではすべて大きい。全員がなんらかの形で絡んでいるというのが、チーム全体でのっていける勝ち。引き分けと勝ちでは全然違いますし、みんなよくやってくれました」 ーー満員のお客さん、ファンの笑顔、勝つっていいですね 「コロナ禍でなかなかそういうことがなくなってきましたけど、最近は入っていただいてますし、今年に入って満員の中で野球をやれる。それが僕たちの励みになりますし、今日はトラコデーで一番顔のいい敬宥が決めてくれたというのは、ファンのみなさんも喜んでくれると思いますし、いいヒーローインタビューにしてもらいたいなと思いますけど」 ーーあさってからビジターの試合、今後に向けて 「あきらめない、超積極的、全員一丸、ピンチはチャンス。諦めない野球が今日につながったと思いますし、それが僕たちの野球。こういう野球を火曜日からもやっていきます」

東京 2022.06.26 19:53

8回貴重な同点打の阪神・中野 女性ファンからの質問に「塁上での“うなぎポーズ”がはやっています」

◇プロ野球 セ・リーグ 阪神6×-5中日(26日、甲子園球場) 阪神は延長11回、熊谷敬宥選手のサヨナラタイムリーで3連勝となりました。 中野拓夢選手は2点ビハインドの8回、2アウト2,3塁のチャンスで打席に入ります。 中日・ロドリゲス投手のストレートに詰まりながらもレフト前へ試合を振り出しに戻す2点タイムリーヒットを放ちました。 試合後はヒーローインタビューだけでなく、女性阪神ファンからのインタビューにも答えました。 ▽以下、中野拓夢選手のヒーローインタビュー ――初回に3点入ったがその後は中々点が入らず、(8回のチャンスは)どんな気持ちでバッターボックスに入ったか? 「自分の役割は後ろのバッターにつなぐことだと思っていたので、なんとか強い気持ちで打席に入った結果、いい所に打球が飛んだかなと思います」 ――8回のタイムリーがサヨナラにつながりました。ベンチから見ていて熊谷選手のサヨナラ打はどうだったか? 「本当は前の回に自分が決めたいところでしたが決められなかったので、「熊谷さんお願い」という気持ちでベンチから見てました」 ――今日は猛打賞、阪神の1番としては? 「まだ一番バッターになりきれていないと思うので、ファンのみなさんにも認めてもらえるような一番バッターになりたいと思います」 (女性ファンからの質問) ――選手の間ではやっていることはありますか? 「タイムリーやヒットを打ったときに塁上でうなぎポーズするのが選手の中ではやっています」 ――暑さに負けない秘けつは? 「よく食べてよく寝ることだと思います」

東京 2022.06.26 20:02

ソフトバンクの和田毅・グラシアル・野村勇ら5人に新型コロナ陽性の疑い

プロ野球・ソフトバンクは26日、和田毅投手・グラシアル選手・野村勇選手・本多雄一1軍内野守備走塁コーチ、スタッフ1名の計5人が、新型コロナウイルス陽性の疑いがあることを発表しました。 本日26日にスクリーニング検査にて陽性の疑いがあり、5名は現在、自主隔離対応中とのことです。 また濃厚接触の疑いがある杉山一樹投手、正木智也選手とスタッフ1名については、スクリーニング検査において陰性を確認されていますが、自主隔離をするとのことです。 今後の活動について、上記以外の1軍選手・コーチ・スタッフについては、スクリーニング検査において陰性、および体調不良者はいないことを確認できており、予定通りのチーム活動を継続。 なお、陽性疑いおよび濃厚接触の疑いのある選手・スタッフについては、翌27日にPCR確定検査を実施するとのことです。 この影響で、和田毅投手は27日のロッテ戦に先発予定でしたが、大竹耕太郎投手に変更となりました。

東京 2022.06.26 21:01

高部瑛斗のサヨナラタイムリーでロッテ連敗ストップ 井口監督「負けられない気持ちがみんなつながった」

◇プロ野球パ・リーグ ロッテ3x-2オリックス(26日、ZOZOマリン) 高部瑛斗選手がサヨナラタイムリーを放ち、ロッテが連敗を止めました。 ロッテは6回に2点を取られ、同点に追いつかれると試合は延長へ。それでも11回に2アウト2塁のチャンスを作ると、高部選手がライトへサヨナラタイムリーを打ちました。 ▽下記、井口資仁監督の試合後インタビュー ――劇的なサヨナラ勝利です。試合を振り返っていかがですか? 「(先発の)美馬(学)もしっかりゲームを作ってくれましたし、打撃陣がもう1点というところをなかなか取れませんでしたけども、最後に3試合目は負けられない気持ちがみんなつながったんじゃないかなと思います」 ――2回に松川虎生選手がタイムリーを打ってチームに3試合ぶりの得点をもたらしました。 「なかなか昨日おとといといいピッチャーが来てまして、なかなかランナーを動かせずに点が取れなかったですけど、今日はみんなつないでくれたと思います」 ――松川選手は守備でも好プレーがありました。 「素晴らしいプレーでチームを救ってくれたと思います。」 ――先発の美馬投手が6回2失点。後を引き継いだリリーフ陣が無失点リレーでした。 「危ない部分がありましたけど、ゼロでしっかり抑えてくれたのが、こうやってサヨナラにつながったと思います」 ――このサヨナラ勝ちで勢いがつくのではないでしょうか? 「もちろん上を目指していかないといけないですから、いい勢いで明日試合がありますので、しっかりと戦っていきたいと思います」

東京 2022.06.26 20:42

「勝つために僕は来ている」ロッテのオスナが1回無失点で初勝利 高部瑛斗がサヨナラタイムリー

◇プロ野球パ・リーグ ロッテ3×-2オリックス(26日、ZOZOマリン) ロッテのオスナ投手が延長11回の1イニングを無失点に抑え、初勝利を挙げました。 同点の延長11回に6番手としてマウンドに上がったオスナ投手。先頭打者をチェンジアップでサードライナーに打ち取り1アウトを奪うと、続く打者をストレートでキャッチャーファウルフライ。 そして宗佑磨選手をチェンジアップでショートゴロに仕留め、1イニングを無失点に抑えます。 その裏の攻撃で高部瑛斗選手がサヨナラタイムリーを打ち、オスナ投手に勝利がつきました。 ▽下記、オスナ投手のヒーローインタビュー ――お立ち台に上がって高部選手とグータッチをしましたが、今の気持ちはいかがでしょう? 「まずここに立てて本当にうれしいです。千葉ロッテマリーンズの一員になれて本当にうれしいですし、ファンの皆様の僕への声援が素晴らしいので、本当に感動しています。ありがとうごさいます」 ――同点の延長戦。厳しい場面でマウンドに上がったと思いますけども、3人で切り抜けました。ご自身のピッチングいかがですか? 「厳しい場面だったんですけども、チームの勝利に貢献するために日本に来ましたし、活躍ができてよかったですし、1番うれしいのは勝利に貢献できて、チームに勝ちがついたのが本当にうれしいです」 ――オスナ投手のキャリアを考えるとどんどん厳しい場面で投げてもらいたいというのがファンの気持ちにあると思います。 「勝つために僕は来ているので、そういう厳しい状況でどんどん投げたいと思いますし、やっぱり優勝したい。優勝のために頑張りますし、やっぱりファンの皆様に喜んでもらうために1イニングでも多く投げたいと思います」 ――球場にはまだ多くのマリーンズファンが残って見届けてくれました。初めてのお立ち台ということで、自己紹介を含めて一言お願いします。 「僕はオスナです。みなさんありがとうございます」

東京 2022.06.26 20:20

1か月ぶり失点もヤクルト・マクガフが22セーブ目 巨人・大勢に並びセ・リーグトップ

◇プロ野球セ・リーグ ヤクルト11―10巨人(26日、神宮球場) 9回、3点リードのヤクルトは、9日ぶりに守護神・マクガフ投手をマウンドに送ります。 簡単に2アウトを奪いますが、巨人・ポランコ選手にヒット、大城卓三選手には四球と、2アウト1塁・2塁のピンチを背負ったマクガフ投手。 続く代打・重信慎之介選手にはストレートを、センター前にはじき返され2失点。5月26日の日本ハム戦以来、1か月ぶりの失点で、点差を1点に詰め寄られます。 それでも続く中田翔選手を、きっちり打ち取り勝利したヤクルト。今シーズン最多となる34球を投げきったマクガフ投手は22セーブ目をあげ、セーブ数ランキングで巨人・大勢投手に並ぶセ・リーグトップタイに浮上しました。 一方、セーブ数で追いつかれた巨人・大勢投手は、ヤクルトとの3連戦で出番はありませんでした。 【今季の成績】 ◇マクガフ投手(ヤクルト) 0勝0敗22セーブ 28回 奪三振37 防御率1.29 ◇大勢投手(巨人) 1勝1敗22セーブ 26回2/3 奪三振33 防御率2.70

東京 2022.06.26 20:17

日本ハム上川畑大悟がプロ初HR含む3打数3安打と大活躍「1発あるぞというところを見せられた」

◇プロ野球パ・リーグ 日本ハム3-2ソフトバンク(26日、PayPayドーム) 日本ハムのドラフト9位ルーキー・上川畑大悟選手がプロ初ホームランを含む3打数3安打1打点の活躍で、チームの連敗を7で止めました。 3回の第1打席でセンター前にシングルヒットを打つと、5回の第2打席ではフェンス直撃のスリーベースヒット。そして1点ビハインドで迎えた8回の第3打席では、同点に追いつくプロ初ホームランを放ちました。 試合は延長に突入し、10回の第4打席。あとツーベースを打てばサイクルヒット達成でしたが、きわどいボールを見極めフォアボールで出塁しました。 サイクルヒット達成とはなりませんでしたが、その後2塁まで進み、相手投手の悪送球の隙を見逃さず、ホームにかえりました。 これで日本ハムは連敗を7で止め、2週間ぶりの勝利となりました。 ▽以下、上川畑選手のヒーローインタビュー ――素晴らしい活躍でした。今日の内容を振り返っていかがですか? 「最近、バッティングの方で貢献できていなかったので、今日はバッティングの方で貢献できてよかったなと思います」 ――8回、1点ビハインドの場面でプロ初ホームラン。あのホームランを振り返ってください。 「長打が打てるタイプではないんですけど、1発あるぞというところを見せられたのでよかったです」 ――記念のボールは手元には届いてらっしゃいますか? 「届いています」 ――そのボールどうされますか? 「いつも支えてくれている妻に贈りたいなと思います」 ――ご自身の活躍で連敗もなんとか止めることができました。この先の戦いに向けてファンのみなさんにメッセージをお願いいたします。 「ようやく連敗が止まりましたが、まだまだシーズンは長いのでこれから1勝ずつ、1つでも勝てるようにチーム全体でまとまって頑張っていきたいと思います。これからも応援よろしくお願いします」

東京 2022.06.26 19:45

サヨナラ勝ち ロッテ高部瑛斗が粘って粘ってサヨナラ打 「なんとか打ってやろうという気持ちで」

◇プロ野球パ・リーグ ロッテ3x-2オリックス(26日、ZOZOマリン) ロッテの高部瑛斗選手が延長11回にサヨナラタイムリーを打ちました。 2アウト2塁の場面で打席が回ってきた高部選手。オリックスの6番手ワゲスパック投手から9球粘ると、10球目のナックルカーブをライトに打ち返しサヨナラタイムリーを放ちました。 ▽下記、高部選手のヒーローインタビュー ――延長11回のウラ、チャンスで打席に入りました。どんな思いで打席に入られたのでしょう? 「チームメートがチャンスを作ってくれたので、なんとか打ってやろうという気持ちで打席に入りました」 ――先に追い込まれましたけども、その後の粘りが見事でした。どんな事をあの場面考えていたんですか? 「昨日、おとといとやられてしまっていたので、なんとか食らいついてやろうと必死に行きました」 ――打球が抜けた瞬間、サヨナラ決まった瞬間、どんな気持ちになりました? 「チームメートがとてもうれしそうな顔をして迎えてくれたので、とてもうれしかったです」 ――気持ちよさそうにセレブレーションシャワーを浴びてビシャビシャになっていましたけども、気持ちのいいものですか? 「気持ちいいです」 ――今日は3安打ということでバッティングの状態がいいと思いますが、今のご自身の状態いかがですか? 「いいときも悪いときもあるんですけど、なんとかチームに貢献できるように必死にやっています」 ――連敗が止まりましたけども、今度は勝ちを続けていくためにも、高部選手のバットが必要になってくると思います。その先に向けて一言お願いします。 「一日一日全力でプレーをさせてもらいます。応援よろしくお願いします」

東京 2022.06.26 19:41

「反省点の多い試合だったけど…」ヤクルト高津監督 決勝HRの村上宗隆らを称賛

◇プロ野球セ・リーグ ヤクルト11-10巨人(26日、神宮球場) 巨人との接戦を制し、プロ野球史上初の11球団連続での同一カード勝ち越しを成し遂げたヤクルト。 高津臣吾監督は内容に反省点はあるものの勝利をつかんだ選手たちを称賛。 支配下契約後、早速初登板し、ノーアウト満塁のピンチを無失点。ロングリリーフで4イニングを投げきった小澤怜史投手。3回にHRを放った長岡秀樹選手、8回に決勝HRを放った村上宗隆選手について言及しました。 ◇高津臣吾監督、試合後の取材 ――11対10の乱打戦を制しての勝利 「試合内容としては決して褒められたものじゃない反省点の多い試合だったかなと思いますけど、『これでいいんだ』と思うようにしました。難しい展開を途中ひっくり返して、シーソーゲームをムネ(村上宗隆選手)が一発で仕留めましたけど、つないで最後まで競ったゲームを取れたことはよく頑張ったと思います」 ――支配下契約後初登板で4回ロングリリーフの小澤怜史投手 「もうちょっと楽な展開で投げさせたかったなと思いますけど、ノーアウト満塁をよくしのいだ。チャンスを自分でものにして、非常にいい内容でまた次も期待しています。2軍のピッチングコーチ陣もよく成長させてくれたと思います。本人の努力も一番だと思いますが、ファームとも連携をとってよくやれているのかなと思います」 ――長岡秀樹選手の4号3ランHRの打撃 「インコースを強くライトへ引っ張れるのは彼の特長。8番だから打ってはいけないのではない。あれができる8番バッターを目指してほしい。HRに関してはすごくいいバッティングだったと思います」 ――決勝26号3ランHRの4番・村上宗隆選手 「それまでのバッティング内容はあまりいいものではなかった。その前の何打席かは彼らしくない打席があったけど…あまりいえないですね。決めてくれたので(笑)」

東京 2022.06.26 19:30

G7サミット まもなく開幕…対露で結束示せるか 侵攻や食糧危機への対応が焦点

G7サミット=主要7か国首脳会議が、まもなく、ドイツ南部のエルマウで開幕します。現地から中継です。 私の後ろの山の向こうに、サミットの会場となるエルマウ城があります。岸田首相らG7首脳が続々と到着し、あと20分ほどで歓迎式典が始まります。 サミットの議論の最大のテーマは、何と言っても長期化するロシアのウクライナ侵攻への対応で、首脳らはロシアへの圧力強化や、ウクライナへの長期的な支援のあり方を議論します。 イギリスはさきほど、日本、アメリカ、カナダと共に、追加制裁として、ロシア産の金の輸入を禁止すると発表しました。 G7としても合意する見通しで、アメリカ政府高官は、「ロシアを世界経済からさらに孤立させる」と強調しています。 また、アメリカはロシアから輸入する石油の価格に上限を設ける案を提案していて、こちらも議論されるとみられます。 さらに、侵攻の影響で、世界的に懸念が高まる食糧危機への対応も大きな課題です。 世界有数の穀物輸出国であるウクライナですが、南に広がる黒海をロシアが封鎖し、小麦などの輸出が滞っています。会議では、黒海に代わる輸送ルートの確保も話し合われる見通しです。 侵攻から4か月を過ぎ、各国の「支援疲れ」も指摘されています。山積みの課題に、G7として、どこまで一致した対応を打ち出し、結束を示せるかが焦点です。

2022.06.26 19:11

「撮るな!撮るな!」取材妨害に尾行まで、強まる中国の言論統制・・・記者が見た異様な実情

習近平政権による厳しい「ゼロコロナ政策」が続く中国。現状を訴えた中国人記者は収監、ネット上の異論は削除の対象になる。33年前の天安門事件で拘束された記者も嘆くほど強まる近年の情報統制・・・3年半、中国で取材を続けてきた記者が見た「言論統制」の実情とは。 ■取材妨害続く「なぜじゃない!」 2020年6月、私は世界で初めて新型コロナの感染拡大が起きた中国・湖北省武漢を取材した。クラスターが発生した海鮮市場へ行きカメラを向けると、すぐさま警備員が駆けつけた。 警備員 「撮影はだめだ」 記者(私) 「なぜですか?」 警備員 「なぜじゃない! 我々はなんの通知も受け取っていない。なぜじゃないんだよ」 建前上は自由な取材を許されているはずだが、警備員のほかに警察も駆けつけ、立ち去るよう警告を受けた。 また、ウイルス研究所に近づき撮影を始めると、私たちに気づいた警備員が走って近づいてきた。 警備員 「撮るな、撮るな」 取材依頼はすべて拒否され、敷地の外から建物にカメラを向けることすら許されない状況だった。 ■尾行も・・・ナンバープレートがない不審な車 その後も、武漢には何度も取材に入ったが、ホテルを出て市内を車で移動中、黒い不審な車が1時間以上つけてくることがあった。尾行だ。さらに不審なことに車のナンバープレートが外されていた。 なぜ追いかけてくるのかを尋ねるために車を降りて近づくと、不審車はバックをしながら私たちから離れていき、その後走り去っていった。 行動を監視されることが多く、中国が、いかにこの問題で情報を統制しようとしているかが伝わってきた。 ■中国人記者は拘束・・・体調悪化で車椅子姿に 武漢の現状を伝えようとしたのは、私たち外国メディアだけではない。中国人のフリージャーナリスト、張展(ちょう・てん)さんは、ロックダウンされた武漢から情報を発信していた。ところが「ウソの情報を流した」として当局に拘束された。 拘束されてから7か月後、裁判所で私たちのカメラがとらえたのは車椅子で出廷する張さんの姿。実は、無実を訴えてハンガーストライキを続け、体調が悪化していたのだ。結局懲役4年が言い渡され、張さんは今も刑務所の中にいる。 ■ネット上の言論統制、コロナ対策批判許さず また、中国が続ける厳しい感染対策、「ゼロコロナ政策」を疑問視した言論は、削除の対象となる。 中国のSNS「ウィーチャット」の国連の公式アカウントで、WHOのテドロス事務局長が「ゼロコロナ政策は持続可能とは思えない」と発言した映像が投稿された。ところが「この映像は規則違反のため削除した」とされ、閲覧できなくなっている。 一切の異論を許さない状況が続いているのだ。 ■天安門事件の"当事者" 今も続く行動監視 そして中国の言論統制の"象徴"ともいえ、今もタブー視されているのは33年前に民主化運動が武力で鎮圧された「天安門事件」だ。 6月上旬、私は北京市内に住む女性を訪ねた。中国の報道記者で、天安門事件の前日に「書いた記事が学生運動の指針になった」として拘束された高瑜(こう・ゆ)さん、78歳。いまも、行動監視など警察当局の厳しいマークを受けている。 ■強まる言論統制「世論を恐れている」 私は3年前、天安門事件から30年の節目に高さんを取材。久しぶりの再会となったが、中国の言論統制は、この3年でさらに厳しくなったという。 高瑜さん 「(言論発表の)唯一の場所がツイッターだけど、絶えずに警告を受けている。そのせいで息子の仕事もなくなった。母が発した言葉が原因で、それも、わずか140文字のツイッターによってです」 ツイッターで中国の人権問題について発信したことがきっかけで、長男が圧力を受け、仕事をやめざるを得なかったという。 およそ半世紀にわたり中国の言論統制と向き合ってきた高さんに、いまの中国をどう分析するか尋ねてみた。 高瑜さん 「ゼロコロナ政策を使って、社会の統制、言論の統制を強めていると思う。ウイルスと戦うのではなくて、人間と戦っている、社会と戦っているんです。世論を統制せざるを得ない、世論を恐れている」 ■混乱下で"安定"狙い統制 国民の意識変化に注目 私はこの3年半様々な取材をしてきた中で、強まる言論統制は「今の中国をよく表している」と感じた。 習近平指導部としては、先の見えない「コロナとの戦い」で混乱する社会を、言論を統制することで安定させる、という目的があるのは明らかだ。 ただ、過剰な統制は市民の不満を高めるほか、特に若い世代は統制を乗り越えて海外の情報に自由に触れている人も多くいる。 国の行く末を選ぶのは中国国民自身だが、今後、中国社会がどう変化していくのか、注目を続けたい。 (NNN中国総局 槻木亮太)

東京 2022.06.26 09:39

5試合連続6失点以上で5連敗 中日2点リードを守れずサヨナラ負け 借金は11

◇プロ野球 セ・リーグ 阪神6x-5中日(26日、甲子園球場) 中日は、サヨナラ負けを喫し5連敗となりました。 初回に3点を先制されますが、4回、A.マルティネス選手と高橋周平選手のタイムリーで同点に追いつきます。 さらに5回にはA.マルティネス選手の犠牲フライで勝ち越しに成功。 7回にも追加点を奪い2点リードで終盤を迎えます。 しかし、8回裏、阪神の中野拓夢選手に同点に追いつかれ試合は延長戦へ。 10回2死1塁2塁とチャンスを作ると、石橋康太選手がヒットを放つも、ライト佐藤輝明選手の好返球に阻まれ勝ち越すことができませんでした。 その後、11回に山本拓実投手が熊谷敬宥選手にサヨナラヒットを打たれ5連敗となりました。 これで5連敗中はすべて6失点以上となっています。

東京 2022.06.26 19:02

阪神・熊谷敬宥 プロ初のサヨナラ打&初の甲子園お立ち台 「良い意味でファンの期待を裏切れた」

◇プロ野球 セ・リーグ 阪神6x-5中日(26日、甲子園球場) 阪神は延長11回、熊谷敬宥選手のサヨナラタイムリーでサヨナラ勝利を決めました。 延長11回、2アウト2,3塁とサヨナラのチャンスで打席に入った熊谷選手。 中日・山本拓実投手のストレートを捉え、右中間へサヨナラタイムリーヒットを放ちました。 熊谷選手にとってはプロ初のサヨナラ打。 さらには甲子園で初のお立ち台となりました。 ▽以下、熊谷選手のヒーローインタビュー ――今の気持ちは? 「最高でーす」 ――打ったときの感触は? 「何を打ったか覚えてないくらい興奮していた。打ててよかったですし、無我夢中でいきました」 ――11回緊迫する場面だったが、どんな気持ちでバッターボックスに入ったか? 「前の打席は簡単にフライを上げて終わってしまったので、チャンスでしたし何とか(ランナーを)返そうとだけを考えていたので、打ててよかったと思います」 ――プロでのサヨナラヒットは? 「初めてです」 ――ファンの方々からの大きな声援が聞こえているが今の率直な気持ちは? 「ホームでヒーローになるのも初めてなので、歓声がすごくてうれしく思っています」 ――いつもは走塁であったり守備であったりでチームに貢献していますが、今日はバットで決めました。 「ここにいる人たち、まさか僕が打つと思っていなかったと思うので、良い意味で期待を裏切れたかなと思います」

東京 2022.06.26 19:13

東京で新たに2004人の感染確認 新型コロナ

東京都内で新たに、2004人の新型コロナウイルスへの感染が確認されました。5日連続で2000人台となり、感染者数の下げ止まりが続いています。 東京都内では26日、新たに2004人の新型コロナウイルスへの感染が確認されました。先週日曜日から382人増え、9日連続で前の週の同じ曜日の人数を上回っています。 東京都の一日あたりの感染者数は5日連続で2000人台を推移していて、増加傾向が続いています。 直近7日間の感染者数の平均は2018.0人で、前の週の125.9%となり、7日連続で100%を上回っています。 一方新たに都内に住む40代の男性1人の死亡が発表されました。また、従来の都の基準による重症者は前日と変わらず3人でした。

東京 2022.06.26 16:49

赤ちゃん殺害疑いで23歳母親を再逮捕 東京・日野市

東京・日野市のマンションのクローゼットに生後間もない赤ちゃんの遺体を隠し遺棄したとして23歳の母親が逮捕された事件で、警視庁は、赤ちゃんを殺害したとしてこの女を再逮捕しました。 殺人の疑いで再逮捕されたのは、日野市のアルバイト・福島千尋容疑者です。 警視庁によりますと、福島容疑者は、先月23日ごろ、自宅で出産した男の赤ちゃんの顔から胸をふくらはぎで圧迫するなどし、殺害した疑いがもたれています。 福島容疑者は今月5日、赤ちゃんの遺体をクローゼット内に隠し遺棄した疑いで逮捕されていましたが、当初、「妊娠を家族に隠していて、出産したことが家族に知られないように犯行に及んだ」という趣旨の話をしていました。現在は、調べに対し黙秘しているということです。

東京 2022.06.26 19:17

政府 初の「電力需給ひっ迫注意報」発令 東電管内あす午後3時~6時の節電呼びかけ

急激な気温の上昇にともない、政府は27日、東京電力管内で電力需給が厳しくなる見通しだとして、初の「電力需給ひっ迫注意報」を発令しました。 26日、都心では35度を超える気温となりましたが、27日も厳しい暑さが予想され、冷房などの需要が増えると見込まれています。 そのため、27日に東電管内で午後4時半から午後5時の間に電力の余力を示す「予備率」が3.7%となる見込みだとして、政府は初めて電力需給ひっ迫注意報を発令しました。 注意報は今年3月の需給ひっ迫警報を受けて新しく設けられた制度で、予備率が5%を下回る見通しとなった場合、発令されます。 経産省は冷房などを適切に活用した上で、27日午後3時から6時ごろに無理のない範囲で節電を行うよう呼びかけています。

東京 2022.06.26 16:47

広島が延長戦制し引き分け挟んで5連勝 松山勝ち越し犠飛 ターリー来日初勝利

◇プロ野球セ・リーグ 広島4-3DeNA(26日、横浜スタジアム) 広島がDeNAとの延長戦を制し、引き分けを挟んで5連勝となりました。 広島は先発の九里亜蓮投手が7回1失点の好投を見せます。しかし1点リードで迎えた9回、栗林良吏投手が同点タイムリーを許し、延長戦に突入します。 迎えた延長12回、1アウト3塁のチャンスを作ると、代打の松山竜平選手が値千金の犠牲フライ。4-3でDeNAに勝利しました。 延長11回に登板したターリー投手が来日初勝利。4番・マクブルーム選手は一時逆転となるタイムリーを放つなど、この試合4安打の活躍。広島はこれで引き分けを挟んで5連勝となりました。

東京 2022.06.26 19:02

日韓首脳“略式会談”も見送りへ「歴史懸案で協議進展なく…」NATO首脳会議

6月末のNATO(北大西洋条約機構)首脳会議に合わせ調整されていた日本と韓国の首脳会談について、26日、韓国大統領府の関係者は略式会談を含め開催されないとの見通しを明らかにしました。 韓国大統領府の関係者は26日、スペインで6月29~30日に開かれるNATO首脳会議に合わせ、岸田首相と尹錫悦大統領による日韓2か国の会談は、「略式会談でも行われない」との見通しを示しました。 理由としては、いわゆる元徴用工問題など歴史懸案で具体的な協議の進展がなく「会っても答えるものがない」などと説明しています。 一方でアメリカを交えた形での日米韓3か国の首脳会談については4年9か月ぶりに、29日午後に開催することが確定したと説明。北朝鮮の核・ミサイル問題などが議論される見通しです。

2022.06.26 18:43

【大記録】 史上初“全11球団連続勝ち越し”のヤクルト すべては5月17日から始まった!

◇プロ野球セ・リーグ ヤクルト11―10巨人(26日、神宮球場) ヤクルトが、巨人との3連戦を2勝1敗で勝ち越し、プロ野球史上初の11球団連続での同一カード勝ち越しを成し遂げました。 この偉業が始まったのは、5月17日~19日の阪神戦。ここから1か月以上も同一カード勝ち越しを続けているヤクルト。この間の成績は25勝8敗で、勝率.758という圧巻の成績を残しています。 【ヤクルト11球団連続勝ち越し記録(勝ち:○ 負け:×)】 5月17日~ 19日 ○×○ 阪神   20日~ 22日 ×○○ DeNA   24日~ 26日 ○○× 日本ハム   27日~ 29日 ○○× 楽天   31日~6月2日 ○×○ ロッテ 6月 3日~  5日 ○○○ 西武    7日~  9日 ×○○ オリックス   10日~ 12日 ○○○ ソフトバンク   17日~ 19日 ○○○ 広島   21日~ 23日 ×○○ 中日   24日~ 26日 ○×○ 巨人

東京 2022.06.26 18:43

DeNA延長で力尽き3連敗 土壇場9回に追いつくも12回に勝ち越し許す

◇プロ野球セ・リーグ 広島4-3DeNA(26日、横浜スタジアム) DeNAが延長戦の末に敗れ、3連敗となりました。 1点を追うDeNAは土壇場の9回裏、広島・栗林良吏投手から佐野恵太選手が起死回生の同点タイムリーを放ち、延長戦に突入します。 しかし延長12回、7番手・平田真吾投手が1アウト3塁のピンチを招き、広島の代打・松山竜平選手に犠牲フライで勝ち越しを許します。 延長12回裏、DeNAはノーアウトのランナーを出しますが得点を奪えず。 延長12回の死闘の末、4-3で敗れたDeNA、これで3連敗となりました。

東京 2022.06.26 18:47

「イケメン熊谷のサヨナラ」阪神・熊谷敬宥 延長11回に値千金のプロ初サヨナラ打 中日に3連勝

◇プロ野球 セ・リーグ 阪神6×-5中日(26日、甲子園球場) 阪神は延長11回、熊谷敬宥選手のサヨナラタイムリーで3連勝を決めました。 先頭の島田海吏選手が死球で出塁するも、近本光司選手、佐藤輝明選手が二者連続で空振り三振に倒れます。それでも、佐藤選手の打席で島田選手が盗塁に成功、悪送球も相まってサードまで進塁します。 このチャンスに大山悠輔選手は申告敬遠で一塁へ。 2アウト1,3塁とサヨナラの場面で打席には途中出場の熊谷選手。 1ボール2ストライクと追い込まれた4球目、ストレートを右中間へはじき返すと打球は外野の間を抜け、サードランナー島田選手がホームへかえりサヨナラとなりました。 熊谷選手にとってプロ初のサヨナラ打となりました。 SNSでは「イケメン熊谷のサヨナラ」「熊谷最高!」「イケメン熊谷が決めた」と多くのコメントがあがっています。

東京 2022.06.26 18:46

延長戦を制した日本ハムが連敗を7でストップ ファンも喜び「連敗ストップ!!はむほーー!!」

◇プロ野球パ・リーグ ソフトバンク-日本ハム(26日、PayPayドーム) 日本ハムが延長戦を制し、連敗を7で止めました。 日本ハムは延長10回。1アウトから上川畑大悟選手がフォアボールで出塁。続く石川亮選手が送りバントを成功させ、2アウト2塁とチャンスを作ります。 代打の代打で打席に入った谷内亮太選手がピッチャーへぼてぼてのゴロを打つと、ピッチャーがファーストへ悪送球。その隙に2塁ランナーの上川畑選手がホームにかえり、勝ち越しに成功。日本ハムが連敗を7で止めました。 SNSでは、「【速報】北海道日本ハム、2週間ぶりに勝利」「連敗脱出 日本ハム」「連敗ストップ!!はむほーー!!ようやく勝ちました日本ハムファイターズ」と8試合ぶりの勝利に喜びの声が見られました。

東京 2022.06.26 18:43

【あすの天気】関東内陸で猛暑日の所多く 屋内でも熱中症に警戒を

■全国の27日(月)の天気 低気圧が北日本を通過し、低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込みそうです。東北では、日本海側を中心に雷を伴った激しい雨が降り、大雨となる所がありそうです。 27日夕方までの24時間に予想される雨の量は、東北日本海側で120ミリ、東北太平洋側で80ミリです。土砂災害や低い土地の浸水、川の増水・氾濫に警戒が必要です。 北海道も、激しい雨の降る所があるでしょう。 東日本から西日本は、晴れる所が多い見込みです。ただ、東日本は、大気の状態が非常に不安定になるため雷雲が発達しやすく、局地的に激しい雷雨がありそうです。落雷や竜巻などの激しい突風、ひょうにご注意下さい。 気温は朝から高く、日中は東北南部から西で30℃以上の所がほとんどとなりそうです。関東の内陸では35℃以上の猛暑日となる所が多く、前橋と熊谷で38℃など、体温を上回る暑さとなる所もあるでしょう。 屋内でも熱中症の危険がありますので、こまめに水分や塩分を補給し、できるだけ涼しい場所で過ごすようにして下さい。 ●予想最低気温(前日差) 札幌 20℃(±0 真夏並み) 仙台 23℃(-1 真夏並み) 新潟 23℃(+1 7月下旬) 東京都心 24℃(-2 真夏並み) 名古屋 24℃(±0 7月下旬) 大阪 24℃(±0 7月上旬) 高知 24℃(+2 7月中旬) 福岡 26℃(+3 熱帯夜) 鹿児島 25℃(+2 熱帯夜) 那覇 27℃(-1 熱帯夜) ●予想最高気温(前日差) 札幌 24℃(-4 7月上旬) 仙台 34℃(+1 真夏並み) 新潟 30℃(-2 7月下旬) 東京都心 35℃(-1 猛暑日) 名古屋 33℃(+1 7月下旬) 大阪 33℃(+2 7月下旬) 高知 31℃(-1 7月中旬) 福岡 32℃(-1 7月下旬) 鹿児島 31℃(+1 7月上旬) 那覇 32℃(±0 7月中旬) ■全国の週間予報 北海道から東北北部は、雨の降りやすい天気が続くでしょう。29日(水)は、大雨となるおそれがあり、今後の情報に注意が必要です。 東北南部から九州・沖縄は、晴れる日が多い見込みです。日中の気温は連日30℃を超え、内陸を中心に35℃以上の猛暑日が続く所がありそうです。しばらく危険な暑さが続きますので、昼夜を問わず、熱中症対策をして下さい。

東京 2022.06.26 18:09

「『なんで代打松山なん?』とか思ってすみませんでした」ファン謝罪 広島代打・松山竜平が延長12回勝ち越し犠牲フライ

◇プロ野球セ・リーグ DeNA-広島(26日、横浜スタジアム) 広島が延長12回、勝ち越しに成功しました。 3-3で迎えた延長12回、広島は1アウト3塁のチャンスを作り、代打の松山竜平選手が打席へ。 DeNA・平田真吾投手のスライダーを捉えると、センターへのフライに。これで3塁ランナーがタッチアップで生還。 広島が松山選手の犠牲フライで4-3と勝ち越しに成功しました。 SNSでは「『なんで代打松山なん?』とか思ってすみませんでした」「俺は信じてたぞ松山!」「松山ナイス最低限」といった声が上がっています。

東京 2022.06.26 18:19

「それはかっこよすぎませんか?」DeNA・佐野恵太9回起死回生の同点タイムリー 2アウトから追いつく

◇プロ野球セ・リーグ DeNA-広島(26日、横浜スタジアム) DeNAの佐野恵太選手が9回にセンターへの同点タイムリーを放ちました。 3-2と後がないDeNAは9回、広島の守護神・栗林良吏投手の前に簡単に2アウトと追い込まれます。 それでも桑原将志選手がフォアボールを選び出塁すると、続く打席には佐野選手。栗林投手の投じたフォークを捉え、打球は前進守備の外野を越えるセンターへのタイムリーツーベース。 1塁ランナーの桑原選手が一気にホームへかえり、DeNAが同点に追いつきました。この瞬間球場はDeNAファンからの大きな拍手に包まれ、打った佐野選手は塁上でガッツポーズを見せました。 佐野選手は「後ろにつなぐ気持ちで打席へ入りました。桑原さんが一生懸命走ってくれたおかげでタイムリーになることができました。次の打席も頑張ります!」とコメント。 SNSでは「興奮しすぎて手首ぶつけた」「それはかっこよすぎませんか?」と佐野選手に対する称賛の声が多く上がっています。

東京 2022.06.26 18:20

「送球完璧すぎる」阪神・佐藤輝明がライトからレーザービーム 勝ち越しのランナー生還許さず

◇プロ野球 セ・リーグ 阪神-中日(26日、甲子園球場) 延長10回、この回から登板の湯浅京己投手が2アウト1,2塁と勝ち越しのピンチを招きます。 この場面で、中日・石橋康太選手にライト前ヒットを放たれるもライト・佐藤輝明選手がホームへレーザービーム。 キャッチャーの梅野隆太郎選手がホームから一歩も動かないストライク送球となり、セカンドランナー石岡諒太選手はホームタッチアウト。見事な送球で勝ち越しを防ぎました。 SNSでは「サトテルの120点満点の送球」「レーザービームさく裂」「送球完璧すぎる」と佐藤選手を称賛するコメントが多く寄せられています。

東京 2022.06.26 18:08

9回大山がいい当たりもサヨナラとはならず 阪神-中日は9回で決着つかず延長戦へ

◇プロ野球 セ・リーグ 阪神-中日(26日、甲子園球場) 阪神は初回から3点を奪い試合の主導権を握るものの、4回に3点を奪われ同点とされると5回、7回には追加点を奪われリードを2点に広げられます。 しかし阪神は8回、中野拓夢選手に同点打が飛び出し、試合を振り出しに戻します。 9回には大山悠輔選手がレフトへいい当たりを飛ばすもサヨナラホームランとはならず。 阪神-中日のカード3連戦最終戦は9回で決着つかず、5-5で延長戦へと進んでいます。

東京 2022.06.26 17:39

「中野でも無理だったかあ~」サヨナラのチャンスに同点タイムリーの中野 一ゴロ

◇プロ野球 セ・リーグ 阪神-中日(26日、甲子園球場) 阪神は10回、サヨナラのチャンスで中野拓夢選手が一ゴロに打ち取られました。 5対5で迎えた10回。 阪神は2アウトから梅野隆太郎選手がライト前ヒット、代打の山本泰寛選手がショートへの内野安打で1塁2塁とサヨナラのチャンスを作ります。 ここで、8回同点タイムリーを打っている中野選手が打席へ。 しかし、一ゴロに打ち取られ、サヨナラ勝利とはなりませんでした。 SNSでは「中野でも無理だったかあ~」「次、次!」といった声が上がっています。

東京 2022.06.26 18:06

「体勢崩しながらよく決めたな」広島・小園海斗スクイズで1点を奪う 終盤に貴重な追加点

◇プロ野球セ・リーグ DeNA-広島(26日、横浜スタジアム) 広島の小園海斗選手が8回にスクイズで追加点を挙げました。 広島は1点リードの8回、DeNA・3番手エスコバー投手から連打と送りバントで1アウト2塁・3塁のチャンスを作ります。 ここで打席に立った7番・小園選手が体勢を崩されながらも2球目をスクイズ。1塁線に転がる絶妙な当たりとなり、DeNA守備陣はホームに投げられず、3塁ランナーがホームに生還し、追加点を奪いました。 このプレーにSNSでは「体勢崩しながらよく決めたな」「今のスクイズは見事!」といった声が上がっています。

東京 2022.06.26 18:03

「これがミラクル8!」 阪神・中野拓夢の2点タイムリーで同点 試合は振り出しに

◇プロ野球 セ・リーグ 阪神-中日(26日、甲子園球場) 2点ビハインドで迎えた8回、阪神は2アウト2、3塁と同点のチャンスを作ると、中野拓夢選手が2点タイムリーヒットを放ち同点に追いつきました。 先頭の糸原健斗選手、ロハス・ジュニア選手の2者連続ヒットでノーアウト1,2塁とすると、続く梅野隆太郎選手が送りバントを決め1アウト2,3塁と同点のチャンスを演出。 ここで打席には代打・糸井嘉男選手。9球粘るもフルカウントからの10球目、高めのストレートに空振り三振に打ち取られます。 それでも、ここまで2安打の中野選手が1ボール1ストライクからの3球目、中日・ロドリゲス投手のストレートに詰まりながらもレフト前へ打球を運ぶと、セカンドランナー小幡竜平選手がヘッドスライディングで同点のホームイン。試合を振り出しに戻しました。 SNSでは「猛打賞に同点打!最高!」「これがミラクル8や」「中野くん本当に頼りになる」と中野選手を称賛するコメントが多く寄せられています。

東京 2022.06.26 18:01

松川キャノンさく裂 18歳・松川虎生の素早い判断にファンも絶賛「落ち着きがスゲー」

◇プロ野球パ・リーグ ロッテ-オリックス(26日、ZOZOマリン) ロッテのドラフト1位ルーキーでキャッチャーの松川虎生選手が、素早い判断と自慢の強肩でチームのピンチを救いました。 同点の8回、ロッテが1アウト3塁のピンチの場面。オリックス・福田周平選手が空振り三振をすると、松川選手は3塁ランナーの小田裕也選手が飛び出していたのを見逃さず、素早く3塁へ送球しアウトに。 18歳とは思えない好プレーにファンはSNSで、「松川くん絶対年齢詐称してるでしょ!プレー全てがベテランすぎる」「大ベテラン松川の落ち着きがスゲー」とコメントしていました。

東京 2022.06.26 17:53

「”神”川畑」日本ハムのルーキー上川畑大悟 連敗ストップへプロ初ホームラン

◇プロ野球パ・リーグ ソフトバンク-日本ハム(26日、PayPayドーム) 日本ハムのドラフト9位ルーキー・上川畑大悟選手がプロ初ホームランを放ちました。 1点ビハインドで迎えた8回に先頭打者として打席に入った上川畑選手。真ん中のカットボールを振り抜くと、右中間のホームランテラスへプロ初ホームランを放ちました。 8連敗阻止へ、プロ初ホームランを放った上川畑選手にSNSでは、「上ちゃん初ホームランおめでとう」「”神”川畑は神!」と祝福と喜びの声が見られました。

東京 2022.06.26 17:47

“乱打戦に終止符”村上宗隆26号決勝3ラン「疲れました」巨人に勝ち越し11ゲーム差

◇プロ野球セ・リーグ ヤクルト11-10巨人(26日、神宮球場) ヤクルトは8-8と同点で迎えた8回、1アウト1、3塁のチャンスを作ると、打席には4番の村上宗隆選手。 巨人・平内龍太投手のカットボールを捉えると、快音とともに打球はバックスクリーンへ。HRランクを独走する今季第26号となる勝ち越し3ランホームランを放ちました。 このホームランに大歓声に包み込まれた神宮球場。SNSでも「きっちり決めるのさすが4番」「村上が絶好調すぎる」とヤクルトファンの興奮するコメント。 ヒーローインタビューでは「本当にホッとしていますし、疲れました」と炎天下での乱打戦にさすがに疲れた様子。 また村上選手はシーズン半分を終えていない中、ホームランは26本。シーズン50HR、さらに打撃3冠王も視野に入る好調ぶり。 インタビュアーには「取れるものはすべて取りたいけど、終わってからの結果なので、まずは1試合1試合を集中して頑張ります!」とコメントしています。 首位ヤクルトと2位巨人のゲーム差はこれで『11』。6月は16勝4敗と、ヤクルトの勢いが止まることが考えられない状況です。

東京 2022.06.26 17:34

「ちょっと栗林くんが心配だな…」広島の守護神・栗林良吏が打たれ延長戦へ

◇プロ野球セ・リーグ DeNA-広島(26日、横浜スタジアム) 広島の守護神・栗林良吏投手が同点に追いつかれました。 1点リードの広島は9回にマウンドへ上がった栗林投手。2アウト後にフォアボールでランナーを許します。ここでDeNA・佐野恵太選手にセンターへのタイムリーを浴び、同点とされます。 後続は打ち取ったものの、試合は3-3のまま延長戦に突入しました。 SNSでは「栗林先生に頼りすぎてた歪(ゆが)みが…」「どれだけ、栗林に助けられてる?打たれる時もあるだろ」「栗林でさえ打たれるのか……」「ちょっと栗林くんが心配だな…」といった声が寄せられています。

東京 2022.06.26 17:40

都心は3日連続猛暑日か 危険な暑さに警戒

26日(日)も、全国的に気温が上がり、東京都心で2日続けて35℃を超えるなど、関東を中心に猛烈な暑さとなりました。27日(月)は、関東の内陸を中心に、一段と暑さが厳しくなり、熱中症に厳重な警戒が必要です。 26日は、太平洋高気圧が勢力を強め、全国的に晴れ間の出た所が多くなりました。 関東では、朝から真夏を思わせる強い日差しが降り注ぎ、また、上空に暖気が流れ込んでいる影響で、猛烈な暑さになりました。 午後4時までの最高気温は、佐野(栃木)と伊勢崎(群馬)で36.8℃を記録し、全国で一番の暑さとなりました。 また、熊谷(埼玉)で36.4℃、水戸(茨城)で36.0℃、前橋(群馬)で35.5℃、宇都宮(栃木)で35.0℃など、関東を中心に30地点で猛暑日となりました。 30℃以上を記録した地点は500地点を超え、今年最も多くなりました。 また、東京都心も、朝から気温が高く、昼過ぎには最高気温36.2℃を記録し、2日続けて猛暑日となりました。 6月に東京都心で2日続けて猛暑日となるのは、観測開始以来、初めてです。 27日は、関東の内陸を中心に一段と気温が高くなり、体温を上回る危険な暑さとなる所もありそうです。 27日の予想最高気温 38℃ 前橋、熊谷 37℃ 水戸、さいたま 36℃ 宇都宮、甲府 35℃ 東京都心、富山 34℃ 仙台、福島、横浜、長野、岐阜、福井、京都 など厳しい暑さは、この先しばらく続きそうです。 東日本の内陸では、連日35℃以上の猛暑日となる所があり、また、30日(木)頃からは、西日本から東日本を中心に猛暑日が続出するおそれがあります。 東京でも、30日(木)、1日(金)と再び35℃まで上がる予想です。 こまめな水分・塩分の補給を心がけ、適切に冷房を使用するなど、万全の熱中症対策を心がけて下さい。

2022.06.26 17:19

チャンスを作らせない オリックスのレフト・中川圭太がジャンピングキャッチ ファンも「愛してる」

◇プロ野球パ・リーグ ロッテ-オリックス(26日、ZOZOマリン) 5番レフトでスタメン出場の中川圭太選手がファインプレーを見せました。 6回、ロッテ・安田尚憲選手がレフトへのするどい当たりを放ちます。その打球に中川選手は背走しながらジャンピングキャッチ。ロッテにチャンスを作らせない好プレーにファンからは拍手が送られました。 SNSでは「中川圭太、愛してる」「無敵の守備」「中川圭太は神」と称賛のコメントが寄せられました。

東京 2022.06.26 17:30

巨人高卒2年目・中山礼都の今シーズン飛躍の秘密は岡本和真からもらったTシャツ!?

6月26日に放送された日本テレビの番組「サンデーPUSHスポーツ」では知られざる巨人の伝統を特集。受け継いだ巨人の伝統を後輩へつなぐ、選手たちの思いに迫る様子が放送されました。 今年5月、坂本勇人選手が右ひざのケガで登録抹消した際にショートのポジションを任されたのが高卒2年目の中山礼都選手。中山選手は今年、岡本和真選手と共に自主トレを行い、アドバイスを受けながら技術を学びました。 そんな中山選手は今年のキャンプ中、日本テレビの取材に応じた際に、取材陣が驚く服を着ていました。それが岡本選手と富士山がプリントされたTシャツ。 Tシャツについて聞かれると「自主トレの時に(岡本)和真さんが作ってくださったTシャツ。この服を着るとなぜかパワーがちょっと上がってホームランの数が増えました」と笑顔で答えました。 岡本Tシャツの効果もあり、5月に1軍昇格を果たすと、プロ初安打・初打点を記録しました。今後の抱負について「ファンの方に巨人のショートは中山だと思ってもらえるようにレギュラーを勝ち取る気持ちでやっていきます」と語りました。

東京 2022.06.26 17:26

「制球、球威ともによし」阪神・ケラー 8回を3人でピシャリ 4試合連続無失点

◇プロ野球 セ・リーグ 阪神-中日(26日、甲子園球場) 阪神は8回、ケラー投手がマウンドに上がります。 先頭の石岡諒太選手をレフトファウルフライに打ち取ると、続く高橋周平選手を154キロのストレートで空振り三振、石橋康太選手をファーストゴロと中日打線を三者凡退に抑えました。 これでケラー投手は4試合連続無失点となっています。 好投したケラー投手は「たくさんのお客さんの前で、楽しみながら投げることができたよ。3人で抑えることができてよかったし、チームに良い流れを持ってくることができたんじゃないかな」とコメントしています。 SNSでは「ケラー安定感出てきた」「制球、球威ともによし」とケラー投手を称賛するコメントが多く寄せられています。

東京 2022.06.26 16:50

「お前は天才やぁぁあ!」ソフトバンク三森大貴 技ありの勝ち越しタイムリー

◇プロ野球パ・リーグ ソフトバンク-日本ハム(26日、PayPayドーム) 6回に三森大貴選手が技ありの勝ち越しタイムリーを放ちました。 同点に追いつかれたソフトバンクは6回。1アウト2塁のチャンスを作ると、三森選手が外角のストレートにうまくバットを合わせレフトのライン際へ打ち返し、勝ち越しのタイムリーツーベースを放ちました。 ファンはSNSで「お前は天才やぁぁあ!」「控えめに言っても三森大貴は天才」とコメントしています。

東京 2022.06.26 17:21

「中日にも二刀流がいます」柳裕也 6回1死2塁から同点のピンチしのぎ7回3失点 打ってはヒット&追加点のホーム踏む

◇プロ野球 セ・リーグ 阪神-中日(26日、甲子園球場) 中日・柳裕也投手が6回、1アウト2塁と同点のピンチを無失点に抑え、7回の攻撃ではヒットを放ちました。 中日が1点リードで迎えた6回、柳投手は阪神・梅野隆太郎選手にヒットを許すと、北條史也選手に送りバントを決められ1アウト2塁と同点のピンチを招きます。 しかし、ここで柳投手はギアを上げ、中野拓夢選手を空振り三振、島田海吏選手をファーストファウルフライに抑え、このピンチを無失点で乗り切りました。 柳投手は2回以降ランナーを背負いながらの投球が続くも要所を締め、初回の3失点から得点を与えず、7回3失点で降板しました。 柳投手はバッティングでも7回、打席に入りツーベースヒットを放つと、その後の岡林勇希選手のタイムリーでリードを2点に広げる5点目のホームを踏んでいます。 SNSでは「中日にも二刀流がいます」「この1点は貴重」「柳さんナイスピッチ」などのコメントが寄せられています。

東京 2022.06.26 17:11

『四球→悪送球→村上宗隆3ランHR』 巨人リリーフ平内龍太が自滅から決勝点許す

◇プロ野球セ・リーグ ヤクルト11-10巨人(26日、神宮球場) 8-8の同点で迎えた8回、巨人は6番手・平内龍太投手をマウンドに。しかし平内投手は自らピンチを作ってしまいます。 先頭打者のヤクルト・塩見泰隆選手に対して四球。さらに続く山崎晃大朗選手のバント処理で2塁への悪送球。 その後アウトを取るも、1アウト1、3塁に。 ここで打席には、この日ノーヒットの4番・村上宗隆選手。変化球を完璧に捉えられ、バックスクリーンに一直線となる26号3ランホームラン。 9回巨人が重信慎之介選手のタイムリーで1点差に追い上げますが、惜しくも届かず。ヤクルトに11-10で敗れました。

東京 2022.06.26 17:08

「代打策的中」7回に巨人・中島宏之が元巨人の田口麗斗から勝ち越しタイムリー

◇プロ野球セ・リーグ ヤクルト-巨人(26日、神宮球場) 同点で迎えたラッキーセブンの7回、巨人は、坂本勇人選手の四球、大城卓三選手の安打で、2アウト1塁・2塁のチャンスを作ります。 ヤクルトは元巨人で、防御率0.00の田口麗斗投手がマウンドに上がります。巨人ベンチも動き、吉川尚輝選手に代わって中島宏之選手がバッターボックスへ。 中島選手は、初球・2球目をファウルで粘ります。田口投手の3球目はスライダー、これをうまく捉えた中島選手がセンター前に打ち返します。 その間に、坂本選手がホームを踏み巨人が勝ち越しに成功しました。 6回にも代打で出場した中田翔選手がホームランを打つなど、代打選手が活躍している巨人にファンも、「代打策的中!」「代打の中田、中島の中中コンビがめちゃめちゃ結果残すじゃん」「代打の中島は頼りになるな」と喜びの声があがっています。

東京 2022.06.26 16:33

広島の4番・マクブルームの逆転タイムリーにSNSも「来年ももちろん残ってね」と称賛の声

◇プロ野球セ・リーグ DeNA-広島(26日、横浜スタジアム) 広島の4番・マクブルーム選手が6回にライトへ逆転タイムリーツーベースを放ちました。 引き分けを挟み4連勝中と勢いに乗る広島。しかしこの日は1点を先制をされ、5回まで無得点と苦しみます。 それでも6回、1アウトから上本崇司選手、菊池涼介選手の連打で2塁・3塁のチャンスを作ります。 ここで打席には4番・マクブルーム選手。DeNA先発・京山将弥投手の投じたストレートを捉えた打球はライトフェンス直撃のタイムリーツーベース。 4番の一打で広島が2-1と逆転に成功しました。 SNSでは「来年ももちろん残ってね」「カープへの貢献度がすさまじい」「ええバッターだわ」とマクブルーム選手に対する称賛の声が多く上がっています。

東京 2022.06.26 16:53

巨人・中田翔ダイビングキャッチ ヤクルト代打・川端慎吾の勝ち越しを阻止「守備でも魅せるのか」

◇プロ野球セ・リーグ ヤクルト-巨人(26日、神宮球場) この日、6回に代打で出場しソロホームランを放った中田選手。 ファーストの守備についた同点の7回2アウト1、3塁のピンチ。ここでヤクルトは、昨季打率3割7分2厘の“代打の切り札”川端慎吾選手を打席に送ります。 巨人・赤星優志投手から打った強い当たりの打球を中田選手がダイビングキャッチ。ファインプレーで勝ち越しを阻止しました。 この場面にSNSでは「中田守備でも魅せるのか」「中田翔激アツ」と攻守に活躍する中田選手に称賛のコメントが上がっています。

東京 2022.06.26 16:50

“元気ハツラツ”36歳の荻野貴司 走って!走って!ロッテが貴重な追加点

◇プロ野球パ・リーグ ロッテ-オリックス(26日、ZOZOマリン) 36歳のベテラン・荻野貴司選手が快足を飛ばし、ロッテが追加点を奪いました。 荻野選手は1点リードの5回。1アウトからヒットで出塁すると、続く角中勝也選手の打席で通算248個目の盗塁を成功させます。 その後1アウト1塁2塁となり中村奨吾選手の打席。オリックスバッテリーのサインミスによるパスボールで3塁ベンチ付近までボールが大きくそれている間に、2塁ランナーの荻野選手は一気にホームイン。ベテラン荻野選手の快足で貴重な追加点となりました。 ファンはSNSで「荻野速すぎるだろ」「このおじさんいつまで元気ハツラツなんだよ、一生いてくれ」とコメントが寄せられました。

東京 2022.06.26 16:47

申告敬遠で今季初四球 阪神・浜地 21試合目 ピンチでタイムリーのA.マルティネスに

◇プロ野球 セ・リーグ 阪神-中日(26日、甲子園球場) 阪神の浜地真澄投手が、7回中日のA.マルティネス選手に申告敬遠を選択し、今シーズン初の四球を与えることになりました。 浜地投手は、これまで20試合に登板し、防御率1.42 与四球0と安定した投球を見せています。 しかし、7回に登板すると先頭の柳裕也投手にツーベースヒットを打たれると、大島洋平選手に送りバントを決められ、1アウト3塁のピンチに。 ここで岡林勇希選手に前進守備のセカンド横を破るタイムリーヒットを打たれます。 その後、2死2塁となった場面で、この日タイムリーを放っている、A.マルティネス選手。 ここで申告敬遠を選択し、浜地投手にとってこれが今シーズン初の四球となりました。 続く阿部寿樹選手をセカンドゴロに打ち取り、追加点は許しませんでした。

東京 2022.06.26 16:44

「ついに、目覚めた…。」日本ハム・ヌニエス 連敗ストップへ豪快同点ホームラン

◇プロ野球パ・リーグ ソフトバンク-日本ハム(26日、PayPayドーム) チームの8連敗阻止へ、5回に日本ハム・ヌニエス選手が同点ホームランを放ちました。 4回まで得点を挙げられなかった日本ハムは5回。ヌニエス選手が初球の真ん中に入ったストレートを完璧にとらえると、レフトスタンド中段へ特大の第3号ソロホームランを放ちました。これでチームは同点に追いつきました。 SNSでは、ファンが「ついに、目覚めた…。」「おっ日ハム追いついた、すごいホームランや」「ヌニ、これで覚醒してくれー!!」とコメントしていました。

東京 2022.06.26 16:36

素早い反応でアウト!広島先発・九里亜蓮が2度の好プレー

◇プロ野球セ・リーグ DeNA-広島(26日、横浜スタジアム) 広島先発の九里亜蓮投手が5回に2度の素晴らしい反応を見せ、無失点で切り抜けました。 九里投手は初回に内野ゴロの間に1点を失いますが、2回以降、DeNA打線を無失点に抑えます。 すると5回、ランナーを1人置き、打席にはDeNA・桑原将志選手。送りバントを試みますが、この当たりはピッチャーの前にフワッと上がります。 この当たりに九里投手が素早い反応でダイビングキャッチ。好プレーでアウトにすると、その後、2アウトとなり、打席には4番・牧秀悟選手。 初球を捉えられるもこの当たりは3塁線に転がるボテボテのピッチャーゴロ。これを素早く拾い1塁へ送球しアウトにしました。 2度の好プレーを見せた九里投手がこの回も無失点で切り抜けました。

東京 2022.06.26 16:34

感染広がる「サル痘」 WHO「現時点では緊急事態にはあたらない」

WHO=世界保健機関は25日、欧米を中心に感染が広がっている「サル痘」について「現時点では緊急事態にはあたらない」と判断したと発表しました。 サル痘をめぐっては、今年に入り欧米などを中心に47の国と地域で3000人以上の感染者が確認されています。 こうした状況を受け、WHOは今月23日に専門家による緊急会議を開き「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」にあたるかどうか協議しましたが、テドロス事務局長は25日、「現時点では緊急事態にはあたらない」と判断したと発表しました。 ただ、緊急会議では今後もさらに感染が拡大する恐れがあることから、今回の決定を再検討するべきか数週間後に改めて判断する必要があるとしています。

2022.06.26 16:31

「よく踏ん張った!」支配下初登板の・小澤怜史 4回6奪三振2失点で降板 ファンからはねぎらいの声

◇プロ野球セ・リーグ ヤクルト-巨人(26日、神宮球場) この日に支配下選手登録が発表されたばかりのヤクルト・小澤怜史投手が3回から2番手としてマウンドに上がり、4回を投げきるロングリリーフでチームに貢献しました。 3回いきなりノーアウト満塁という厳しい場面で登場するも、巨人・吉川尚輝選手をサードライナーに打ち取るなどで、無失点で切り抜けます。 丸佳浩選手やポランコ選手らから6つの三振を奪う好投。6回に中田翔選手、丸選手に2本のソロホームランを許し同点に追いつかれるも、4回を2失点で投げきりました。 小澤投手にSNSでは「小澤くんよく踏ん張った!」「本当にお疲れさま!」とヤクルトファンからねぎらいの声が上がりました。

東京 2022.06.26 16:22

飲食店が全焼する火事で2人搬送、1人死亡 山形・天童市

26日、山形県天童市の住居を兼ねた飲食店が全焼する火事がありました。この店の店主の男性と妻が病院に搬送され、男性が間もなく死亡しました。 26日午前7時50分ごろ、山形県天童市の飲食店「中国料理 美香蘭」の厨房(ちゅうぼう)から煙が出ていると通行人から消防に通報がありました。 消防車など、およそ20台が出て消火にあたり、火はおよそ4時間後に消し止められましたが、住まいを兼ねた店舗1棟が全焼しました。 この火事で、店主の高田秀郎さん(77)と60代の妻が病院に搬送されましたが、2時間後に高田さんの死亡が確認され、妻もやけどを負いました。 現場はJR天童駅から北西およそ500メートルの市街地で、店は地元の人気店でした。

山形 2022.06.26 16:21

「バックアップ素晴らしすぎる」サード岡本への強襲ライナーも坂本が“ナイスフォロー” すぐさま指示出しアウト

◇プロ野球セ・リーグ ヤクルト-巨人(26日、神宮球場) 6回、巨人は1アウト1、2塁のピンチで、打席にはヤクルト・山崎晃大朗選手。 巨人・鍬原拓也投手のストレートを捉えた打球は、サードを守る岡本和真選手を強襲するライナー。 強烈な打球に岡本選手は捕球することができず、はじきます。 しかしこれをフォローしたのがショート・坂本勇人選手。素早く捕球へ向かい、岡本選手に3塁に向かうように手で指示。すぐさま送球しアウトにする“好プレー”を見せました。 岡本選手はアウトを取った瞬間、一安心した表情。 キャプテン・坂本選手の“ナイスフォロー”にファンは、「坂本勇人のバックアップ素晴らしすぎる」「坂本勇人神」「キャプテンにしびれた」と称賛のコメントが寄せられています。

東京 2022.06.26 16:10

阪神・西純矢 5回途中満塁とし降板 4回1/3で4失点 チームは犠牲フライで逆転許す

◇プロ野球 セ・リーグ 阪神-中日(26日、甲子園球場) 阪神・西純矢投手は5回途中、1アウト満塁とした場面で降板しました。 5回、1アウトから中日・大島洋平選手にツーベースヒットを打たれると、四球と味方のエラーで1アウト満塁としてしまいます。ここで矢野燿大監督は交代を決断。 このピンチに加治屋蓮投手がマウンドに上がるもA.マルティネス選手に犠牲フライを打たれ逆転を許しました。 結果的に、西投手は4回1/3を9安打3奪三振4失点と苦しい投球となりました。 SNSでは「西くんお疲れさま」「守備陣のミスが痛いな」「次回登板に期待」などのコメントが寄せられています。

東京 2022.06.26 16:12

「実質牧原のランニングホームランで先制」ソフトバンク牧原大成が快足飛ばし先制

◇プロ野球パ・リーグ ソフトバンク-日本ハム(26日、PayPayドーム) ソフトバンクの牧原大成選手が自慢の快足でチームに先制点をもたらしました。 2回の第1打席。甘く入ったツーシームを打ち返すと、打球はセンターオーバー。その間に牧原選手は俊足を飛ばし、一気に三塁へ到達します。 続く今宮健太選手がファーストへゴロを打ちますが、牧原選手はまたも快足を飛ばしホームにかえりました。 SNSでは、「実質牧原のランニングホームランで先制」、「牧原異次元レベル」「えぇ…牧原どんな走塁よ」と牧原選手の走塁に驚く声が多く見られました。

東京 2022.06.26 16:00

「今のはスタンドインしたと思った」2死からチャンス作るも、ロハス・Jrの打球はフェンス越えず

◇プロ野球 セ・リーグ 阪神-中日(26日、甲子園球場) 阪神は2アウト1,2塁とチャンスを作るもロハス・ジュニア選手が凡退し得点とはなりませんでした。 阪神は1点ビハインドで迎えた5回、2アウトから大山悠輔選手のヒット、糸原健斗選手の四球で1,2塁とホームランが出れば逆転のチャンスを作ります。 ここで打席にはスタメン起用のロハス・ジュニア選手。 中日・柳裕也投手の変化球を捉えセンター後方へ大飛球も、フェンス直前で大島洋平選手がキャッチ。逆転打とはなりませんでした。 SNSでは「ここで打ってほしかった・・・」「今のはスタンドインしたと思った」「3連勝のためにも逆転を」などのコメントが多く寄せられています。

東京 2022.06.26 16:05

「ここはさすがの中田翔」プロ2度目の代打HR 巨人・丸佳浩もHRで続きヤクルトに追いつく

◇プロ野球セ・リーグ ヤクルト-巨人(26日、神宮球場) 2点を追う巨人は6回1アウトから代打に中田翔選手を送り込みます。 この日支配下登録されたばかりのヤクルト・小澤怜史投手の2球目のスライダーを捉えるとあっという間にレフトスタンドへ。プロ2度目の代打ホームランで、1点差に詰め寄ります。 これにはファンも、「ここはさすがの中田翔だった」「これが代打ってこわいやろ」「おまえが必要中田翔」とSNSで盛り上がりのコメント。 さらにこの回、丸佳浩選手もバックスクリーン右への15号ソロホームランを放ち、巨人が7-7の同点に追いつきました。

東京 2022.06.26 15:57

「流れを打ち切る最高のタイムリー」中日 A.マルティネスがマルチ安打  2本目のヒットは反撃のタイムリーに

◇プロ野球 セ・リーグ 阪神-中日(26日、甲子園球場) 中日はA.マルティネス選手のタイムリーで1点を返しています。 中日は3点ビハインドの4回、先頭・岡林勇希選手がセンター前ヒットで出塁すると、得点圏までランナーを進め、打席にはA.マルティネス選手。 A.マルティネス選手は2ボールからの3球目、阪神・西純矢投手のストレートをレフト前へはじき返すと、2塁ランナーの岡林選手が快足を飛ばし一気にホームへかえり1点を返しました。 タイムリーを打った、A.マルティネス選手は「打ったボールはストレート。バッティングカウントだったから、フルスイングしたよ。点が入って良かった」とコメントしています。 A.マルティネス選手はこのヒットでマルチ安打となっています。 SNSでは「マルティネスは神です」「流れを打ち切る最高のタイムリー」とA.マルティネス選手を称賛するコメントが寄せられています。

東京 2022.06.26 16:01

ロッテ20イニングぶりの得点! “人生18年目”ドラ1ルーキー・松川虎生のタイムリー

◇プロ野球パ・リーグ ロッテ-オリックス(26日、ZOZOマリン) ロッテが2回に松川虎生選手のタイムリーで、20イニングぶりに得点を挙げました。 2試合連続完封負けしているロッテは、試合前時点で18イニング連続無得点中でした。 初回、ヒットとフォアボールで1アウト1塁2塁のチャンスを作ります。 しかしオリックスの先発・山崎福也投手の前に4番・山口航輝選手が見逃し三振、5番・安田尚憲選手が空振り三振と得点を奪えません。 それでも2回、7番・高部瑛斗選手がヒットで出塁。すると高部選手は続く8番・茶谷健太選手の打席でリーグトップ24個目の盗塁に成功し、さらにパスボールで3塁まで進みます。 その後2アウトとなるもドラフト1位ルーキーの9番・松川虎生選手(18)が先制のタイムリーヒットを放ち、ロッテが20イニングぶりの得点をあげました。 ファンはSNSで「人生18年目ベテラン松川さんタイムリー!」「さすが人生18年目!」と松川選手に称賛のコメントが寄せられました。 松川選手は「打ったのはストレートです。(ヘッドコーチの)森脇さんにもこういう状況だけどしっかり振ってこいと言ってもらって思い切っていくことができたと思います。なんとか先制することができてよかったですしここからもしっかり集中してやっていきたいと思います」とコメントしました。

東京 2022.06.26 15:53

「俺らの周平が帰ってきたんだな」中日・高橋 同点2点タイムリー 外角低めのフォーク捉える

◇プロ野球 セ・リーグ 阪神-中日(26日、甲子園球場) 中日は3点を追う4回、アリエル・マルティネス選手と高橋周平選手のタイムリーで同点に追いつきました。 阪神・西純矢投手から1アウト2塁のチャンスを作ると、第1打席でヒットを放った、A.マルティネス選手がタイムリーヒット。 2点差とすると、その後ヒット2本を続け、1アウト満塁のチャンスで、高橋選手に打席が回ってきます。 2球目の外角低めのフォークをうまくはじき返し、三遊間を抜く同点の2点タイムリーヒット。2打数2安打としています。 高橋選手の同点打にSNSでは「俺らの周平が帰ってきたんだな」「ありがとおおおおおお!!!」といったコメントが寄せられています。

東京 2022.06.26 15:44

「まじで良く取った!」DeNA・蝦名達夫がダイビングキャッチ この回2つのファインプレー

◇プロ野球セ・リーグ DeNA-広島(26日、横浜スタジアム) 1番・ライトでスタメン出場となったDeNA・蝦名達夫選手が守備で見せました。 DeNA1点リードの3回、広島の中村奨成選手のライトへのライナーを、前に飛び込んでダイビングキャッチした蝦名選手。 この瞬間球場からは大きな拍手。ガッツあふれるファインプレーで先発・京山将弥投手を救いました。 このプレーにSNSでは「まじで良く取った!」「京山を支えてるな」「超絶スーパープレー」といった声が寄せられています。 DeNAはその後、野間峻祥選手のセンターへ抜けるかという当たりをセカンド・牧秀悟選手が捕球し、素早く1塁へ送球しアウトに。 この回2つのファインプレーが生まれました。

東京 2022.06.26 15:45

“3日連続の乱打戦に突入”中4日の巨人・戸郷翔征投手 3回ヤクルト打線に捕まり6失点降板

◇プロ野球セ・リーグ ヤクルト-巨人(26日、神宮球場) 5-1と4点のリードをしていた巨人でしたが、3回ヤクルト打線に捕まりました。 先発・戸郷翔征投手がヤクルト先頭の塩見泰隆選手にライト前にヒットを打たれ、ノーアウトからランナーを出します。 その後1アウト2塁で山田哲人選手にスライダーをレフトに打ち返されます。この打球に巨人のレフト・ウォーカー選手が捕球する際、芝に足を取られ転倒。塩見選手が一気にホームまで生還し、1点を奪われます。 ピンチは続き、2アウト3塁のピンチから青木宣親選手にレフトオーバーのタイムリー2ベース、オスナ選手にもタイムリーを打たれ、戸郷投手はKOという形で降板。 さらに2番手・今村信貴投手が長岡秀樹選手に第4号3ランホームランを打たれ、この回一挙6失点を許し、逆転されました。 3回が終わって、合計12得点が入っている一戦。これで巨人-ヤクルトの3連戦は、初戦16-6(ヤクルト勝利)、2戦目19-5(巨人が勝利)と3日連続の乱打戦となっています。

東京 2022.06.26 14:58

「ほんまもんのエース」中4日の登板・戸郷翔征 ”華麗なフィールディング”でゲッツー

◇プロ野球セ・リーグ ヤクルト―巨人(26日、神宮球場) 巨人は2回、中4日で登板した戸郷翔征投手が華麗なフィールディングを見せゲッツーを奪いました。 2回、ヤクルトの先頭打者オスナ選手にヒットを許し、ノーアウトのランナーを出してしまいますが、続く長岡秀樹選手はレフトフライに打ち取ります。 1アウトとなり、続く打者はヤクルトの先発・スアレス投手。バントをしてきますが、打球は戸郷投手の前に跳ねて飛んできます。 戸郷選手がバウンドしたボールを見事キャッチし、2塁に送球。これを坂本勇人選手が捕球しベースを踏み、アウト。さらに1塁に送球し、こちらもアウト。この回無失点で切り抜けました。 これには、SNSで「ナイスフィールディング!」「戸郷くんほんまもんのエースやな」など、中4日での登板ながら、華麗な守備を見せた戸郷投手を褒めたたえる声があがっています。

東京 2022.06.26 14:09

「月間MVPは渡さない打法」 阪神・大山 6月29打点目 中日柳から初回に3得点

◇プロ野球 セ・リーグ 阪神-中日(26日、甲子園球場) 阪神の大山悠輔選手が、初回に2点タイムリーヒットを放ちました。 3連勝を狙う阪神は初回、中日の先発柳裕也投手から、先頭の中野拓夢選手から3連打で1点を先制します。 その後1アウト2塁3塁の場面で、6月、打率.353 10HR、27打点と月間MVPも見えてきた大山選手が打席に入ります。 柳投手の144キロのストレートを捉えると、ライト前ヒット。 ランナー2人が生還する2点タイムリーヒット。 6月の打点を「29」としました。 タイムリーを打った大山選手は「打ったのはストレート。先制点を取ってチーム全体の雰囲気も良かったですし、自分もいい流れの中で打席に入ることができました。コースに逆らうことなく、うまく打ち返すことができたと思います」とコメントしています。 これにSNSでは「月間MVPは渡さない打法」「村上に負けず月間MVP取ってほしー」「大山悠輔がもう止まらない」と月間MVPを期待する声が上がっています。

東京 2022.06.26 14:46

【珍プレー】楽天・茂木の打球を観客が捕球でアウト 西武・オグレディは頭抱える

◇プロ野球パ・リーグ 楽天-西武(26日、楽天生命パーク) 楽天-西武戦で珍しいプレーが見られました。 西武2点リードで迎えた6回裏、この回先頭は楽天・茂木栄五郎選手。 西武・與座海人投手のカーブを捉えますがレフトファウルゾーンのフェンス際へのフライになります。 西武のレフト・オグレディ選手が打球を捕球しようとしたところ、観客が乗り出してこれを捕球。打球を捕球できそうだったオグレディ選手は頭を抱えます。 このシーンに球場は騒然となり、試合が一時中断。すると、3塁審判から「観客の妨害があったためアウトとする」と説明が。 茂木選手はレフトファウルフライでアウトとなり、1アウトランナー無しから試合が再開されました。

東京 2022.06.26 15:31

「長岡くん」がトレンド入り 逆転3ランのヤクルト・長岡秀樹「最高の結果になってくれた」

◇プロ野球セ・リーグ ヤクルト-巨人(26日、神宮球場) 4点を追うヤクルトは、3回、打者1巡する猛攻をみせ、6点を奪い逆転しました。 1番・塩見泰隆選手から始まる攻撃。巨人の先発・戸郷翔征投手から安打を放ち、ノーアウトのランナーを作ります。 その後、山田哲人選手、青木宣親選手、オスナ選手のタイムリーなどの猛攻で、リードを1点に縮め、先発の戸郷選手をマウンドから引きずり下ろします。 2アウト1塁・3塁でマウンドに上がったのは巨人の2番手・今村信貴投手。 バッターは、8番・長岡秀樹選手。直球をライトスタンドにたたき込み、第4号3ランホームランで逆転に成功しました。 この回打者9人、6得点で猛攻を見せたヤクルト。これにはSNSで「長岡くん」がトレンド入り。「俺たちの秀樹の逆転3ラン」「長岡くん味方でよかった」「長岡君の成長っぷりが早すぎて追いつけない」など盛り上がりを見せています。 逆転の3ランを打った長岡選手は、「先輩方がつないでくれたのでその流れを切るわけにはいかないと思いながら打席に入りました。最高の結果になってくれました」とコメントしました。

東京 2022.06.26 15:06

「西くんも内野陣もたまらん」阪神・西純矢 無死1,2塁のピンチをバント阻止&ゲッツーで無失点

◇プロ野球 セ・リーグ 阪神-中日(26日、甲子園球場) 阪神・西純矢投手はノーアウト1,2塁のピンチを無失点で乗り切りました。 3回、中日・高橋周平選手、石橋康太選手に連続ヒットを許し、ノーアウト1,2塁とこの試合初めて得点圏にランナーを背負います。 しかし、柳裕也投手のバントを梅野隆太郎選手が好フィールディングで3塁フォースアウトにすると、続く大島洋平選手を併殺打に打ち取り、ノーアウト1,2塁のピンチを0点に抑えました。 SNSでは「西くんも内野陣もたまらん」「暑いから省エネ投球を」などのコメントが寄せられています。

東京 2022.06.26 15:24

“きょう支配下登録”が救世主 ヤクルト・小澤怜史が即1軍登板で好投 ノーアウト満塁を無失点

◇プロ野球セ・リーグ ヤクルト-巨人(26日、神宮球場) この日に支配下選手登録が発表されたばかりのヤクルト・小澤怜史投手が、1軍初登板で好投を見せました。 小澤投手は静岡県出身の24歳。日大三島高校から15年にドラフト2位でソフトバンクに入団するも、20年に戦力外となり、育成選手としてヤクルトに加入しました。 背番号は「014」から「70」に変更しましたが、この日はユニホームが間に合わず、これまでの「014」のユニホームで登板します。 KOされた先発・スアレス投手に代わり2番手としてマウンドに上がった小澤投手。ノーアウト満塁という厳しい場面でしたが、巨人・吉川尚輝選手に対し、得意のストレートでサードライナーに打ち取ると、続く戸郷翔征投手のスクイズ失敗もあり無失点で切り抜けました。 4回には、2アウト2塁のピンチを背負うも、巨人の4番・岡本和真選手をショートゴロ。さらに5回を三者凡退に抑え、悪い流れを食い止めました。 1軍初登板での好投にSNSでは「やはり自分の力ではい上がってきた男は違う」「この2回で小澤くんのファンになっちゃったよ」とファンから喜びの声が上がっています。

東京 2022.06.26 15:23

「ナイス盗塁!」日本ハム・淺間大基 自己最多9盗塁目 完璧なスタートで余裕の成功

◇プロ野球パ・リーグ ソフトバンク-日本ハム(26日、PayPayドーム) 日本ハム・淺間大基選手が自身最多となる9盗塁目を決めました。 5番レフトでスタメン出場した淺間選手は2回。フォアボールで出塁すると、続くアルカンタラ選手への初球。ソフトバンクの先発レイ投手の投球モーションを完璧に盗み、余裕の盗塁成功となりました。 自己最多9盗塁目を決めた淺間選手に、ファンはSNSで「ナイス盗塁」「いいスタートだった」「気合い入っている!」とコメントしていました。

東京 2022.06.26 15:09

「真っすぐです!良かったです!」西武・山川穂高2打席連発 24号ホームランで通算201本目

◇プロ野球パ・リーグ 楽天-西武(26日、楽天生命パーク) 西武・山川穂高選手が2打席連続のホームランを放ちました。 1点リードの西武は6回、この回先頭は前の打席で通算200号となる23号ホームランを打っている山川選手。ここでも楽天先発・早川隆久投手から 3球目のストレートをはじき返すと、山川選手は打った瞬間にホームランを確信。 打球はレフトスタンドに飛び込む第24号ホームランとなりました。 打った山川選手は「真っすぐです!良かったです!」と短くコメント。 西武が山川選手の2打席連続ホームランでリードを2点に広げています。

東京 2022.06.26 14:46

「まじで神ってる」阪神・近本 初回から先制タイムリー放ち連続試合安打を“23”に伸ばす

◇プロ野球 セ・リーグ 阪神-中日(26日、甲子園球場) 阪神は初回、近本光司選手のタイムリーツーベースで先制に成功しました。 阪神は中野拓夢選手、島田海吏選手の連続ヒットでノーアウト1,3塁と先制のチャンスを作ると、打席には22試合連続ヒット中と絶好調の近本選手。 近本選手は2ボールからの3球目、中日・柳裕也投手のストレートを捉えた打球は左中間を破り、先制タイムリーツーベースとなりました。 近本選手はこのヒットで連続試合安打を“23”に伸ばしました。 SNSでは「近本光司が止まらない!」「阪神の上位打線が最強過ぎる」「まじで神ってる」と近本選手を称賛するコメントが多く寄せられています。

東京 2022.06.26 14:51

「落ち着いた上々の立ち上がり」阪神・西純矢 初回の中日打線を三者凡退 バット折る場面も

◇プロ野球 セ・リーグ 阪神-中日(26日、甲子園球場) 阪神は今季4勝目を狙う西純矢投手が先発のマウンドに上がります。 初回、中日先頭・大島洋平選手をスライダーで空振り三振に取ると、続く岡林勇希選手をセカンドゴロに打ち取ります。 3番・溝脇隼人選手に対しては148キロのストレートでバットを折りながらセカンドゴロに抑えました。 西投手は初回の中日打線を三者凡退に抑えています。 SNSでは「落ち着いた上々の立ち上がり」「ストレートの威力はんぱない」と西投手を称賛する声が多く寄せられています。

東京 2022.06.26 14:39

居酒屋の更衣室に侵入、現金窃盗か 警視庁の巡査の男を逮捕

警視庁の27歳の巡査の男が東京・中野区の居酒屋で従業員の更衣室に侵入し、現金を盗んだとして逮捕されました。 窃盗などの疑いで逮捕されたのは築地警察署・警務課留置係の巡査、野口敦史容疑者です。 警視庁によりますと野口容疑者は25日午後、中野区の居酒屋で従業員の更衣室に侵入し、複数の従業員の財布から現金およそ3万8500円を盗んだ疑いが持たれています。 野口容疑者は25日は休みで、同じ留置係の職員らと昼前から居酒屋で酒を飲み、数名と行った二次会の店で犯行に及んだとみられています。 調べに対し、野口容疑者は「置いてあった財布から現金を盗みました」と容疑を認めているということです。 警視庁は「警察に対する信頼を著しく損なう行為で極めて遺憾。今後の捜査結果を踏まえ厳正に対処して参りたい」とコメントしています。

東京 2022.06.26 14:33

「いやぁ~、めちゃくちゃ忘れてました」西武・山川穂高が日本人最速通算200号HR リーグ独走23号

◇プロ野球パ・リーグ 楽天-西武(26日、楽天生命パーク) 西武・山川穂高選手が日本人最速の通算200号ホームランを放ちました。 両チーム無得点で迎えた4回、この回先頭打者の山川選手は楽天先発・早川隆久投手の投じた3球目のカットボールを強振。これが右中間スタンドに飛び込む先制の第23号ソロホームラン。 山川選手はこれが通算200号ホームランとなり、697試合での到達。これまで日本人最速200号だった田淵幸一さん・秋山幸二さんの714試合を大幅に塗り替える日本人最速の通算200号となりました。 打った山川選手は「いや~、200号、めちゃくちゃ忘れてました。打席の中では相手投手に対して集中してますから。ホームランの後、ベースを回りながらベンチを見たら、あ、そうだった、って。打てて良かったです」とコメントしています。

東京 2022.06.26 14:32

“初回10球で3失点” ヤクルト先発スアレス 四球&暴投も目立ち3回持たずKO

◇プロ野球セ・リーグ ヤクルト―巨人(26日、神宮球場) 前日の試合で巨人に19失点と、大敗を喫した首位ヤクルト。 この日、先発のスアレス投手が初回から巨人打線に捕まります。ノーアウト1、2塁のピンチを招くと、巨人・ウォーカー選手に初球を打たれタイムリーヒットを許し1失点。さらに満塁のピンチから坂本勇人選手に2球目を犠牲フライ、ポランコ選手にも2球目をタイムリーヒットを許すなど、初回に10球で3失点を許しました。 3回にも四球と暴投からポランコ選手、大城卓三選手に連続タイムリーを打たれ降板。2回0/3で5失点と先発の役割を果たせませんでした。

東京 2022.06.26 14:02

【阪神スタメン発表】阪神・ロハス・ジュニアが7番レフトで2週間ぶりのスタメン

◇プロ野球 セ・リーグ 阪神-中日(26日、甲子園球場) 阪神-中日の両チームのスターティングメンバーが発表されました。阪神は25日に代打で2ベースヒットを放ったロハス・ジュニア選手が6月12日以来のスタメンに入りました。阪神の先発は西純矢投手、中日の先発は柳裕也投手です。 ◇阪神のスターティングメンバー 1(遊)中野拓夢 2(右)島田海吏 3(中)近本光司 4(三)佐藤輝明 5(一)大山悠輔 6(二)糸原健斗 7(左)ロハス・ジュニア 8(捕)梅野隆太郎 9(投)西純矢 ◇中日のスターティングメンバー 1(中)大島洋平 2(右)岡林勇希 3(遊)溝脇隼人 4(左)A.マルティネス 5(二)阿部寿樹 6(一)石岡諒太 7(三)高橋周平 8(捕)石橋康太 9(投)柳裕也

東京 2022.06.26 13:49

【スタメン発表】広島・中村奨成が8番キャッチャーでスタメンマスク

◇プロ野球セ・リーグ DeNA-広島(26日、横浜スタジアム) DeNA-広島の両チームのスターティングメンバーが発表されました。 広島は8番・キャッチャーで中村奨成選手がスタメンマスク。好調の中村健人選手は6番ライトで先発します。 広島の先発投手は九里亜蓮投手、一方DeNA先発は京山将弥投手です。 ◇広島のスターティングメンバー 1(中)野間 2(左)上本 3(二)菊池涼 4(一)マクブルーム 5(三)坂倉 6(右)中村健 7(遊)小園 8(捕)中村奨 9(投)九里

東京 2022.06.26 13:46

【スタメン発表】日本ハム清宮幸太郎がプロ初の2番で先発出場 1番は万波中正

◇プロ野球パ・リーグ ソフトバンク-日本ハム(26日、PayPayドーム) ソフトバンク-日本ハムの両チームのスターティングメンバーが発表されました。 日本ハムは清宮幸太郎選手がプロ初の2番で出場。1番は万波中正選手が入りました。清宮選手はファースト、万波選手はライトの守備位置です。 日本ハムの先発投手は今季初勝利を狙うポンセ投手、一方、ソフトバンクの先発はレイ投手です。 ◇日本ハムのスターティングメンバー 1(右)万波 2(一)清宮 3(中)松本剛 4(三)野村 5(左)淺間 6(二)アルカンタラ 7(DH)ヌニエス 8(遊)上川畑 9(捕)石川亮 (投)ポンセ

東京 2022.06.26 13:32

連日の大量得点の予感? 巨人初回16球で3得点 “積極打法”が成功

◇プロ野球セ・リーグ ヤクルト―巨人(26日、神宮球場) 前日25日の試合で、大量19得点で快勝した巨人が初回から、ヤクルト先発のスアレス投手から打者8人で3点を先制しました。 巨人は初回、先頭打者の増田陸選手がヤクルト・サード村上宗隆選手のエラーで出塁すると、続く丸佳浩選手が初球のストレートを捉え、ヒットでチャンスを広げます。 ノーアウト1、2塁のチャンスで打席には、ウォーカー選手。こちらも初球打ち。レフト前にタイムリーを放ち、巨人が先制。さらにその後も、岡本和真選手が2球目をレフト前ヒットでチャンスを広げ、坂本勇人選手が2球目を犠牲フライ。ポランコ選手は2球目をセンター前に打ち返すタイムリー。 積極的に打ちにいく姿勢で3点をもぎ取りました。

東京 2022.06.26 13:38

川越市の住宅で94歳男性が死亡…熱中症か

埼玉県川越市の住宅で25日、94歳の男性が死亡しているのが見つかりました。男性は熱中症だったとみられています。 埼玉県や消防によりますと、25日午後6時前、川越市の住宅で94歳の男性の家族から「1階のベッドの上で意識がない」と119番通報がありました。 救急隊が駆けつけると男性は、意識や呼吸のない状態で倒れていたということで、その後、病院に搬送されましたが死亡が確認されました。男性は、熱中症で亡くなったとみられています。 男性がいた部屋は、扇風機が回っていて窓が開いていたということですが、エアコンは設置されていなかったということです。 埼玉県では25日だけで、135人が熱中症で救急搬送されていますが、熱中症の疑いで亡くなったのは今年初めてだということです。

2022.06.26 13:38

海水浴場で行方不明の高校生発見 死亡を確認

25日、神奈川県平塚市の海水浴場で遊泳中の男子高校生が行方不明になっていましたが26日朝、発見され、死亡が確認されました。 警察によりますと、25日午後6時すぎ、平塚市の海水浴場ひらつかビーチパークで男性が沖に流されていると通報がありました。 流されたのは県内に住む高校2年の男子生徒で、26日午前7時すぎ、海上保安庁のヘリコプターが岸からおよそ30メートルの場所で発見し、救助しましたが、死亡が確認されました。 男子生徒は同級生6人と海水浴に来ていて、岸からおよそ100メートル沖合にあるテトラポットを目指して泳いでいる最中に行方がわからなくなったということです。 この海水浴場の海開きは来月の予定で、遊泳可能な範囲を示すブイの設置はなく、ライフセーバーもいなかったということです。

2022.06.26 13:37

ラグビー“新”日本代表 23年W杯へ新たな一歩

ラグビー日本代表は25日(土)、新体制となるメンバーでウルグアイ戦に臨み43-7で快勝。23年W杯へ向け、新たな桜の戦士たちが好発進を切りました。 今回メンバー入りした選手の中で、W杯出場経験があるのは6人のみ。まさに“新”日本代表で挑んだテストマッチ第2戦は、前半5分に新主将・坂手淳史選手の先制トライで幕を開けました。続く前半9分には、新司令塔・山沢拓也選手がハーフライン付近からペナルティーゴールを決め、この試合9得点を挙げる活躍を見せました。前半終了間際には、今年新たに開幕したリーグワンのトライ王、ディラン・ライリー選手がトライを奪うなど、ウルグアイに一歩も譲らない展開で、前半から“新”日本代表が躍動。 後半に入り、ゲラード・ファンデンヒーファー選手、梶村祐介選手が代表初トライを決めました。しかし後半29分に、稲垣啓太選手がハイタックルでシンビン(一時退場)となり、数的不利の間に失点を許してしまいました。得点を奪われたものの、新メンバーの活躍によりテストマッチは2連勝。 試合後、11・15・19年W杯主将のリーチ マイケル選手は「新チームで良いスタートを切った。しかし、一番の課題は、連続のペナルティーとイージーなミス。ただそこを修正できれば、もっと日本代表のラグビーをできると思います」と口にしました。 本格始動した“新”日本代表は、1週間後の7月2日(土)から2週連続でフランス代表と対戦します。 【7月 日本代表のスケジュール】 7月2日(土) フランス戦@豊田 7月9日(土) フランス戦@国立

東京 2022.06.26 13:18

“インパクトの瞬間に相手投手も確信” 大谷翔平が特大140mの16号HR

◇MLB エンゼルス-マリナーズ(エンゼル・スタジアム) 1点を追いかけるエンゼルスは3回、2アウトランナーなしで3番DHの大谷翔平選手。 マリナーズ先発のローガン・ギルバート投手の低め155キロのストレートを捉えると、右中間スタンドへの大きな当たりとなる16号ソロホームランで同点打を放ちました。 飛距離は約140mの特大弾。快音が鳴った瞬間にギルバート投手も、後ろを振り返りホームランを確信する様子も見られました。 大谷投手は3試合ぶりのホームランとなります。

東京 2022.06.26 12:47

ヤクルトが小澤怜史と支配下選手契約 ファームで24試合登板し防御率1.30

野球のヤクルトは26日、小澤怜史投手と支配下選手契約を結んだことを発表しました。 背番号は014から70に変更され、この日の公示で1軍に登録されました。 小澤投手は静岡県出身の24歳。日大三島高校からソフトバンクに入団し、2017年にはソフトバンクで2試合に登板しています。 今シーズンはファームで24試合に登板。1勝1敗8セーブ、防御率1.30の成績を残しています。

東京 2022.06.26 12:45

来月から節電要請“電力ひっ迫”なぜ今?“老朽”火力発電の再稼働も

厳しい暑さが続く中、政府は来月1日から7年ぶりに全国で節電を要請します。電力の供給を支える、現場を取材しました。藤吉有咲記者の報告です。 先週、都内のショッピングモール。目印となるロゴもあえて消灯。館内もトップライトなど一部の照明を消しています。 イオンモールむさし村山・木庭次郎マネージャー「(電力需給が)極めて厳しい状況にあると示されておりますので、館内外の照明を一部消灯させていただき節電に努めていきたい」 エアコンなどで需要が増える夏。東京電力管内などで電力がひっ迫する可能性があるとして、政府は来月1日から3か月間の節電を要請しています。  ◇◇◇ なぜ今、電力がひっ迫するのか…。その理由のひとつが、発電の7割以上をしめる火力発電所の減少です。 脱炭素や老朽化などを理由にこの5年間で大型火力4基分以上の供給力が減りました。 JERA姉崎火力発電所も、老朽化のため去年すべて停止。 姉崎火力発電所・齊藤喜浩当直長「このバルブ、ご覧の通りさびているんですけれども、老朽化によってなかなかきれいにできない」 いたるところにさびが。しかし、この発電所、政府の要請で、来月から一部の再稼働が決まりました。これにより、最大およそ170万世帯分の電力を供給できるといいますが、再稼働には負担も…。 姉崎火力発電所・亀井宏映所長「運転を開始してから40年以上経過しまして、稼働するのに非常に点検の費用がかかる」  ◇◇◇ こうした発電所も動かす綱渡りの状況。さらに、経済産業省の幹部は「ウクライナ侵攻を続けるロシアから、いつ発電燃料の供給が途絶えるかも分からない」と危機感を示します。 老朽火力の発電にも頼らざるを得ないこの夏。無理のない範囲で節電を積み重ねることが求められています。

2022.06.26 12:24

【巨人スタメン発表】前日とオーダー変わらず1番ファーストで増田陸を起用

◇プロ野球セ・リーグ ヤクルト-巨人(26日、神宮球場) ヤクルト-巨人の両チームのスターティングメンバーが発表されました。 巨人は打順1番から8番まで前日と変更無し。1番ファーストで増田陸選手がスタメン出場します。 巨人の先発は今シーズン8勝目を狙う戸郷翔征投手。一方、ヤクルトの先発はスアレス投手です。 ◇巨人のスターティングメンバー 1(一)増田陸 2(中)丸佳浩 3(左)ウォーカー 4(三)岡本和真 5(遊)坂本勇人 6(右)ポランコ 7(捕)大城卓三 8(二)吉川尚輝 9(投)戸郷翔征

東京 2022.06.26 12:24

飲食店で火事…店主の男性重体 山形

26日朝、山形県天童市の住居を兼ねた飲食店が焼ける火事がありました。 26日午前7時50分ごろ、山形県天童市の飲食店「中国料理 美香蘭」の厨房(ちゅうぼう)から煙が出ていると通行人から消防に通報がありました。 この火事で、店主の70代の男性が意識不明の重体、60代の妻が熱傷の疑いで病院に搬送され、手当てを受けています。 現場は天童市中心部の市街地で、消防車などおよそ20台が出て消火に当たっていますが26日午前11時現在、鎮火には至っていません。

2022.06.26 12:03

G7サミット今夜ドイツで開幕 焦点は…侵攻や食料危機への対応

G7サミット(=主要7か国首脳会議)が日本時間の26日夜、ドイツ南部のエルマウで開幕します。長期化するロシアのウクライナ侵攻や、世界の食料危機への対応が大きな焦点となります。 会場となるエルマウには日本時間の26日未明から、アメリカのバイデン大統領やフランスのマクロン大統領など、G7の首脳らが到着し始め、警備も強化されています。 サミットでは、ロシアに対する圧力強化や、ウクライナへの長期的な支援などが話し合われる見通しで、ウクライナのゼレンスキー大統領も一部、オンラインで参加する予定です。 侵攻の影響で、世界的に懸念が高まる食料危機への対応も大きなテーマで、輸出が滞っているウクライナ産の小麦などの輸送ルート確保などを協議します。 侵攻から4か月を過ぎ、各国の「支援疲れ」も指摘される中、G7として、どこまで一致した対応を打ち出し、結束を示せるかが焦点です。

2022.06.26 11:58

“住民避難”不発弾の処理作業…無事終了 静岡・磐田市

4月に静岡県磐田市でガス管の工事中に見つかっていた不発弾の処理作業が26日朝に行われ、無事に作業が終わりました。 この不発弾は今年4月、磐田市小立野でガス管の工事中に見つかったものでアメリカ製の500ポンドの不発弾であることがわかりました。 26日は自衛隊や関係機関による不発弾の処理が行われ、現場から半径355メートルが避難対象の区域に指定され、区域内の住民1411人と74の事業者が一時避難しました。また、国道1号線や複数の県道などが一時通行止めとなりました。 処理は想定よりも早く30分程で終わり、処理開始から1時間後には警戒区域のほか、交通規制も解除されました。

2022.06.26 11:51

ゼレンスキー大統領“東部奪還”の意向 強く表明

ロシア軍による激しい攻撃が続いていた、ウクライナ東部ルハンシク州の要衝セベロドネツクについて、地元市長は25日、町が完全にロシア軍に制圧されたと明らかにしました。 セベロドネツク市長「町はロシア軍に全面的に占領されています」 また、市長はロシア側が街の「司令官」を一方的に任命したと明らかにしています。ロシア側は東部ルハンシク州の完全制圧を目指していて、州内のウクライナ軍最後の拠点であるリシチャンシクへの攻勢を強めています。 一方、ゼレンスキー大統領は東部奪還の意向を強く表明しました。 ゼレンスキー大統領「わたしたちのすべての都市、セベロドネツク・ドネツク・ルハンシク、我々はすべてを取り戻す」 こうした中、ロシアのプーチン大統領は盟友関係にあるベラルーシのルカシェンコ大統領と会談し、核兵器も搭載できる弾道ミサイルを数か月以内に提供すると表明しました。 ベラルーシと国境を接するリトアニアやポーランドなど、西側諸国に対する圧力を強める狙いがあるものとみられます。

2022.06.26 11:45

日差しギラギラ…関東甲信の内陸など猛烈な暑さに

25日は6月としては記録的な暑さとなりましたが、26日も広く厳しい暑さが続き、関東甲信の内陸などでは、猛烈な暑さとなりそうです。 日本付近は南から太平洋高気圧に覆われ、東日本や北日本を中心に朝からギラギラと強い日差しが、照りつけています。 この時間は既に30度を超えている所が多く、26日も全国各地で厳しい暑さとなりそうです。 最高気温は、前橋や熊谷で36℃、東京都心や甲府、福島などで35℃の猛暑日が予想され、広く熱中症の危険性が高くなっています。 27日以降も東日本と西日本では、しばらく晴れて、厳しい暑さが続く見込みです。自分の体力を過信せず、水分をこまめにとり、冷房を適切に使うなど体調管理を心がけてください。

2022.06.26 11:22

【天気】東・北日本は強い日差し…夏の青空広がる

【全国の天気】 東日本や北日本は強い日差しが照りつけて夏の青空が広がるでしょう。西日本は雲が広がりやすく西日本と東日本では、にわか雨や雷雨がありそうです。 【全国の予想最高気温】 全国的に30度以上の真夏日予想で、厳しい暑さが続くでしょう。特に関東は、26日も気温が高く、東京都心は35度内陸は36度くらいまで上がり広く猛暑日になりそうです。 【全国の暑さ指数】 熱中症の危険性の高さを5段階で表したもので、東北南部から西日本は広く厳重警戒となっています。東京と福岡は最も高い危険の表示で、厳重に警戒してください。 【全国の週間天気】 大阪から那覇。27日以降も夏空と厳しい暑さが続くでしょう。札幌から名古屋。東日本は連日晴れて、梅雨明けを思わせる暑さが続くでしょう。北日本はこの先くもりや雨の日が多くなりそうです。

2022.06.26 10:05

【26日予告先発】連日大荒れのヤクルト対巨人 巨人は中4日で先発の戸郷翔征で勝利を狙う

26日のプロ野球予告先発が発表されました。 ヤクルトと対戦する巨人は、21日・火曜日にDeNA戦で先発した戸郷翔征投手が中4日で先発します。 現在、首位・ヤクルトと2位・巨人のゲーム差は10。巨人は少しでも差を縮めるため、今季チームトップの7勝を挙げている戸郷投手でなんとしても勝利を掴みたいところです。 一方のヤクルトは新外国人・スアレス投手が先発。 来日初勝利をかけ先発マウンドに上がります。 このカードは、金曜日にヤクルトが16得点で勝利。土曜日は巨人が19得点で勝利と、大味な試合になっています。果たして3戦目は何点入るのか注目です。 【26日の予告先発】 ■セ・リーグ (ヤクルト)スアレス-戸郷翔征(巨人) (DeNA)京山将弥-九里亜蓮(広島) (阪神)西純矢-柳裕也(中日) ■パ・リーグ (楽天)早川隆久-與座海人(西武) (ロッテ)美馬学-山崎福也(オリックス) (ソフトバンク)レイ-ポンセ(日本ハム)

東京 2022.06.26 10:00

セベロドネツク市長「町が完全にロシア軍に制圧された」

ロシア軍による激しい攻撃が続いていた、ウクライナ東部ルハンシク州の主要都市セベロドネツクの市長は25日、町が完全にロシア軍に制圧されたと明らかにしました。 セベロドネツクでは1か月以上にわたり、ロシア軍とウクライナ軍の激しい攻防が続いていました。25日、市長はウクライナ軍が撤退しロシア軍が町を完全に占領したと述べました。 また、ロシア軍は東部ルハンシク州の完全制圧を目指す中、州内のウクライナ軍最後の拠点であるリシチャンシクへの攻勢を強めています。 親ロシア派勢力は25日、ロシア軍が市街地に入り戦闘が行われているとしています。 こうした中、ロシアのプーチン大統領は盟友関係にあるベラルーシのルカシェンコ大統領と会談し核兵器も搭載できる、弾道ミサイル「イスカンデル」を数か月以内に提供すると表明しました。 ベラルーシと国境を接するリトアニアやポーランドなど、西側諸国に対する圧力を強める狙いがあるものとみられます。

2022.06.26 06:35

アメリカ最高裁“中絶権利否定”バイデン大統領「ひどい判断だ」

アメリカ連邦最高裁が、人工妊娠中絶の権利を認めた49年前の判決を覆す判断を下してから一夜明けた25日、バイデン大統領は、「ひどい判断だ」と、改めて最高裁を非難しました。 首都ワシントンの連邦最高裁が、中絶を憲法上の権利だと認めた1973年の判決を覆したことについて、バイデン大統領は、改めて非難しました。 バイデン大統領「最高裁はひどい判断を下したと思う」 中絶擁護派と反対派、双方によるデモの動きは全米に広がり、一部では混乱も起きています。 中西部アイオワ州では、中絶の権利を訴える人々とピックアップトラックの運転手がトラブルになり、地元警察によりますと、引きずられた女性1人がケガをしました。 ロサンゼルスでは、デモ隊とみられる集団が高速道路で行進を行い、車の通行を妨げたり、危害を加える様子も確認されています。 また、南部アーカンソー州では、保健当局が医療機関に対し、中絶を行った場合、最大10年の禁錮刑もしくは最大10万ドルの罰金を科すと通知するなど、さっそく動きも出ています。

2022.06.26 06:46

オミクロン株対応ワクチンの追加接種、抗体レベルが大幅上昇 ファイザー臨床試験

アメリカの製薬大手ファイザーは25日、新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」に対応したワクチンの追加接種の臨床試験で、抗体レベルが従来のワクチンよりも大幅に上昇することを確認したと発表しました。 ファイザーは25日、56歳以上の1200人あまりを対象に行った新型ウイルスのオミクロン株に対応したワクチンの追加接種の臨床試験結果を公表しました。 それによりますと、オミクロン株に対する抗体レベルが、従来のワクチンを使った追加接種よりも大幅に上昇することを確認したということです。安全性について特段の懸念は認められなかったとしています。 ファイザーは、今回のデータをFDA(=食品医薬品局)に提出し、オミクロン株に対応したワクチンの緊急使用許可を申請する方針です。

2022.06.26 03:07

岸田首相、ドイツに向け出発 G7サミット出席へ

岸田首相はG7サミット=主要7か国首脳会議に出席するため、ドイツに向け出発しました。 岸田首相「今回のG7サミットでは世界が歴史の岐路に立つ中、率直に議論を行いG7の結束を示す、こうした機会にしたい」 サミットではウクライナへの侵略を続けるロシアへの圧力強化や、ウクライナ支援、さらに世界的な燃料価格の高騰や食料危機への対応について議論します。 その後、岸田首相はスペインで開かれるNATO=北大西洋条約機構の首脳会議に日本の首相として初めて出席します。 岸田首相としてはウクライナ侵略への対応に加え自由で開かれたインド太平洋の実現に向けNATOとの連携を強化する狙いがあります。 選挙期間中に総理が外国を訪問するのは異例のことで、ある政府関係者は、「外交に力を入れている姿勢をアピールすることが重要だ」と述べています。

東京 2022.06.26 00:47

路上に熱中症で倒れた90代男性、搬送も…死亡 三重

三重県鳥羽市では、90代の男性が路上で熱中症で倒れているのが見つかり、病院に運ばれましたが、その後、死亡しました。 三重県と鳥羽市消防本部によりますと、25日午後4時15分ごろ、鳥羽市内の路上で、近くに住む90代の男性があお向けに倒れているのが見つかりました。 救急隊が駆けつけると、男性の体温は40℃を超えていて、熱中症で病院に運ばれましたが、およそ1時間後に死亡しました。 男性は正午ごろ、自宅からおよそ800メートル離れた店に買い物に行くところを目撃されていて、徒歩で自宅に帰る際に倒れたとみられています。 この日、鳥羽市では午後1時過ぎに最高気温34.6℃を記録していました。 今年に入って三重県で熱中症で死亡する事例は、今回が初めてです。

2022.06.26 01:29

全国で新たに1万6593人の感染確認 死者は9人

全国の新型コロナウイルスの新たな感染者は1万6593人でした。 まず、東京都内では、新たに2160人の感染が確認されました。直近7日間の感染者数の平均は1963.4人で、前の週の123.3%となり、6日連続100%を上回りました。 2人の死亡が確認され、従来の都の基準による重症者は3人でした。 都の担当者は「感染者も少し増加傾向にあり、入院患者も増えている」「若い人の3回目接種率もまだ半分に至っておらず、重症化リスクのある人たちの4回目接種もあわせ、ワクチン接種の推奨を続けたい」としています。 一方、全国の新たな感染者は1万6593人で、亡くなった方は9人報告されました。

2022.06.26 00:59

東京 126人が熱中症で搬送(午後9時)

25日は、関東地方を中心に多くの地点で猛暑日となり、群馬県の伊勢崎市では、日本の6月の気温として初めて40℃以上が観測されました。 群馬県伊勢崎市では25日午後2時前に40.1℃を観測、午後3時前には40.2℃まで上昇しました。日本の6月の気温で、40℃以上が観測されたのは初めてです。 このほか、群馬県前橋市で39.5℃、埼玉県熊谷市で38.4℃など、関東甲信から東北を中心に、61の地点で6月の観測史上1位の暑さとなりました。 東京都心でも35.4℃と、今年初の猛暑日となりました。都心の気温が6月に35℃を超えたのは、11年ぶりです。 東京消防庁管内では、午後9時までに126人が熱中症で救急搬送されたということです。 26日以降も厳しい暑さが続くということで、熱中症に厳重な警戒が必要です。

2022.06.26 00:55

銃規制の強化法が成立 米国で28年ぶり

アメリカで28年ぶりとなる銃規制の強化法が25日、バイデン大統領の署名によって、成立しました。 成立した銃規制強化法には、21歳未満の銃の購入者の身元確認の厳格化や、学校の安全対策への資金援助の拡充、さらに各州が、危害を加える恐れのある人物から銃を一時的に没収できる法律を制定するための財政支援などが盛り込まれています。 バイデン大統領「この法案で私が望む全てができるわけではないが、長い間求めてきた命を救うための行動が含まれている」 アメリカでは、先月、南部テキサス州の小学校で児童ら21人が犠牲となる銃乱射事件が起きるなどして、銃規制を求める世論が高まり、これまで慎重だった野党・共和党の一部の議員も法案の賛成に回って、今回、超党派で銃規制強化法が成立しました。 バイデン大統領は演説で、共和党に対し、「われわれは銃に関して妥協できた。他の重要な問題でも妥協できるはずだ」と呼びかけました。

2022.06.26 01:20

副都心線 車内で人が暴れ緊急停止 乗客の多くが窓から外に出る 一時運転見合わせ

25日午後、東京メトロ・副都心線の電車内で人が暴れているとして電車が緊急停止しました。 警察などによりますと、25日午後2時前、東京メトロ・副都心線の東新宿駅を、和光市方面に発車した電車内で、40代の男性が、乗客の足のマナーに腹を立て、大声で怒鳴り、他の車両に移動しながら腕やかばんを振り回すなど暴れたということです。 乗客が非常通報ブザーを鳴らして、電車が緊急停止し、車内は一時騒然となりました。 乗客「10mくらい進んだら急に電車が止まって、30秒くらいその場が静まりかえったような感じ。そうしたら前の車両から大量の人がなだれ込んできて」 電車が、駅構内の停車位置でない所に止まったため、すぐにホームドアが開かず乗客の多くが窓から外に出たということです。 乗客「何が起きているのか分からないし、とにかく思い出したのは京王線とか小田急線(の事件)。そのくらいの緊迫感はありました」 大声を出した男性は、警察に身柄を確保され事情を聞かれていますが、警察などによるとけが人はいないということです。 副都心線は、全線で1時間ほど運転を見合わせ、およそ5700人に影響が出ました。

東京 2022.06.25 21:56

もっと読み込む