對馬 亜佳音
TSUSHIMA AKANE

報道制作局報道部

2016年入社

親子の生活に密着した報道番組を作りたい

Daiichi-TVを志望した理由は、地元静岡の若い女性層を意識したテレビ局だと思ったからです!親子の生活に密着した報道番組を作りたいと思いテレビ局を志望していましたが、Daiichi-TVは『まるごと』や『every.しずおか』など若い女性層を意識した番組が多く、私の伝えたい話題をより身近に感じてもらえる視聴者が多いと思ったので志望しました!

常に気を配る作業を心掛け

報道部で記者として日々県内を駆け回っています。報道記者は、事件事故があった際には急いで現場に直行します。また取り上げたい話題があれば、デスクの意見を仰ぎつつカメラマンと共に取材し、原稿を作り、編集も行います。ミスなく充実した内容の放送を視聴者の方々に届けられるよう、常に気を配る作業を心掛けています!

学生時代に学んだことを活かして

大学時代、母子世帯の貧困問題について研究してきました。その時に学んだ知識を活かした特集で多くの人から反響をもらえた時に私はやりがいを感じました。

母子世帯の多くが現在養育費を受け取ることができておらず、それは貧困問題ともリンクしています。私は学生の時からその現実を多くの人に知ってもらいたいと思っていました。映像にすることが難しい題材ではありましたが先輩方のアドバイスのもと、無事放送することができました。放送後、多くの方からの反響を頂き、自分の伝えたいことを多くの視聴者に見て頂けたと高い達成感を得ることができました。

日々勉強の毎日

母子家庭の生活に寄り添った話題でドキュメンタリーを作ってみたいと思っています。しかしまだまだ表現方法など勉強不足な点が多々あるので、たくさん映画や番組を見て、映像の撮り方やテロップの付け方、ナレーションなどもっともっと勉強していきたいです。いつか、人の心に訴えかける作品を作りたい!と思い、日々勉強の毎日です!

皆さんへ、メッセージ

『自分の興味に忠実に!楽しいと思うことに一生懸命に!』

自分がこれまで何に興味をもって動いてきたかを振り返ってみたら自ずと進みたい道が見えてくると思います。また「こうしたい!」だけでなく、入りたい会社で自分がどんな活躍ができるのか、どのように貢献できるのか考えて伝えられたら良いと思います。

就活はつらいけど、自分を振り返るいい機会!しっかり取り組んだ分だけ、自分の今後の人生の糧となると思います。思いっきり自分と向き合ってみてください!


PAGE TOP