Outline開催概要

アルフォンス・ミュシャ―――時代を超えて愛される芸術家

女神(ミューズ)の魅惑は、永遠。いわば「線の魔術」の生み出す繊細で華麗な作品でアール・ヌーヴォーの時代を彩った芸術家、アルフォンス・ミュシャ(1860-1939)。

そのスタイルは「ミュシャ様式」と呼ばれ、後世のアーティストに今なお影響を与え続けています。

ミュシャ財団監修による本展は、財団秘蔵の幼少期の作品、最初期のデザインやイラスト、収集していた書籍や工芸品、ミュシャが手掛けた華やかなグラフィック作品などを通じ、この芸術家が生涯を通じて放った多彩な魅力に迫ります。

さらに、ミュシャ作品から影響を受けた明治の文芸誌挿絵、1960-70年代のイギリス・アメリカで隆盛をみたグラフィック・アート作品、日本のマンガ家やイラストレーターの作品なども加え、今日まで受け継がれるミュシャ様式の流れをご紹介します。

斬新な視点で展開する、これまでにないミュシャ展。どうぞご期待ください。

タイトル みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ ― 線の魔術
会場 静岡県立美術館
会期 2020年7月11日(土)~9月6日(日)
休館日 毎週月曜日 ※8/10(月)は開館
開館時間 10時〜17時30分(展示室への入場は17時まで)
夜間開館 8/8(土)、15(土)、22(土)、29(土)
10時〜19時(展示室への入場は18時30分まで)
主催 静岡県立美術館、ミュシャ財団、Daiichi-TV
後援 チェコ共和国大使館、チェコセンター、チェコ政府観光局
協賛 大成建設、光村印刷、損保ジャパン
静岡展特別協賛
協力 日本航空、日本通運
企画協力 NTVヨーロッパ

新型コロナウイルス感染症拡大防止対策を講じての開催となります。皆様のご理解・ご協力をよろしくお願いいたします。

【重要】みんなのミュシャ展のマスク着用必須・防寒対策のお願いについて

「みんなのミュシャ」をご覧になるお客様へ、主催者よりお願いがございます。

  • 新型コロナウイルスに対する展示作品保護のため、マスク未着用の方は入場できません。マスクをお着けになってご覧ください。
  • 展示作品保護のため、展示会場の温度を22℃に設定しております。外気温より10℃以上低くなる場合がございますので、なるべく防寒用の上着をご用意ください。

ご理解、ご協力のほどよろしくお願いいたします。
最新情報はこちら

Ticketsチケット

チケット料金 当日 前売・団体
一般 1,400円 1,200円
大学生・高校生・70歳以上 700円 600円
中学生以下 無料
グッズ付特別前売券
限定個数なくなり次第終了
3,100円(詳細)
  • 前売券は、7/10(金)まで販売。
  • 団体割引は、20名以上。
  • 障がい者手帳等の交付を受けている方と付添者原則1名は無料。
  • 各種割引は併用できません。ご了承ください。
チケット取扱所
前売券
当日券
  • 静岡県立美術館
  • チケットぴあ、セブンイレブン【Pコード共通】685-216
  • ローソンチケット、ミニストップ【Lコード共通】42273
  • セブンチケット、CNプレイガイド(ファミリーマート)
前売券のみ 大和文庫、戸田書店(江尻台店)、谷島屋(パルシェ店、マークイズ静岡店)、吉見書店(竜南店)、大丸松坂屋友の会、静岡県庁本館1階売店、静岡市美術館ミュージアムショップ、グランシップ、JR草薙駅前一部店舗

<グッズ付特別前売券> 限定個数なくなり次第終了。

ミュシャ作品の中でも人気の《ヒヤシンス姫》を大胆にデザインした特製ドリンクボトル付き特別前売券を限定販売!
価格:3,100円(税込)
ローソンチケット、ミニストップ【Lコード共通】42273

  • サイズ/W64×H188㎜ 容量/500ml
    アルフォンス・ミュシャ《ヒヤシンス姫》
    1911年 ミュシャ財団蔵
    ©Mucha Trust 2020

Highlights見どころ

ベル・エポックのパリから現代まで―――“みんな”に愛されるミュシャ

アール・ヌーヴォーを代表する芸術家アルフォンス・ミュシャ(1860-1939)。彼が紡ぎだした、「線の魔術」とも いえる華やかなポスターは、没後80年経った今なお、世界中の人たちを魅了し続けています。

本展は、ミュシャが手がけたポスターなどのグラフィック作品はもとより、彼の作品に強い影響を受けた日本の明治期の文芸誌、1960年代を中心にアメリカ西海岸やロンドンで一大ムーヴメントを巻き起こしたグラフィック・アート作品、そして、日本のマンガ家やグラフィック・アーティストの作品などおよそ250点を展示。作品を通じて、時代を超えて愛されるミュシャの秘密をひも解く、かつてない試みです。

ミュシャも日本が好きだった!?

本展には、ミュシャが20代の頃に描いた貴重なイラストや、本人がコレクションしていた書物・工芸品も数多く展示され、ポスター画家として一世を風靡するまでの足跡をたどることができます。なかでも注目は、鳥や花が描かれた日本の七宝焼の壺など、19世紀後半からヨーロッパで流行した日本趣味(ジャポニスム)の工芸品。ミュシャの孫、ジョン・ミュシャは「祖父はジャポニスムから大きな影響を受けており、《ジスモンダ》など縦長の作品の形状は、間違いなく日本美術の影響がある」と語ります。

ミュシャが初期に描いたカリカチュア(風刺画)には、葛飾北斎の《北斎漫画》などの影響を見てとることもでき、画家が様々な形で日本美術からインスピレーションを受けていたことがわかります。また、もう一つの注目が、ミュシャがわずか8歳で描いた《磔刑図》。キリストの表情の描写からは、のちの画家としての成功が予見できるようです。

こんなところにもミュシャの影響が?

本展で異彩を放つ作品群の一つが、1960-70年代にアメリカやイギリスで発売されたレコード・ジャケットやロック・ポスター。この時代を代表するグラフィック・アーティストの一人、スタンレー・マウスは、ポスターの歴史を学ぶ中でミュシャと出会い、その後、「ミュシャの《ジョブ》の色を変えたポスターは、自分の作品の中でお気に入りの一つ」と述べています。実際そのポスターを見ると、確かにミュシャ作品の影響は顕著です。

同じくグラフィック・アーティストであるデヴィッド・エドワード・バードも「ミュシャはポスターが“芸術”となった始まり」であり、「(グラフィック・アートなどを通じて)ミュシャは今も生き続けている」と語りました。この時代のアーティストたちにミュシャが及ぼした影響を、ぜひご覧ください。

文芸誌のデザインからマンガまで――――日本で生き続ける“ミュシャ”

本展でミュシャ作品と並び「目玉」といえるのが、ミュシャに影響を受けた日本の文芸誌やマンガ、イラストの数々です。これらの選定には、本展監修者の佐藤智子(ミュシャ財団キュレーター)、本展アドバイザーの大塚英志(国際日本文化研究センター教授)があたりました。明治時代の歌人・与謝野晶子の歌集『みだれ髪』の表紙には、1896年にミュシャが描いたポスター《黄道十二宮》からの影響を見ることができます。この『みだれ髪』が発行されたのは1901年なので、ほぼ同時代にミュシャの作品が日本にも大きな影響を与えていたことがうかがえます。
さらに本展では、天野喜孝ら日本を代表するグラフィック・アーティストやマンガ家の作品を数多く展示します。ミュシャ作品との共通点を探しながら、是非新しい発見を!

  • アルフォンス・ミュシャ《黄道十二宮》
    1896年 カラーリトグラフ ミュシャ財団蔵
    ©Mucha Trust 2020

  • 表紙デザイン:藤島武二『みだれ髪』(与謝野晶子)
    東京新詩社と伊藤交友館により共同出版された与謝野晶子の第一歌集(明治34年)の復刻版
    (日本近代文学館1968年)

  • 山岸凉子「黒のヘレネ―」(『花とゆめ』1979年9月11号扉用イラスト/白泉社)
    1979年 カラーインク・紙
    ⓒ山岸凉子

  • 天野喜孝《幻夢宮》
    1986年 アクリル、カラーインク・紙
    ⓒYOSHITAKA AMANO

Supportersサポーター

千葉雄大と山田五郎が、展覧会オフィシャルサポーターに就任!

近年は俳優にとどまらず、幅広く活躍している千葉雄大。展覧会サポーターとして、ミュシャの魅力を伝えます。さらに音声ガイドにも挑戦!
そして、山田五郎は、編集者・評論家として、ミュシャから音楽、マンガと幅広いジャンルに渡り、本展の魅力を余すところなく紹介します。
二人の豪華なタッグに、どうぞご期待ください。

千葉 雄大 Yudai Chiba

1989年3月9日生まれ、宮城県出身。
2010年「天装戦隊ゴセイジャー」のゴセイレッド・アラタ役で本格的に役者デビューを果たす。
映画「殿、利息でござる!」(16)にて、第40回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。
以後、NHK連続テレビ小説「わろてんか」(17)、ドラマ「家売るオンナの逆襲」(19)、映画「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」(20) ドラマ「いいね!光源氏くん」(20)などの話題作が相次ぎ、ますます活躍の場を広げている。待機作として映画「ピーターラビット2 バーナバスの誘惑」、映画「子供はわかってあげない」がある。

山田 五郎 Goro Yamada(編集者・評論家)

1958年 東京都出身。上智大学文学部在学中にオーストリア・ザルツブルク大学に1年間遊学し西洋美術史を学ぶ。卒業後、(株)講談社に入社『Hot-Dog PRESS』編集長、総合編纂局担当部長等を経てフリーに。
現在は時計、西洋美術、街づくり、など幅広い分野で講演、執筆活動を続けている。
著者に『知識ゼロからの西洋絵画入門』(幻冬舎)、TVでは『出没!アド街ック天国』(テレビ東京)、『ぶらぶら美術・博物館』(BS日テレ)他レギュラー出演中。

Guide音声ガイド

千葉雄大が音声ガイドに挑戦!! 一台でふたつの楽しみ!

音声ガイド史上初(!?)の2部構成ガイドで、ミュシャ芸術の秘密を読み解きます。
【第1部】ミュシャが生きたアール・ヌーヴォーの時代のドラマ風ガイド。
【第2部】現代におけるミュシャ観に迫る、ドキュメンタリータッチのガイド

スペシャルコンテンツ

現代作家が自身の言葉で語る!“ミュシャの魅力”
特別出演:松苗あけみ(マンガ家)、天野喜孝(画家・アーティスト)

本展イメージソング GLIM SPANKY 「TV Show」 を特別収録!
ボーカル・松尾レミからのスペシャルメッセージも。

BGM
ベドジフ・スメタナ作曲、連作交響詩『わが祖国』 より 第2曲 「モルダウ」など。
作品と同時代、またゆかりの深い名曲とともにお楽しみください。

【所要時間】 約35分
【当日貸出価格】 600円(税込)※お一人様一台につき。

Goodsグッズ

会場内ミュージアムショップで販売する展覧会オリジナルグッズをご紹介!

Eventsイベント

スペシャルコンテンツ「ふたりのミュシャ―――1900年と1972年」

日時 2020年7月18日(土)14時~15時30分 [開催中止]
講師
会場 静岡県立美術館講堂 事前申込制 無料(ただし本展観覧券もしくは半券が必要)
定員 100名(応募多数の場合は抽選)
申込

静岡県立美術館HP申込フォームまたは往復はがきにてお申込みください。
2名様まで申込可能。

<往復はがきでのお申込み方法>
①氏名(参加人数分)
②郵便番号・住所
③電話番号
④返信面に宛先
をご記入の上、下記までへお送りください。

〒422-8002
静岡市駿河区谷田53-2 静岡県立美術館「みんなの対談受付係」

※抽選の如何にかかわらず結果は通知いたします。
※本イベントは静岡県文化プログラムの一環としても開催。

締切 2020年6月30日(火)必着

記念対談「『みんなのミュシャ』ができるまで」

日時 2020年8月22日(土)14時~15時30分
講師 佐藤智子氏(ミュシャ財団キュレーター・本展監修)×三谷理華(静岡県立美術館学芸課長)
会場 静岡県立美術館講堂 先着順・申込不要 無料(ただし本展観覧券もしくは半券が必要)
定員 250名

館長美術講座「ミュシャの飛来―――明治のふたつの戦争の間へ」

日時 2020年8月16日(日)14時~15時30分
講師 木下直之(静岡県立美術館館長)
会場 静岡県立美術館講堂 先着順・申込不要
定員 120名程度

フロアレクチャー

内容 静岡県立美術館学芸員が展示室にて解説を行います(30分程度)
日時 2020年7月23日(木・祝)、8月8日(土)14時~
2020年8月15日(土)、8月29日(土)17時30分~
集合場所 静岡県立美術館エントランス 申込不要(要観覧料)

実技体験講座

講座内容① わくわくアトリエ 「花や草木のフレーム模様を切り絵でデザインしよう」
日時 2020年7月26日(日) ①10時~12時30分 ②13時30分~16時
講師 福井利佐氏(切り絵作家)
対象 小学生から大人まで(小学校3年生以下は保護者と参加してください)
会場 静岡県立美術館実技室他 事前申込制 要参加費(材料費実費と観覧料)
定員 定員制
申込 詳しくは約1か月前頃から、静岡県立美術館HPおよび館内配架チラシでお知らせします。
講座内容② 「リトグラフ de ミュシャを模写」
日時 2020年8月29日(土)・30日(日)10時~16時30分程度
講師 柳本一英氏(銅版画家)
対象 中学生以上の個人
会場 静岡県立美術館実技室他 事前申込制 要参加費(材料費実費と観覧料)
定員 定員制
申込 詳しくは約1か月前頃から、静岡県立美術館HPおよび館内配架チラシでお知らせします。

ちょこっと体験講座「ちょこっとぬり絵」

日時 2020年8月7日(金)~10日(月・祝)各日10時~12時、13時~15時30分
会場 静岡県立美術館エントランス 申込不要 無料
定員 定員制
対象 どなたでもご参加いただけます。

※各イベントは、いずれも変更・中止の可能性があります。最新情報は静岡県立美術館HPをご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

Accessアクセス

電車
  1. JR東海道線 草薙駅から徒歩25分またはバス約6分
  2. 静岡鉄道 県立美術館前駅から徒歩15分またはバス約3分
バス いずれも県立美術館バス停下車。
  1. JR草薙駅から草薙美術館線 県立美術館行き。約6分
  2. JR静岡駅から県立美術館線 県立美術館行き。約30分
  3. 静岡鉄道 県立美術館前駅から草薙美術館線 県立美術館行き。約3分
車・タクシー 東名 静岡IC・清水ICから約25分、日本平久能山スマートICから約15分
新東名 新静岡ICから約25分
静岡駅から約20分、草薙駅から約5分
駐車場・駐輪場 無料駐車場(約400台収容・利用時間9時~20時)
および無料駐輪場があります。

Contactお問い合わせ

Daiichi-TV 054-283-8115
静岡県立美術館 054-263-5755
http://spmoa.shizuoka.shizuoka.jp/exhibition/detail/72