• ホーム
  • 放送内容
  • 投稿・ご意見
  • Daiichi-TV
ホーム > 放送内容 > 10月22日放送内容「海老芋」

放送内容

10月22日放送内容「海老芋」

【JA遠州中央 磐田南部 どっさり市】
住所/磐田市前野2765-2 TEL/0538-21-4500
営業時間/9:00〜18:00
定休日/1月1日〜3日、8月16日〜18日
磐田南部どっさり市は、
管内最大の約500平方メートルの売り場面積を有しています。
磐田市や袋井市、浜松市などのJA管内外の生産者が育てた
新鮮で安心安全な農産物や加工品などを、
名前の通り『どっさり』販売しています。
特徴は白ねぎや海老芋、メロン、イチゴ、トマト、
ときめき野菜(チンゲンサイ等)、その他季節の野菜、
花(バラ、トルコギキョウ等)が豊富なこと。
また、特産物を利用した惣菜・弁当コーナーも種類が豊富です。

ホームぺージはこちらから→

【和食処 なかや】
住所/磐田市上野部1649-1 TEL/0539-62-2061
営業時間/昼11:30〜13:30、夜17:30〜21:00
定休日/毎週火曜日、最終水曜日(月末週は連休となります)
旬の地産食材を活かした和食が自慢!
磐田市は北の端、浜松市天竜区・森町とも交わる北遠の地で、
親子で和食屋やっています。
気軽な定食から各種宴会、法事会席、仕出し、出張料理と幅広く…。
地産食材の美味しさを伝える料理作りを心がけています。
※宴会ご予約のお客様で貸切営業の日もございます。
 事前に電話でのお問い合わせをおすすめします。

ホームぺージはこちらから→


◆今回紹介した農産物・・・「JA遠州中央の“海老芋”」
“海老芋”はサトイモの品種のひとつで、
唐芋(とうのいも)を何度も土寄せをするなど、
特殊栽培したものです。
栽培の際に何度も土寄せをするので、
その土の重さで湾曲した形と表面の模様が海老に似ていることから、
「海老芋」と呼ばれるようになったと言われています。
海老芋は、肉質のキメが細かいのが特徴で、
煮込んでも煮崩れを起こすことがないため、
煮物やおでんなどに最適です。

JA遠州中央管内の海老芋の生産量は、全国1位です。
125人の生産者(平成29年現在)が、約30haの耕作面積で
年間約400トン生産しています。
階級が多いのも海老芋の特徴のひとつで、
形、大きさによって用途が違うため、
ニーズに合わせて、27等級に分けています。
JA遠州中央では、専用の選別機を使って共同選別をすることにより、
品質を一定にしています。
ページの先頭へ