開催概要

数々の名作を描いた絵本画家・赤羽末吉

50歳のときに絵本画家としてデビューを果たした赤羽末吉(1910-1990)は、モンゴルの雄大な風景を描いた『スーホの白い馬』などで知られています。

赤羽は22歳で満洲(中国東北部)へ渡ると、仕事の傍ら土俗人形の蒐集や影絵人形芝居を研究し、日本画家としても活躍。同時に満洲画壇における気鋭の論客でもありました。

1943年、取材旅行で訪れた内蒙古(現・内モンゴル自治区)の壮大な風景に感動した赤羽は、そこで目にしたものを大量の写真やスケッチに収め、引揚げ時に命がけで持ち帰ります。
これらの資料をもとに描かれた『スーホの白い馬』は、出版から半世紀がたった今なお日本中の子どもたちに読み継がれています。その後も満洲時代に培った経験をもとに、日本やモンゴル、中国の少数民族の民話を数多く手がけ、80歳で亡くなるまでの間に約80冊もの絵本を発表しました。

本展では内蒙古取材時の写真やスケッチ、資料などから『スーホの白い馬』誕生の軌跡を探るとともに、ちひろ美術館所蔵の絵本原画やデビュー以前に描かれた作品約300点をとおして、赤羽の画業の全体像をご紹介します。

タイトル 絵本画家・赤羽末吉展 『スーホの白い馬』はこうして生まれた
会場 静岡市美術館
会期 2020年10月3日(土)~11月29日(日)
休館日 毎週月曜日
※11/23(月・祝)は開館、翌24(火)休館
開館時間 10時〜19時(展示室への入場は閉館の30分前まで)
ご来場のお客様へ
  • 体調のすぐれない場合は、ご来館をお控えください。

  • ご来館時は、必ずマスクをご着用ください。

  • 館内では、他のお客様との一定の距離の確保をお願いいたします。
    また、混雑時は展示室のご入場を制限させていただく場合があります。

ご来館の際は、最新の開館状況および注意事項を、静岡市美術館HPまたはお電話にて必ずご確認ください。
詳しくは、こちら→【重要】ご来館のお客様へお願い

主催 静岡市、静岡市美術館 指定管理者(公財)静岡市文化振興財団、ちひろ美術館、Daiichi-TV
後援 静岡市教育委員会、静岡県教育委員会
協賛 大成建設、光村印刷、損保ジャパン
協力 一般財団法人日本カメラ財団、静岡図書館友の会、静岡市立中央図書館、静岡県読み聞かせネットワーク、静岡県立中央図書館
助成 一般財団法人地域創造

チケット

チケット料金 当日 前売
一般 1,200円 1,000円
大学生・高校生・70歳以上 800円 600円
中学生以下 無料
  • 障がい者手帳等をご持参の方および介助者原則1名は無料。
  • 70歳以上、大学生・高校生、障がい者手帳等をお持ちの方は、健康保険証・運転免許証など年齢の分かるもの、学生証、障がい者手帳等を入館の際ご提示ください。

チケット取扱所

  • 静岡市美術館
  • ローソンチケット【Lコード】41543
  • セブンチケット【セブンコード】084-919
  • チケットぴあ【Pコード】685-331
  • 谷島屋(パルシェ店、マークイズ静岡店、流通通り店)
  • MARUZEN&ジュンク堂書店新静岡店
  • 百町森

日時指定制(Web予約)について

展示室内の混雑緩和のため、日時指定制(web予約)を導入いたします。
チケットは、来館当日に美術館窓口でもご購入いただけます。なお、日時指定予約が無い場合は、会場の混雑状況によって入場をお待ちいただくことがございます。

  • 9月20日(日)10:00〜 日時指定予約を開始しました。ご来館希望日の2週間前から予約が可能です。
  • 予約システムでのチケット販売は、10月3日(土)より開始します(当日券のみ)
    9月20日(日)~10月2日(金)までは「日時指定予約」のみ可能です。
  • 前売券購入の方は、以下手順で日時指定予約をお願いします。
    ❶前売券を購入する(当館窓口、書店、各プレイガイドにて販売中)
    静岡市美術館HPから日時指定予約をする
  • 前売券購入と同時に日時指定予約はできません。
  • ご来館当日は、前売券とQRコードが印字された券面(またはスマホ画面)をご持参のうえ、指定した日時にご来館ください。

日時指定予約(Web予約)からご来場までの流れ

日時指定予約+オンラインチケットを購入する場合

  • ❶予約
    日時指定予約システムで、来場日時を指定し、「日時指定観覧券」(当日券)を選択してください。チケットご購入・ご予約後のキャンセル、日時変更はできません。
  • ❷当日
    QRコードを表示できるスマートフォン(または印刷した紙)をご持参の上、指定した日時にご来館ください。指定時刻になりましたら、展示室入口にてQRコードをご提示の上、ご入場ください。

日時指定予約+当日美術館でチケットを購入する場合(割引券・補助券・助成券の利用者を含む)

  • ❶予約
    日時指定予約システムで、来場日時を指定し、「日時指定券(無料)」を選択してください。ご予約後のキャンセル、日時変更はできません。
  • ❷当日
    QRコードを表示できるスマートフォン(または印刷した紙)をご持参の上、受付カウンターにてチケットをご購入ください。当日は、チケットのご購入が必要ですので、お時間には多少の余裕をもってお越しください。指定時刻になりましたら、展示室入口にてチケットとQRコードをご提示の上、ご入場ください。

前売券・招待券・プレイガイド(当日券)をお持ちの方

  • ❶予約
    日時指定予約システムで、来場日時指定し、「日時指定券(無料)」を選択してください。ご予約後のキャンセル、日時変更はできません。
  • ❷当日
    前売券または招待券と、QRコードを表示できるスマートフォン(または印刷した紙)をご持参ください。指定時刻になりましたら、展示室入口にて前売券・招待券とQRコードをご提示の上、ご入場ください。

中学生以下の方、障がい者手帳等をご持参の方とその介助者の方

  • ❶予約
    日時指定予約システムで、来場日時を指定し、「日時指定券(無料)」を選択してください。ご予約後のキャンセル、日時変更はできません。
  • ❷当日
    QRコードを表示できるスマートフォン(または印刷した紙)をご持参の上、美術館受付カウンターにお立ち寄りください。当日、入場手続きが必要となりますので、お時間には多少の余裕をもってお越しください。指定時刻になりましたら、展示室入口にて、入場券とQRコードをご提示の上、ご入場ください。

見どころ

赤羽末吉 Suekichi Akaba
[1910-1990]

赤羽末吉 自宅アトリエにて 1983年

東京・神田に生まれる。日本画家のもとで1年ほど学び、以後独学。1932年満洲(中国東北部)に渡り、運送業や満洲電信電話会社などの仕事のかたわら、郷土文化の研究、日本画の制作に励む。1947年帰国。1948年から1952 年まで民間情報教育局(CIE)、1969年までアメリカ大使館に勤務。1961年、50歳のときに『かさじぞう』を発表。以後80歳で亡くなるまでの30 年間に約80冊の絵本を手がけた。『スーホの白い馬』で1968年サンケイ児童出版文化賞、1975年ブルックリン美術館絵本賞など国内外の受賞多数。全業績に対し、1980年国際アンデルセン賞画家賞受賞。

1章 民話 むかしむかし、あるところにー

民話本来の抽象性や普遍性、語りの響きを絵にする

  • 《かさじぞう》(福音館書店)表紙 1960年
    ちひろ美術館

  • 《ももたろう》(福音館書店)表紙 1965年
    ちひろ美術館

  • 《だいくとおにろく》(福音館書店)より 1962年
    ちひろ美術館

2章 『スーホの白い馬』はこうして生まれた

内蒙古取材時の写真やスケッチ、新・旧版の絵本原画で辿る『スーホの白い馬』誕生の軌跡
あわせて中国の少数民族に伝わる民話も

  • 《スーホのしろいうま》(旧版、福音館書店)表紙 1961年
    ちひろ美術館

  • 内蒙古 [貝子廟] 1943年
    撮影:赤羽末吉
    一般財団法人日本カメラ財団

  • モンゴルの少年 1950年
    ちひろ美術館

3章 絵本表現の可能性を求めて

創作物語絵本や『日本の神話』、『源平絵巻物語』まで
―赤羽の絵本表現へのあくなき挑戦はつづく

  • 《日本の神話 第3巻 やまたのおろち》(トモ企画、1995年あかね書房より改訂版)より
    1983年 ちひろ美術館

  • 《源平絵巻物語 第5巻 ひよどりごえ》(講談社、1979年偕成社より改訂版)より
    1971年 ちひろ美術館

  • 《おおきなおおきなおいも》(福音館書店)より 1972年
    ちひろ美術館

イベント

絵本をたのしむおはなし会

本展出品作品の絵本を幅広く読み語ります。

日時 2020年10月10日(土)、31日(土)、11月14日(土)
❶13:30~ / ❷14:30~(各回30分程度)
朗読協力 静岡図書館友の会ほか
会場 静岡市美術館多目的室
参加料 無料
定員 50名(予定) 申込不要、先着順(当日10時より整理券配布)

影絵“皮影戯(ピーインシー)”上演会

満州では影絵人形研究科としても知られていた赤羽末吉。
伝統的な影絵“皮影戯”を今に伝える劇団影法師が上演します。

日時 2020年10月24日(土)17:30~19:00 ※開場17:00
出演 劇団影法師
演目 西遊記、鶴と亀
会場 小梳神社(静岡市葵区紺屋町7-13)
参加料 無料
定員 30名(予定) 申込不要、先着順(当日直接会場にお越しください)
協力 静岡紺屋町名店街

担当学芸員によるスライドトーク

静岡市美術館の担当学芸員が展覧会の見どころを解説します。

日時 2020年11月3日(火・祝)14:00~(40分程度)
会場 静岡市美術館多目的室
参加料 無料
定員 50名(予定) 申込不要、先着順(当日10時より整理券配布)

対談「江戸っ子のふたり?赤羽末吉と大塚勇三」

赤羽茂乃氏と、数々の名作絵本を手がけた古川信夫氏が、『スーホの白い馬』の作者である赤羽末吉と大塚勇三について語ります。

日時 2020年11月15日(日)14:00~15:30(開場13:30)
講師 赤羽茂乃氏(赤羽末吉研究家)
古川信夫氏(元福音館書店編集者)
会場 静岡市美術館多目的室
参加料 無料
定員 50名(予定・応募多数の場合は抽選)
申込

静岡市美術館HP申込フォームまたは往復はがきにてお申込みください。
一件につき4名様まで申込可能。

<往復はがきでのお申込み方法>
※返信用はがきに宛先をご記入ください。
①催事名、催事日
②氏名(参加人数分)
③年齢(参加人数分)
④住所(郵便番号から)
⑤電話番号
をご記入の上、下記までへお送りください。

〒420-0852
静岡市葵区紺屋町17‐1 葵タワー3階 
静岡市美術館

※抽選の如何にかかわらず結果は通知いたします。

締切 2020年10月29日(木)必着

図書館連携事業 静岡市美術館 赤羽末吉展フェア

「絵本画家・赤羽末吉展『スーホの白い馬』はこうして生まれた」にあわせ、静岡市内の12の市立図書館と、静岡県立中央図書館で「静岡市美術館赤羽末吉展フェア」を開催します。各図書館に、出品作品の絵本や関連書籍を集めた特設コーナーが設置されます。最寄りの図書館にぜひお出かけください。

ご来館の際は、最新の開館状況および注意事項を各図書館のHPまたはお電話にてご確認ください。

静岡市立図書館 2020年8月27日(木)~11月29日(日)
静岡県立中央図書館 2020年10月1日(木)~10月29日(木)
備考
  • 各図書館によって、会期が異なります。詳しくは、静岡市美術館HPやイベントチラシをご覧ください。
  • 静岡市立中央図書館は、10月から大規模改修工事のため休館予定です。
  • 休館日は各館により異なります。

※各イベントは、いずれも変更・中止の可能性があります。最新情報は静岡市美術館HPをご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

アクセス

電車 JR静岡駅北口より地下道を利用して徒歩3分
静岡鉄道新静岡駅より徒歩5分
新幹線 東京駅・名古屋駅から東海道新幹線ひかり号で約1時間
新大阪駅から東海道新幹線ひかり号で約2時間
自動車 東名静岡ICより約15分
※お車でお越しの際は、近隣の駐車場をご利用ください。
空路 富士山静岡空港より静鉄バス(静岡エアポートライナー)で約1時間

お問い合わせ

Daiichi-TV事業プロデュース部 054-283-8115
静岡市美術館 054-273-1515
https://shizubi.jp/exhibition/20201003_akaba/201003_01.php