Daiichi-TV開局40周年記念 奇蹟の芸術都市バルセロナ展

Daiichi-TV開局40周年記念 奇蹟の芸術都市バルセロナ展

2019年11月15日(金)~2020年1月19日(日)

  • 特別協賛 セキスイハイム東海
  • 特別協力 カタルーニャ美術館

開催概要ABOUT

ガウディ、ピカソ、ミロ、ダリ… 巨匠たちを育んだ魅惑の街

スペイン・カタルーニャ自治州の州都バルセロナは、古来、地中海交易の要所として栄えました。18世紀後半以降は、新大陸との貿易や産業革命によって経済的に大きく発展し、町の近代化が進んでいきます。
19世紀後半には、中世の様式やフランスのアール・ヌーヴォーなどの同時代の他国の芸術運動が結びついた「ムダルニズマ」と呼ばれる新しい芸術様式が生まれ、アントニ・ガウディ(1852-1926)やリュイス・ドゥメナク・イ・ムンタネー(1849-1923)らによる独特のスタイルを持つ建物が次々と造られていきました。
また若き日のパブロ・ピカソ(1881-1973)やジュアン・ミロ(1893-1983)、サルバドール・ダリ(1904-1989)は、19世紀末から20世紀初頭にかけてバルセロナで過ごし、独自の表現を模索し続けました。

本展は、今もなお多くの人々を引き付けてやまない都市バルセロナの魅力の源泉を、町の近代化を促進させた19世紀後半のイルダフォンス・サルダー(1815-1876)による新たな都市計画から、20世紀のスペイン内戦(1936-39年)までの約80年間に生み出された芸術作品の中に辿ろうとするものです。
カタルーニャ美術館などの協力により、絵画や家具、宝飾品など多彩なジャンルによる作品約130点で、近代カタルーニャ芸術の精華をご紹介します。

タイトル Daiichi-TV開局40周年記念 奇蹟の芸術都市バルセロナ展
会場 静岡市美術館
会期 2019年11月15日(金)~2020年1月19日(日)
休館日 毎週月曜日
・2019年12月30日(月)~2020年1月1日(水・祝)休館 ※新年は1/2(木)より開館
・2020年1月13日(月)は開館、翌14日(火)休館
開館時間 午前10時〜夜7時(展示室への入場は閉館の30分前まで)
主催 静岡市、静岡市美術館、指定管理者(公財)静岡市文化振興財団、Daiichi-TV
特別協力 カタルーニャ美術館、カウ・ファラット美術館
後援 静岡市教育委員会、静岡県教育委員会、スペイン大使館、カタルーニャ州政府、カタルーニャ州政府貿易投資事務所、在バルセロナ日本国総領事館、インスティトゥト・セルバンテス東京、日本・カタルーニャ友好親善協会
協賛 マリエラ クラソンズジャパン、株式会社ライブアートブックス
特別協賛
助成 ラモン・リュイ財団、シッジャス文化財団
協力 日本航空
企画協力 神戸新聞社、キュレイターズ

チケットTICKET

チケット料金 当日 前売・団体
一般 1,200円 1,000円
大学生・高校生・70歳以上 800円 600円
中学生以下 無料
  • 団体割引は、20名以上。
  • 障がい者手帳等をご持参の方および介護者原則1名は無料。
  • 各種割引は併用できません。ご了承ください。

    <チケット取扱所>11/14(木)まで前売券を販売、会期中は当日券を販売します。

  • 静岡市美術館
  • ローソンチケット【Lコード】40302
  • セブンチケット【セブンコード】077-621
  • チケットぴあ【Pコード】769-855
  • 谷島屋(パルシェ店、マークイズ静岡店、高松店、流通通り店)
  • 戸田書店静岡本店
  • MAUZEN&ジュンク堂書店新静岡店

    <お得な一般前売ペア割チケット 2枚1組 1,800円>11/14(木)まで販売。当日ペア割チケットの販売はありません。

  • 静岡市美術館
  • ローソンチケット【Lコード】40301
  • セブンチケット【セブンコード】077-618
  • チケットぴあ【Pコード】769-854

みどころHIGHLIGHT

第1章 都市の拡張とバルセロナ万博

19世紀半ばに旧市街の城壁(市壁)の取り壊しが認められると、バルセロナはサルダーによる新しい都市計画のもと近代都市としての整備が進んでいきます。1888年には万国博覧会が開催され、「ラナシェンサ」と呼ばれるカタルーニャ語とその文化の復興運動も活発化しました。本章では国際都市へと発展するバルセロナの姿を書籍や絵画などでご紹介します。

第2章 コスモポリスの光と影

19世紀末から20世紀初頭のバルセロナには、ブルジョワたちの注文によりガウディらによって華やかで独創性溢れる建築が次々と作られました。一方、街には過酷な生活環境を強いられる労働者たちもおり、両階級間の溝は深まっていきます。ここでは、図面や建築装飾、家具、宝飾品などでブルジョワたちの煌びやかな生活の様子を紹介するだけでなく、時代の不穏な空気を捉えた絵画なども展示します。

第3章 パリへの憧憬とムダルニズマ

19世紀末、アール・ヌーヴォーなどの同時代の芸術運動や、中世の様式などから影響を受けた「ムダルニズマ」とよばれる芸術様式がバルセロナに登場しました。画家ラモン・カザスとサンティアゴ・ルシニョルは、この時代にパリとバルセロナを行き来し、最新の芸術様式や手法に触れる一方、故郷の芸術に新たな可能性を見出そうとしました。本章では、世紀末のカタルーニャ芸術の発展において重要な役割を果たした彼らの作品を中心にご紹介します。

第4章 「四匹の猫」

1897年6月、カザスとルシニョルらはカフェ兼レストラン「四匹の猫」をバルセロナに開きます。この店では影絵芝居やコンサートなどの様々な催しが行われ、独自の芸術雑誌も刊行されました。新しい芸術を模索する画家、音楽家、作家たちが足しげく通い、その一人であったピカソの初個展が開催されたのは、この「四匹の猫」でした。ここでは店の様子を伺い知ることのできる貴重な資料や、そこに集った若きピカソをはじめとする先鋭的な芸術家たちの作品を展示します。

第5章 ノウサンティズマー地中海へのまなざし

20世紀にカタルーニャの民族的アイデンティティを希求する動きの中で生まれた「ノウサンティズマ(1900年代主義)」は、古代ギリシャ・ローマなどの、地中海沿岸で育まれてきた美の様式への回帰を主な特徴としています。本章では、この運動の影響下に制作された絵画や彫刻、工芸作品を中心にご紹介します。

第6章 前衛美術の勃興、そして内戦へ

1910年代に入るとバルセロナにも前衛芸術が流入し、若き日のミロやダリはフォービスムやキュビスム、シュルレアリスムなどに影響を受けた作品を発表しました。建築でもモダニスム建築に影響を受けた新たなプランが提案されるなど、様々な領域で芸術の活性化が図られました。ここでは20世紀初頭から内戦勃発に至る時期のバルセロナの前衛芸術の諸動向を、国内外の優品でご紹介します。

イベントEVENT

講演会

①・②いずれも[参加料]無料 [会場]美術館多目的室 [定員]各70名

講演会① 「芸術都市バルセロナの変容:アイデンティティの探求と前衛美術」
19世紀後半以降の経済発展の中で独自の文化を育み、変容を遂げたバルセロナの街について、「アイデンティティの探求」と「前衛美術」をキーワードに探ります。
日時 2019年11月23日(土・祝)14時~15時30分(開場13時30分)
講師 木下亮氏(本展監修者、昭和女子大学教授)
申込 静岡市美術館HP申込フォームまたは往復はがきにてお申込みください。
一件につき4名様まで申込可能
締切 2019年11月7日(木)必着
講演会② 「ガウディとバルセロナの世紀末建築」
近代バルセロナを代表する建築家のひとりアントニ・ガウディ(1852-1926)ほか、同時代に活躍した建築家たちの代表作品も取り上げ、バルセロナの街を今も彩る19世紀末~20世紀初頭の建築の魅力を紹介します。
日時 2019年12月14日(土)14時~15時30分(開場13時30分)
講師 鳥居徳敏氏(神奈川大学名誉教授)
申込 静岡市美術館HP申込フォームまたは往復はがきにてお申込みください。
一件につき4名様まで申込可能
締切 2019年11月28日(木)必着

<往復はがきでのお申込み方法>※返信用はがきに宛先をご記入ください。
①催事名、催事日
②氏名(参加人数分)
③年齢(参加人数分)
④住所(郵便番号から)
⑤電話番号
をご記入の上、下記までへお送りください。

〒420-0852
静岡市葵区紺屋町17‐1 葵タワー3階
静岡市美術館

※応募多数の場合、抽選となります。
※抽選の如何にかかわらず結果は通知いたします。

Shizubi シネマアワー vol.25 「もっと知りたい建築の世界」

「Shizubiシネマアワー」は美術館ならではのセレクトで、さまざまな映画を上映するシリーズです。
第25回は開催中の展覧会「奇蹟の芸術都市バルセロナ展」にあわせ建築をテーマにした作品を上映します。

[参加料]各回500円(チケット制) ※10/29(火)より美術館受付にて販売(定員になり次第販売終了)
[会場]美術館多目的室 [定員]各70名 [企画協力]㈱サールナートホール

Shizubiシネマアワー① 「創造と神秘のサグラダ・ファミリア」
(監督:ステファン・ハウプト/2012年/スイス/94分)
日時 2019年11月30日(土)14時~(開場13時30分)
Shizubiシネマアワー② 「もしも建物が話せたら」
(監督:ヴィム・ヴェンダース、ミハエル・グラウガー、マイケル・マドセン、ロバート・レッドフォード、マルグレート・オリン、カリム・アイノズ /2014年/ドイツ、デンマーク、ノルウェー、オーストリア、フランス、アメリカ、日本/165分)
日時 2019年12月1日(日)14時~(開場13時30分)

スライドトーク

静岡市美術館学芸員によるスライドトーク。[参加料]無料  [会場]美術館多目的室

日時 ①2019年12月21日(土)
②2020年1月12日(日)
いずれも14時~(各回40分程度)
申込 事前申し込み不要。当日直接多目的室にお集まりください。

アクセスACCESS

電車 JR静岡駅北口より地下道を利用して徒歩3分
静岡鉄道新静岡駅より徒歩5分
新幹線 東京駅・名古屋駅から東海道新幹線ひかり号で約1時間
新大阪駅から東海道新幹線ひかり号で約2時間
自動車 東名静岡ICより約15分
※お車でお越しの際は、近隣の駐車場をご利用ください。
空路 富士山静岡空港より静鉄バス(静岡エアポートライナー)で約1時間
お問い合わせ Daiichi-TV事業部:054-283-8115
静岡市美術館:053-454-6801