全国のニュース

センター試験“25秒短い”47人が再試験

19日行われた大学入試センター試験で、試験時間が25秒短かったとして、兵庫県神戸市で受験した47人が再試験の対象となった。 再試験の対象となったのは、兵庫県神戸市にある神戸女子大学で「数学1」を受けていた47人の受験生。大学入試センターによると、この大学は試験の開始と終了の際、25秒あるチャイムを鳴らしていて、試験監督は、チャイムが鳴ったと同時に試験を始める指示をする必要があったが、チャイムが鳴り終わってからその指示をしたため、本来60分ある試験時間が、25秒短くなったという。 試験後に受験生らから指摘があり、その場で試験時間を25秒延長する対応をすればよかったところ、できないものと思い込み、答案を回収してしまったため、この教室で受験していた47人が再試験の対象となった。 大学入試センターは47人に対し、20日の午後5時までに今月26日に行われる再試験を受けるかどうか、希望を聞くという。

東京2020.01.19 15:44

日米安保条約改定60年 米トランプ氏声明

アメリカのトランプ大統領は18日、日米安全保障条約の改定60年に合わせて声明を出し、日米同盟の強化を訴えるとともに、日本のさらなる貢献に強い期待感を示した。 声明でトランプ大統領は、「偉大な二つの国の強固な同盟は、60年にわたって世界全体の平和と安全、繁栄に不可欠だった」と高く評価した。一方で、安全保障環境の変化や新たな課題を指摘しつつ、「日米同盟をより強化し、深めることが不可欠だ」と訴えた。 そのうえで、「日本の貢献が数か月から数年のうちにいっそう拡大すると確信している」として、日本のさらなる貢献に強い期待感を示した。

2020.01.19 15:39

住宅全焼…焼け跡から1遺体 住民男性か

19日未明、埼玉県松伏町で住宅が全焼する火事があり、焼け跡からこの家に住む男性とみられる遺体が発見された。 警察によると19日午前3時半ごろ、松伏町で「音をたてて家が燃えている」と通報があった。火はおよそ6時間後に消し止められたが、木造2階建ての住宅が全焼し焼け跡から男性1人の遺体が発見された。 住宅には長誠一さん(86)と妻が住んでいて、妻は逃げて無事だったが、誠一さんとは連絡がとれていないという。警察は、遺体は誠一さんとみて身元の確認を急ぐと共に出火原因を調べている。

埼玉2020.01.19 15:35

車でバイクと衝突し逃走…男性重傷 男逮捕

去年12月、東京・練馬区で、運転中にバイクと衝突しバイクを運転していた男性に重傷を負わせ、そのまま逃走したとして、会社員の男が逮捕された。 警視庁によると、会社員の池沢直紀容疑者は、去年12月、練馬区の道路で軽トラックを運転中、50歳の男性が運転するバイクと衝突し、そのまま逃走したひき逃げの疑いがもたれている。 池沢容疑者は、左折しようとした際にそのまま直進してきたバイクと衝突し、一度車から降りて倒れている男性を確認したあと、現場から立ち去っていたという。 男性は、骨盤の骨を折るなど全治2か月の重傷で、現在も入院中という。調べに対し池沢容疑者は、「事故で会社に迷惑がかかると思った」などと容疑を認めているという。

東京2020.01.19 15:34

女性と長男死亡“おい殺害”女性の兄再逮捕

先月、さいたま市の集合住宅で女性と3歳の長男が死亡した事件で、警察は、女性を殺害したとして逮捕されていた女性の兄をおいを殺害した疑いで再逮捕した。 再逮捕された安保友佐容疑者は、先月8日、さいたま市の集合住宅の一室で同居していたおいの大翔くんの頭や顔を、自宅にあった包丁などで複数回切りつけ殺害した疑いがもたれている。 友佐容疑者は妹で、大翔くんの母親、王子さんを殺害した疑いで逮捕されていた。調べに対して「間違いありません」と容疑を認めているという。 また、動機については、供述が変遷しているものの、「妹とおいっ子を恨んでいた」という趣旨の話をしているという。

埼玉2020.01.19 15:34

くさ〜い“世界最大級の花”咲く つくば市

世界最大級の花が、18日夜、茨城県つくば市の植物園で開花した。 18日夜、茨城県の筑波実験植物園で開花したのは、世界最大級の花「ショクダイオオコンニャク」。高さ2メートル32センチ、直径最大88センチの花は、開花直後、強烈なにおいを放つ。 国立科学博物館 堤千絵さん「こちらの植物園では、この冬の時期に開花するのは初めて。咲いてよかったです」 インドネシア原産の「ショクダイオオコンニャク」の開花は日本で19例目で、この植物園では、2018年に引き続き約1年半ぶり、5回目の開花となった。定期的に同じ株から何度も開花するのは世界的にも珍しいという。 開花後は3日ほどで折れて枯れてしまうため、見頃は残りわずかとなりそうだ。

茨城2020.01.19 12:16

最後の「センター試験」2日目始まる

今年で最後となる「大学入試センター試験」は、2日目を迎えた。これまでに大きなトラブルはないという。 全国689の会場のひとつ、東京大学では、19日朝も寒空の下、多くの受験生が午前8時の開門前から集まり、参考書やノートなどを広げて試験に備えていた。2日間の日程で行われるセンター試験は19日が最終日で、理科と数学の試験が行われる。 大学入試センターによると、これまでに交通機関の遅れなど大きなトラブルはないということで、予定通り午前9時半から試験が始まっている。 1990年に始まったセンター試験は、来年から思考力・判断力・表現力を測ることを重視した「大学入学共通テスト」に切り替わるため、19日が最後となる。

東京2020.01.19 11:55

東大生 電車内で女子高生の下半身触ったか

小田急線の電車内で、女子高校生の下半身を触ったなどとして、東京大学の学生の男が逮捕された。 強制わいせつの疑いで逮捕されたのは、東京大学農学部4年生の宮下岳容疑者。 警察によると、宮下容疑者は17日、走行中の小田急線の電車内で、女子高校生の下着の中に手を入れ下半身を触るなどした疑いがもたれている。女子高校生が「痴漢です」と叫び、宮下容疑者は登戸駅に到着後、逃走したが、同じ車両に乗りあわせた警視庁の警察官が100メートルほど追いかけ、現行犯逮捕したという。 調べに対し、宮下容疑者は「痴漢する相手を探していた」と話す一方、「パンツの上から触った」などと容疑を一部否認しているという。 宮下容疑者は去年と2018年も痴漢行為で逮捕されていたという。

東京2020.01.19 11:50

センター試験1日目「世界史B」で出題ミス

今年で最後となる大学入試センター試験で、1日目に行われた「世界史B」で出題ミスがあったことがわかった。 大学入試センターによると、出題ミスがあったのは、「世界史B」のうちの様々な国の制度や政策を述べた4つの選択肢の中から正しいものを選ぶ問題。選択肢の中で「魏(ぎ)で、屯田制が実施された」を正解と想定していたが、「魏」という国名は三国時代にも、さらに前の戦国時代にもあるため、必ずしも正解とは言えなくなるという。 試験中に受験生から指摘があり、この問題については受験生全員に得点を与える措置が取られることになった。 センター試験で全員に得点を与えることになったミスは、1997年の日本史A以来23年ぶりだという。

東京2020.01.19 11:18

気温0℃で水中に…ロシア恒例「洗礼祭」

ロシアのモスクワでは気温0℃という寒さの中、全身を水の中に沈めて清める毎年恒例の「洗礼祭」が行われた。 モスクワはこの冬、例年にない暖冬だが、モスクワ川では気温0℃の寒さの中、人々が次々に水に全身を3回浸した。 会場では、心臓発作などまさかの事態に備えて救急車や非常事態省の職員らが待機している。 参加者「水から上がった後の感覚が最高」「水に入ったら1年間病気していない」 これは、ロシア正教会が、イエス・キリストがヨルダン川で洗礼を受け水を聖なるものにしたとされることにちなんで、毎年この時期に行う「主の洗礼祭」。この洗礼祭は、モスクワのほか、ロシア各地の約3900か所で19日いっぱい行われるという。

2020.01.19 09:50

最後の「センター試験」 きょう2日目

最後の実施となる「大学入試センター試験」は、19日、2日目を迎える。全国689の会場のひとつ、東京大学では18日、雨が降る中、開門とともに参考書を手にした受験生たちが試験会場に向かった。 センター試験1日目の18日は、懸念されていた関東甲信の雪の影響はなかったが、試験会場の蛍光灯が切れたことによる部屋の変更や遅刻などのため、東京と愛知の受験生あわせて206人が試験時間を繰り下げて受験した。 また、英語のリスニングではICプレーヤーの不具合や受験生が持ち込んだ目覚まし時計が鳴るなどの理由で、91の会場のあわせて109人が中断した部分からやり直す「再開テスト」を受けたという。 センター試験は19日が最後の実施で、来年からは大学入学共通テストにかわる。

東京2020.01.19 07:55

ヘンリー王子夫妻「称号」返上へ 王室声明

イギリス王室は18日、今年の春以降、ヘンリー王子とメーガン妃が王室メンバーとしての称号を返上し、一切の公務から退くなどとする声明を発表した。 ヘンリー王子とメーガン妃は今月8日に主要な王族の地位から退くとの意向を表明していた。これを受けてイギリス王室は対応を協議していたが、18日、今年の春以降、ヘンリー王子夫妻は王室メンバーとしての称号を返上することや、一切の公務から退き公金の支出も受けないことに同意したと発表した。 また、公金の無駄遣いとして批判が高まっていた夫妻の新居の改修費用およそ240万ポンド、日本円にして3億4000万円あまりについても、夫妻は「返金する」考えだとしている。

2020.01.19 07:54

“新型肺炎”武漢市「患者数62人」と発表

中国の武漢で新型コロナウイルスによるとみられる肺炎が拡大している問題で、地元当局は、感染した患者が62人に増えたと明らかにした。ただ、実際の感染者数はすでに1700人を超える可能性も指摘されている。 中国湖北省の武漢市当局は、19日未明、新型コロナウイルスによるとみられる肺炎患者が新たに17人増えたと発表した。感染した患者は計62人となり、これまでに2人が死亡、8人が重症だという。 一方、イギリスの研究チームは、今月12日の時点での推計として、実際の患者数は1700人あまりに達している可能性があると発表した。その上で「武漢以外の都市の肺炎による入院患者すべてを監視対象に含む必要がある」などと警告している。 こうした中、香港メディアが、中国の上海と広東省・深セン(「土」へんに「川」)で計3人が感染した疑いがあると報じた。もし感染が確認されれば、中国国内では武漢市以外で初めてとなる。

2020.01.19 07:54

最後のセンター試験、初日終了

今年で最後となる「大学入試センター試験」。1日目の18日は大きなトラブルなく終了した。 全国689の会場のひとつ東京大学では、雨が降る中、18日午前8時の開門とともに参考書を手にした受験生たちが試験会場に向かった。 受験生「(前日は)布団入って、そこから2時間くらい眠れなかった」 受験生「150%の力を出せるように頑張ります。(妹が)お守りを作ってくれました」 受験生「頑張るぞー!」「オー!」 2日間の日程で行われるセンター試験1日目の18日は、懸念されていた関東甲信の雪の影響はなかったが、試験会場の蛍光灯が切れたことによる部屋の変更や遅刻などのため、東京と愛知の受験生あわせて206人が、試験時間を繰り下げて受験した。 また、英語のリスニングでは、ICプレーヤーの不具合や受験生が持ち込んだ目覚まし時計が鳴るなどの理由で、91の会場のあわせて109人が、中断した部分からやり直す「再開テスト」を受けたという。 19日は、理科と数学の試験が行われる。

東京2020.01.19 01:58

「頭の守護神」に受験生らが合格祈願 三重

受験シーズンを迎え、頭の神様として知られる三重県大紀町の神社に合格を願う多くの人が訪れている。 大紀町の「頭之宮四方神社」は、「頭の守護神、知恵の大神」といわれ、この時期、県内外から多くの受験生やその家族が合格祈願に訪れる。 参拝する人は「お頭さん」と呼ばれる頭が良くなるという言い伝えがある石をなでたり、境内に湧く「知恵の水」といわれる水を飲んだりしていた。 参拝者「自然豊かで、心も体もスッとして、頑張って受験に励めそうです」 また、願いを込めて絵馬をかける人の姿も多く見られた。

三重2020.01.19 01:54

「隠し扉」から絵画発見 クリムトの作品

イタリア北部の美術館で先月、「隠し扉」の中から絵画が見つかり、この画が23年前に盗まれたと考えられていたオーストリアの画家・クリムトの作品であることが確認された。 AP通信などによると、イタリア北部の美術館で先月、庭師が外壁のツタを取り払っていた際、壁に隠し扉があることに気がついた。 中からビニール袋に入れられた絵画が見つかり、専門家が鑑定を進めていたが、鑑定の結果、絵画はオーストリアの画家・クリムトの作品「婦人の肖像」と確認された。 絵画は、23年前に同じ美術館で何者かによって盗まれたと考えられていた。 美術館は、この作品について日本円で73億円以上の価値があるとみているという。

2020.01.19 01:54

スルメを焼いて…津軽鉄道「ストーブ列車」

青森県には、鉄道ファンだけでなく、観光客にも喜ばれる冬限定の列車がある。津軽鉄道のストーブ列車だ。昭和の趣がそのまま残る古い客車で、乗客を温めるのは石炭ストーブだ。      ◇ 黒い石炭が赤々と燃えるだるまストーブ。青森県五所川原市と中泊町を結ぶ津軽鉄道の列車内の光景だ。 毎年12月から3月まで運行される「ストーブ列車」の出発駅・津軽五所川原駅は、特別な体験を目当てに訪れた乗客でにぎわう。 終着の津軽中里駅までのお供として欠かせないのがスルメ。だるまストーブの上で焼かれたスルメの味に、乗客たちの笑みがこぼれる。 初めて乗った女の子「すごく暖かくて楽しいです」 東京から訪れた客「スルメがとてもおいしいです。東京には、なかなかこういう感じの列車はないので、うれしいです」 厳冬の津軽平野を走り抜けるストーブ列車は、昭和5年(1930年)に運行が始まった。 客車は、窓際のテーブルの下に栓抜きがあったり、古びた木製のひじ掛けなど、昭和の趣をそのままに残している。 鉄道ファンの男性は、「昔ながらの車両と、ガタガタとする音、これがすごく雰囲気がいいです」と話した。 津軽弁で車窓からの眺めを案内するのは松山千恵子さん。今年3年目を迎える人気の観光アテンダントだ。津軽鉄道に日々乗車しながら沿線の観光案内をする松山さんは、ストーブ列車が暖かいのは、石炭の火の強さだけでなく、乗客同士の交流にあると感じている。 津軽半島観光アテンダント・松山千恵子さん「スルメを1人で食べるのが多いという人は、『いかがですか』と皆さんに声をかけて、おすそ分けして」「ストーブだけではなく、交流があたたかい列車です」 東京から年に10回以上訪れる常連客の男性は、津軽鉄道の乗り心地と訪れるなかで知り合った地元の人たちにほれ込み、もう10年になる。 常連客の男性「飽きないですね。こちらの人たちが優しいので、来て楽しんで、遊んでいます。ずっと津軽鉄道がある限り来続けると思います」 津軽平野にしんしんと雪が降ったこの日。普段は午後5時前に運行を終えるストーブ列車は、日没を過ぎても走り続けた。旅行会社と共同企画した特別な夜行ツアーの運行だ。 ツアー客たちは、4人掛けのボックス席を2人で利用して、地元の食堂が用意した駅弁を味わいながら特別な旅を楽しんだ。 大阪から訪れた客「時間の流れがゆったりというか、せわしなく生きているので、少し心が安らぎます」 津軽鉄道は、昭和の懐かしい雰囲気を満喫できるストーブ列車の旅を、これからも大事にしていく。 津軽鉄道・澤田長二郎社長「ストーブ列車に乗るために来ていただけるのは、我々も感謝の気持ちしかありません。オンリーワンの列車を運行できれば良い」 寒さ厳しいなか津軽平野を走るストーブ列車は、全国から訪れる乗客を温かく迎え入れる。

青森2020.01.19 01:53

夫婦刺され妻死亡 近くにいた男聴取 岡山

岡山市の住宅で夫婦が刃物のようなもので刺され45歳の妻が死亡した。警察は、現場近くにいた男が何らかの事情を知っているとみて調べを進めている。 18日午前3時20分ごろ、岡山市中区の50歳男性から「刃物で刺された」と110番通報があり、警察が駆け付けたところ左腕に切り傷を負った男性と倒れている女性を発見し、女性は死亡が確認された。 死亡したのは中出一枝さん(45)で、腹部など複数箇所を刃物のようなもので刺されていたという。 その後、現場から250メートルほど離れた住宅の敷地に隠れていた30代の男を捜査員が発見、住居侵入の疑いで緊急逮捕した。 警察は、この男が何らかの事情を知っているとみて調べを進めている。

岡山2020.01.19 00:56

下地議員、議員辞職しない考え表明

下地幹郎衆議院議員の事務所の職員が、カジノを含むIR(=統合型リゾート)をめぐる汚職事件で再逮捕された中国企業の元顧問から選挙資金として現金100万円を受け取っていた問題を受け、自らの進退を検討していた下地氏は18日夜、議員辞職しない考えを表明した。 下地氏は18日夜、那覇市内で後援会の会合に出席後に取材に応じ、「支持者から議員を続けろという声が多かった」などとして、議員辞職はせず、当分は無所属で活動する考えを表明した。 そして、「中国企業側に便宜を図ったりした事実は一切ない」とあらためて主張した。 下地氏をめぐっては、今月8日、所属していた日本維新の会が除名処分とし、議員辞職も勧告していて、下地氏は通常国会が召集される今月20日までに進退を判断する意向を示していた。

2020.01.18 23:14

“新型コロナ”患者数は発表の40倍近くか

中国の武漢で新型コロナウイルスの感染が拡大している問題で、イギリスの研究者らは、実際の患者数は地元当局の発表の40倍近くに達する可能性があるとの見方を明らかにした。 これはWHO(=世界保健機関)などにも助言を行っているイギリスのインペリアルカレッジ・ロンドンの研究チームが公表したもの。 中国の武漢市当局は、新型コロナウイルスによるとみられる肺炎患者を、これまでに45人確認したとしているが、研究チームは今月12日の時点での推計として、実際の患者数は1700人あまりに達している可能性があると発表した。 その上で、「武漢以外の都市の肺炎による入院患者すべてを監視対象に含む必要がある」などと警告している。 新型コロナウイルスをめぐっては、中国では武漢市以外に感染の報告がなく、SNS上では「ほかの都市では発生していないのか」などと、当局による情報隠蔽(いんぺい)を疑う声もあがっている。

2020.01.18 22:37

エレキテル中野、同じ事務所の芸人と結婚

お笑いコンビ「日本エレキテル連合」の中野聡子(36)が18日、結婚した。 所属事務所が公式サイトで公表。 お相手は同じ事務所に所属するお笑い芸人の松尾アトム前派出所(41)で、2人は直筆報告文を掲載している。 中野は「昨年の大晦日に突然『そうだ結婚しよう。』と思い立ち、その日のうちに松尾さんに提案したところ、ふつつかな私をお嫁さんにしたいと言ってくれました」とコメント。 松尾も「日本エレキテル連合中野聡子さんに完璧に感電しましたので結婚させていただきます」と記している。

東京2020.01.18 21:27

東芝グループ会社で200億円規模架空取引

経営再建中の東芝は18日、グループ会社で架空の取引が行われていたと発表した。架空取引の額は売上高200億円規模と見込んでいる。 東芝は、グループ会社の東芝ITサービスで200億円規模の架空取引が見つかったと発表した。 架空取引をめぐっては、去年11月末頃に、“東芝ITサービスと他の企業との間で実在性に疑義のある取引が複数年にわたって行われていた可能性がある”との情報があがり、東芝は会計士など外部の専門家の協力も得て社内調査を行っていた。 この結果、2019年4月から9月の半年間で、商品やサービスのやりとりの実態がない売上高、およそ200億円が計上されていたという。 しかし、現時点では、東芝ITサービスが意図的に架空取引を行っていたという証拠は見つかっていないということで、東芝は実態解明に向け調査を継続するとしている。 また、架空に計上された200億円については、次の第3四半期の決算で消去することにしている。

東京2020.01.18 20:59

橋本マナミ「結婚後も守りには入りません」

タレントの橋本マナミ(35)が18日、写真集「橋本マナミの抱きしめて in ハワイ」(講談社刊)の発売記念イベントを都内で開催した。 “国民的愛人”のキャッチフレーズで親しまれている橋本は、昨年11月27日に1歳下の医師と結婚。 独身時代最後に撮影した本作は「“THE 王道”のグラビア写真集」をテーマにハワイでロケを行い、橋本は「『誰のものでもない時の写真集』と言うと、複雑な思いもあるファンの方は多いと思うので、“国民の愛人”としては最後の写真集になりますね」と笑顔で語った。 結婚することが決まっている中での撮影だったが、本作ではセクシーなカットが詰め込まれている。 「撮影に入ると、どうしても脱ぐクセが付いちゃっていて、脱がなくてもいいのにどんどん脱ぎ捨てて…」と振り返り、今後のグラビア活動についても「結婚してもセクシーな方は死守しつつ、守りには入りません。今後は人妻としての魅力をつけていけたら」と宣言した。 結婚にいたるまでの交際期間は約2年で、同居も1年していたというが、交際が公になることはなかった。 橋本は「外でのデートは1、2回。彼の友達にも私の友人にも(付き合っていることは)言わなかったですし、そういうところから(情報が)洩れちゃったりするので徹底してやっていました」と橋本。現在もお互い相手については口外しておらず、「(彼の勤務先の)病院の方も知らなくて。目立つのが嫌いな方なので、職場に言っていなくて。結婚したことは言ったけど、相手(の詳細)は言っていない」と明かした。 この日は、指輪はしていなかったが、「指輪の交換はしています。婚約指輪は(宝石が)ある程度の大きさのものはいただきました」と話し、子どもの予定については「今年で36歳になるので、授かれるのであれば、ほしいですね」と語った。

東京2020.01.18 20:34

共産党党大会 中国批判する内容に綱領改定

共産党は静岡県で党大会を開き、「覇権主義が強まっている」などと中国を批判する内容に党の綱領を改定することを全会一致で決めた。 党大会では「強まっている大国主義・覇権主義は世界の平和と進歩への逆流となっている」などと、名指しこそ避けたものの、中国を批判する内容に党の綱領を改定した。 香港や新疆ウイグル自治区などでの人権侵害への批判が高まる中、中国共産党との立場の違いを明確にした形。 共産党・志位委員長「中国の党は社会主義・共産主義を名乗っているけれども、覇権主義・大国主義の行動、人権侵害の行動、これは共産党の名に値しない」 党大会では他の野党との共闘を発展させ、2022年までの野党連合政権の樹立を目指すとの決議も採択した。

東京2020.01.18 20:10

センター試験 1日目は大きなトラブルなく

今年で最後となる「大学入試センター試験」。1日目の18日は大きなトラブルなく終了した。 全国689の会場のひとつ、東京大学では、雨が降る中、午前8時の開門とともに参考書を手にした受験生たちが試験会場に向かった。大学入試センターによると、最後となる今年のセンター試験の志願者は55万7699人で、利用する大学と短大は過去最多の858校にのぼる。 2日間の日程で行われるセンター試験1日目の18日は、懸念されていた関東甲信の雪によるトラブルはなかった。 また、遅刻や試験会場の蛍光灯が切れて部屋の変更などがあったため、東京と愛知の受験生あわせて206人が試験時間を繰り下げたが、それ以外に大きなトラブルはなく終了した。 19日は理科と数学の試験が行われる。

2020.01.18 19:13

自民党・岸田政調会長「ポスト安倍」へ意欲

自民党の岸田政調会長が18日、「政策の違いを示すことで次の時代を担える1人として存在感を高めたい」と述べ、ポスト安倍への意欲を改めて示した。 岸田政調会長「従来の政策のどこを是正しどこをバージョンアップするのか、この違いをしっかりと示すことによって次の時代を担える1人として力をたくわえ、存在感を高めていきたい」 岸田氏は「アベノミクスで大企業などは元気づいているが、地方や中小企業には、経済政策の成果が行き渡っていない」「今までの政策を続けて、引き続き元気でいられるほど世の中は甘くない」と指摘した。 その上で「違いを示すことで自分自身の覚悟を示す」とポスト安倍への意欲を改めて示した。 また、自民党の河井克行前法相と妻の案里参議院議員の事務所が広島地検の捜索を受けたことについて、岸田氏は「政治や自民党への信頼を損ないかねない」「当事者が説明責任を果たすべく、努力しなければならない」と述べた。

東京2020.01.18 19:09

COCO、新年の目標は「オフ会で手料理」

グラビアアイドルのCOCO(25)が18日、DVD「COCO LOVIN’YOU」の発売記念イベントを都内で開催した。 2枚目のDVDで、昨年7月にバリ島で撮影。 現地で蚊に約30か所も刺されたそうで、「露出が多い衣装で外にいて、ジャングルのようなところで撮影したので、虫に好かれてしまって…。他のスタッフさんは刺されていなかったのに、私だけ(体が)真っ赤っか」と苦笑いした。 2020年の目標を聞かれると、「ひとりの女性として、もうちょっと大人になっていきたい」とCOCO。 特に料理の腕をあげたいと明かし、「3年くらい前に、包丁で指を切って救急車で運ばれているんです。それ以来、包丁を使うのが怖くて、料理から離れている。でも25歳なので、お料理も勉強して、クリスマスのあたりに(ファンに)手料理を振る舞うオフ会ができたら」と語った。

東京2020.01.18 18:48

「受刑者のアイドル」500回記念公演

受刑者らを応援するコンサート活動を続け、「受刑者のアイドル」と呼ばれる女性デュオが18日、500回目の記念コンサートを開いた。 受刑者手作りの看板とともに横浜刑務所の舞台に登場した女性デュオ「Paix2」。受刑者や少年少女の更生や社会復帰を応援するメッセージを込めて2000年から全国の刑務所などでコンサート活動を続けていて、「受刑者のアイドル」と呼ばれている。 2人にとって18日は500回目の記念公演。受刑者たちは熱心に歌や話に聞き入り、涙を流す姿も見られた。 感謝状が贈呈されると、2人は今後も活動を続けていきたいと話していた。

神奈川2020.01.18 17:27

京アニ事件から半年 容疑者の容体は安定も

去年7月に起きた京都アニメーションの放火殺人事件は、発生から18日で半年がたった。入院が続く青葉容疑者はいまだ逮捕されていないが、容体は回復しつつあるという。 去年7月18日に起きた京都アニメーションの放火殺人事件では、36人が死亡、33人が重軽傷を負い、今も2人がやけどや骨折などで入院し治療が続いている。 殺人などの疑いで、逮捕状が出ている青葉真司容疑者(41)は、自身も重いやけどを負ったが、皮膚の移植手術など高度なやけど治療を終えて、現在、容体は安定しているという。 警察は勾留に耐えられる程度まで、さらに回復するのを待って、逮捕する方針。 一方、現場の第一スタジオには、祈りをささげる人が、今も後を絶たず、18日朝もファンらが訪れた。 愛知から訪れたファン「半年でもあり月命日でもある、犠牲になられた方のご冥福を祈るだけ。これからのアニメーションを背負う方々もたくさんいた。ただただ残念」 工事関係者によると、現場の建物は、先月末から天井などの内装の解体が始まり、今月下旬からは、外壁など本体の解体に入るという。一方で、京都アニメーションによると、跡地の利用方法は決まっていないという。

京都2020.01.18 17:22

夫婦刺され妻死亡、男から事情聞く 岡山市

18日未明、岡山市の住宅で夫婦が刃物のようなもので刺され45歳の妻が死亡した。警察は、現場近くにいた男が何らかの事情を知っているとみて調べを進めている。 近所の人「ご主人も明るい人だし奥さんもにこっと笑顔のきれいな人だし別に何のいさかいもない」 18日午前3時20分ごろ、岡山市中区の50歳男性から「刃物で刺された」と110番通報があり、警察が駆けつけたところ、左腕に切り傷を負った男性と倒れている女性を発見し、女性はその場で死亡が確認された。 死亡したのは男性の妻の中出一枝さん(45)で腹部など複数か所を刃物のようなもので刺されていたという。 午前8時半ごろ、現場から250メートルほど離れた住宅の敷地に隠れていた30代の男を警戒中の捜査員が発見した。 警察では男が何らかの事情を知っているとみて調べを進めている。

岡山2020.01.18 17:21

寒さ厳しい一日 朝にかけ路面凍結に注意

18日の関東地方は、南の海上を発達しながら進んだ低気圧の影響で、山沿いや内陸を中心に雪となった。東京都心でも雪がちらつき、寒さの厳しい一日となった。 関東地方は、17日夜から、山沿いや内陸で雪が降りだした。神奈川・箱根町でも、夜から断続的に雪が降り、18日昼前には、あたり一面、真っ白に雪化粧した景色が広がって、親子が雪遊びを楽しんでいた。 また、東京都心や横浜など、関東の平野部でも、日中は雨から雪に変わったが、平野部では、雪はちらついた程度で、積もった所はなかった。 ただ、日中は気温が低く、厳しい寒さとなった。正午の気温は、東京都心と横浜で1.9℃、千葉は1.7℃など、凍えるような寒さとなった。 関東では、大雪のおそれはなくなり、19日は天気が回復する見込みだが、これから朝にかけては、路面が凍結するおそれがあり、注意が必要。

2020.01.18 17:19

長渕剛、ファンに復活報告「全快しました」

映画「太陽の家」(権野元監督)の公開記念舞台あいさつが18日、都内の劇場で行われ、キャストの長渕剛(63)、飯島直子(51)、永山瑛太(37)、広末涼子(39)が出席した。 神業的な腕を持つ大工の棟梁・川崎信吾(長渕)が主人公で、「愛と信念」をテーマに家族のつながりや親子の情愛を描く感動ストーリー。きのう17日に封切られた。 昨年12月20日に急性腎盂腎炎で入院した長渕は、同月23日の完成披露舞台あいさつを欠席したため体調が心配されていたが、この日は元気な姿で登壇。 盛大な「剛コール」で迎えられた長渕は、あいさつをしようとマイクを握っても「おかえり〜」などと声援を送る観客を「コンサート会場じゃないんだから、少しは考えろよ」と笑顔でたしなめて笑わせたうえで、「心配かけちゃったけど、もう全快しましたので。こんな雨雪の中、たくさん来てくれて本当にうれしいです」と語った。 しっかり者の妻・美沙希役の飯島も「長渕さん、おかえりなさいませ。待っていました」と“夫”の復帰を歓迎。 信吾の一番弟子・高史を演じた瑛太は「“剛コール”を聞きながら、自分も(舞台の)袖から出てくる。剛さんのライブを見に行った時の(感覚と同じで)、自分がまるで長渕剛になったような気分で登壇できたことを幸せに思いました」と、あいさつして笑わせた。 スタッフ・キャストは“ONE TEAM”となって作品作りにまい進したそうで、長渕は「『いい作品にしよう』という気風が最初からあった。そのことがうれしくて。スタッフが総勢60人くらいいるんですけど、照明、録音、カメラみんなに『こういう物を作るんだ!』っていう意識が根底にあって。だから待ち時間がちっとも苦にならなかった」と舞台裏を報告。 そのうえで「この時代に、この映画が(観客の目に)どう映るか。『良かったな』って皆さんの心に小さな明かりがともったら、お友達に言ってもらって、たくさんの人に見ていただけたら」と観客に呼びかけた。

東京2020.01.18 16:20

もっと読み込む